ふぁ〜すとめいく。 

May 09 [Wed], 2007, 10:40
春時の幼少時代にそっくりな外見…という設定が自分の中にあるので、全体的な雰囲気は春時と同じにしました。若干、春糖の方が不機嫌かな?

使ったメイク道具
Mr.カラー(ブラウン・ピンク系)、Mr.スーパークリアーUVカット光沢、Mr.スーパークリアーつや消し、Mr.カラーうすめ液、Mr.リターダーマイルド、リキテックス グロスポリマーメディウム、グラデーションメディウム、水彩色鉛筆、パステル、ドール用付け睫毛(韓国製)、木工用ボンド、不硬化パテ
梅鉢パレット、筆(トールペイント用)、綿棒、化粧用コットン、化粧筆(小)、爪楊枝


(1)中性洗剤&微温湯で洗浄。乾燥した後、Mr.スーパークリアーUVカット光沢で薄くコーティング。30分ほど再び乾燥。

(2)汚れたり、傷付いたりしても構わない仮のアイ(アクリルアイなど)を入れ、バランスを見ながら色鉛筆で眉毛を下描き。間違えたら消しゴムで消すべし。
※下描きの線の上に粒々とある色鉛筆の粉は爪楊枝で除去。残ってると筆の滑りが悪くなって、Mr.カラーがだまになります。

(3)梅鉢パレットに数滴塗りたい色のMr.カラーをのせ、適量のMr.カラーうすめ液、Mr.リターダーマイルドを加え混ぜる。うすめ液とリターダーマイルドの割合は1:1程度。Mr.カラーに加える量はMr.カラー3滴に対して1滴くらい?

(4)(3)で作った色を細い筆を使って眉に乗せる。眉根から眉尻まで一本線で描くよりも、細かくまさに毛が生えているかのように描くとちょっとリアル。
また(3)で同系色の薄い色と濃い色を作っておいて、その何色かをランダムで使ってもまた良。眉毛が済んだら仮のアイは外す。

(5)だいたい眉と睫毛の色は同じなので、同じく(3)のインクで下睫毛を描く。
今回は長い短いの強弱のあるタイプ。長いのを先に描いておいて、その間に長いのよりもちょっと薄い色で短いのを描き入れ。

(6)眉毛、下睫毛よりも濃いめの茶色でアイラインを入れる。目力が欲しいので若干太めに、下の方も半分くらいまでラインを入れてます。
二重線を目立たせたいので、同じ色で描き込み。

(7)Mr.カラーのピンク系を(3)の要領で薄め、アイホールの内側のアイを入れても見える部分と涙袋に塗る。ついでに唇も、上下とも細かい縦線で色を付ける。
口角をハッキリさせたければ、口角にチョンと濃い色を乗せておくのも良。

(8)色が全部乾いたら再びコーティング。今度はMr.スーパークリアーつや消しを使う。コーティング後はしっかり乾燥。

(9)パステルを乗せる。アイホール周囲はブラウン系、頬は思い切りピンクで。唇もパステルで着色する。
細かいところは綿をほぐした綿棒か、リップ用などの先端が柔らかくて細い化粧筆を使って塗る。広い面にはコットンを使って軽く叩くように。ムラができたときは、新しいコットンで優しく擦って馴染ませる。

(10)そしてまたコーティング。光沢を吹いて乾いた後、つや消しでも一度コーティング。コーティング作業はこれで終了。

(11)グロスポリマーメディウムをグラデーションメディウムで薄め、アイホール周囲と唇にたっぷり塗る。

(12)乾いたら最後にドール用付け睫毛を木工用ボンドで貼り、それが乾いたら不硬化パテでアイ固定して完成☆

書き忘れがあったらゴメンナサイ。

三にんめ。 

May 08 [Tue], 2007, 9:50

春糖のイラストを安定させたくて、これでラフ三枚目。だいぶ…自分の中の春糖がつかめてきた気がします。

自分で作ったキャラとはいえ難しい(´A`;)

欲求。 

May 07 [Mon], 2007, 15:49
あまりにも落書き過ぎたので、色でも塗って抗ってみる。が、所詮落書きは…落書き…

いいかげん春糖の写真をアップしないとなぁ…

良点報告。 

April 27 [Fri], 2007, 9:36
LaTi Green Basic
Grown up Lea-Basic ver.

の、良点も報告です。

(1)股関節、膝関節の形状は滑らかで、お座りが上手い。
幼SDやDZ1/6の子の様に座りっ子はできませんが、膝を伸ばした座位、椅子での座位は上手です。また膝を曲げた時の段差が、幼SDほど大きくありません。LEEKE程度でしょうか?

(2)キャストのムラが無く、気泡も無い。質感良好。
春糖はホワイトスキンですが、一見したお肌はとてもきれいです。同時カスタム中の旧肌SDと比べると、ムラと気泡の点ではLaTiの方がきれいだと言えます。

(3)ヘッドパーツの造形が細かで魅力的。
残念ながらノーメイクでの発注のためデフォルトメイクは確認できませんでしたが、ヘッド自体は正面、横顔ともにとても可愛いです。左右の歪みも少ないように感じます。

難点報告。 

April 27 [Fri], 2007, 9:18
LaTiさまにも報告済みの難点報告です。以後改良予定とのご返答ですが、お迎えをお考えの方は参考までに…

素体は
LaTi Green Basic
Grown up Lea-Basic ver.

です。

(1)ヘッドに数箇所黒い汚れが有る。
汚れは粉状で、ティッシュなどで拭くと伸びるものでした。いちぶ軽い沈着も有り、除去するためにペーパーヤスリをかけました。

(2)箱に潰れ、破れが有る。
専用の白い箱の角の方が潰れて、少し破れていました。梱包は丁寧で、ダンボールに傷が無い点から見て配送時に出来た破損では無いと思われます。

(3)関節可動域が著しく狭い。
手首、足首の関節。せっかく関節があるのに、その意味がないほどしか動きません。また交換パーツがあるものの交換作業が大変面倒な形状となっています。

(4)首が安定しない。
上を向いたり下を向いたり、首の可動域は広いのにその角度をキープできないので不思議に思い接地面を見たところ、胴体パーツの首の部分にかなり段差がありました。型から抜く際の段差とは思われますが、ずいぶんと荒削りな感があります。

(5)ヘッドの蓋の固定が甘い。
ヘッドの蓋は磁石での固定になっていますが、蓋側の磁石があっさりと外れてしまいました。

(6)背中に無数の傷がある。
背中の上部に縦スジの引っかいたような傷が無数にありました。指先で触って確認できる程度の傷でした。

吊るし春糖。 

April 26 [Thu], 2007, 12:18
洗浄後。乾燥を兼ねて、コーティングスプレーを吹き付けるため吊るしました。

百均の綿糸に爪楊枝を1/3くらいで折って結びつけ、それを関節部分に引っ掛け吊るしてます。このくらいの重さのパーツなら、ハンガーに洗濯バサミで十分ぶら下げられます。

球体が一体化してるので、こういう作業には便利ですな♪


座りっ子加工をしようかと思ってたんですが…。ひとまずこのままで様子をみようかな。

春糖到着。 

April 26 [Thu], 2007, 12:04
本日、春糖ことLaTi Green Basic Grown up Lea-Basic ver.到着。
夕食後カスタムのため、いったんバラしました。

画像は洗浄後。おぼんに乗せられたバラバラ春糖


ハンドパーツを同梱されていたものと交換するので、最初付いていたほうはしまいました。

アイを固定していたパテだか粘土だかの、指に纏わりつくネットリ感と臭いに…ちょっと凹みました。某楠のパテにかえよう(´A`;)

ピヨピヨ 

April 20 [Fri], 2007, 9:24
菓子好きというところでは、甘党ピクシィが発生する可能性のある緋夜太。でもフルーツ系の洋菓子が好きな子ゆえ、出てくるとしたら春糖よりも異国臭はただよっていそう…

あうとふぃっと 

April 12 [Thu], 2007, 13:31
ノースリーブのロングカーディガン(?)を春糖デフォ服にしたいと思う。

アームカバーとか帽子とかマフラーを合わせればオーシーズン着れるだろうと…ね(コラ)

ウエストにボリュームのあるリボンを付けてもいいかな?のような…金魚のヒレのような…


画じゃあ、アームカバーがフィットし過ぎて包帯のようだね。若干お祭りの雰囲気漂うね。

春糖とは 

April 11 [Wed], 2007, 12:34
甘いお菓子のに棲む甘党ピクシィ

体長は人間の大人の手のひらほどで、体重も軽く、ころころと可愛らしい容姿が特徴。

生息地と甘党ピクシィという名の通り甘いお菓子を好み、またそれら甘味を唯一のエネルギー源としている。しかし非常に燃費が悪く、個体によっては数分とおかず食事を摂るものもいる。
空腹時は若干凶暴化するので注意が必要。

お菓子を与えるか、悪戯されるか。飼育時には常にハロウィンの選択を迫られる。


好物.....金平糖、ミルクチョコレィトなど
最新コメント
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる