ヒトリ。 

July 10 [Tue], 2007, 0:30
初めてかもしれない。

夜の病棟で、大声で泣いた。


最近ずっと泣いてなかったから、溜まってたのかな……。



気付いた。
やっと。今になって。


私に居場所なんか無い

例え与えられたとしても、私は自ら拒むから。

望む場所が手に入ることはないし
要らないんだ。


ひとりで生きてく
孤独と共に生きていく

今気付けて良かった
安心した。



…だけど、それと同時に、大きな絶望がある。

この絶望とも、共に、
いっぱい背負って、生きてく。


消えることが許されないならせめて
胸を張って云わせて




私は、独りなんだって。

七夕 

July 07 [Sat], 2007, 20:33

七夕と矛盾と願い事。



今年も、あの人と一緒に花火を見れますように。

外泊延長。 

July 04 [Wed], 2007, 23:23


…・・・なぜか調子が崩れてきて

今日は自力で病院まで戻れる状態じゃなかったので

明日まで外泊延長となりました。。。



ありゃま。


一昨日から昨日にかけてのママとのバトルが糸引いてんだよ絶対…!(泣)


今日の分の薬がもう足りなかったので
連日の残業でへとへとになっている友達に無理言って病院まで私の薬を受け取りに行ってもらって、
それから自宅まで届けてもらったりしました。

ほんとゴメンナサイorz
でも頓服飲んで、今は少し落ち着いた…かな…。。




今日は何も考えないで、寝よう。

依存 

July 01 [Sun], 2007, 1:19
最近の困ったことと言えば
過食衝動と買い物依存。

……戦っても勝ててません、ごめんなさいダメダメです。
着実に破産の道へと進んでいってます。


あ゛ー…
やっぱり、全然、休養になってないや。

状態は悪くなっていってる一方だ。退院すすめられるのも当たり前かな…。



さて。ワタシどうなることやら。

いらない。 

June 27 [Wed], 2007, 1:21
かわいくて
べっぴんさんで

絵が上手くて
歌もじょうずで
ピアノも弾けて

お友達も多くて
夢があって

何でもできるじゃない





それが何さ。

要らない。


容姿なんかくそ食らえ、夢も才能も何もかも。
こんな痛みを感じる感性なら、最初から欲しくなかった。


そんなものより、もっと必要なものがあった筈。


カラカラに不足している

大事な大事な水

もう、ココを潤してくれることはなくて、
辺りは乾いていくばかり。





お水をちょうだい。
苦しくて、死にそうだ。

手紙 

June 19 [Tue], 2007, 19:03

 あなたがここに居てくれて
 嬉しいです。

 ここを居場所にして下さい
 淋しく、苦しい思いはさせません。

 存在したい…生きたいと
 願うよう尽くします。

 あなたのすべてを受け入れます。

 私は、あなたの味方です。






どこにも居場所がない、
苦しい、

消えたいと、死んでしまいたいと願うことは
そんなにいけないことでしょうか

そんなに、許されないことでしょうか…



たまらなくて。
夜勤の看護婦さんへ、そんなふうに泣き言を云った。
不安で堪らないと、泣いた。


そうしたら、朝、その看護婦さんは私にこんな手紙をくれました。




わたしは、此処に居て…いいのかな…。


まだ、全部を信じられないし、不安だけれど。

それでも、手紙の言葉ひとつひとつが
嬉しかった

今朝のこと。

お嬢ちゃん。 

June 10 [Sun], 2007, 11:56

優しいパパとママがいて
可愛い弟もいて

わたしは大きなおうちに住んでたの


あそこには、小さいけれど、畑もあって
ツツジもタンポポも咲いていた

梅雨は紫陽花

夏には
トマトときゅうりがたくさん採れた。



幼稚園も小学校もきらいだったけど
おともだちはできたんだ。

夕方の鐘が聴こえるまで
よく公園で遊んでた




好きな教科は、音楽と図画工作。
あの頃は、絵を描くのは大の苦手だったけれど。



あと、ピアノのレッスン、
嫌だったなー

でもママの弾くピアノを聴くのは好きだった



将来はこの子をピアノで音大に行かせたいんですって
ママは真剣にゆってたなぁ



よく呼ばれたもの

お嬢ちゃんって。




進む方向は音楽ではなくなったけど
私はたしかに芸術の夢をみつけて、

何の苦労も知らず
何の心配なんてすることもなく
健やかに、平穏に、

今、しあわせを感じていたかもしれない。





どこから
お嬢ちゃんじゃなくなったのかな

どうして
あの幸せは崩れてしまったのかな…



お嬢ちゃんに戻りたいなんて言わないよ。

家もお金も、要らないから。


ただ あの頃の
家族があたたかかった日々に

戻りたい。

どう仕様もない。 

June 04 [Mon], 2007, 21:21

昨日今日にかけて調子は激ワル。



今日は、朝からナースステーションに駆け込んで

首吊りたいです。
と申告。

皆様びっくりしてらしたww


とりあえず頓服飲んで、ナースに話聞いてもらって、
それから部屋に戻ってずっと横になってた。



んでお昼過ぎた頃、いきなり主治医が私の部屋に登場☆

むむ?今日は先生外来の日では?
診察なんか無いよね?

……どうやら私の朝の様子がばっちり申し送り&外来にいる先生にメールで報告されていたらしい。



ひぃーーー

スミマセンスミマセン先生忙しいのにわざわざこっちの病棟まで来させてスミマセ…!(土下座)



『自分傷つけるんはやめようね』

って言われた。



そうだとも
こんなことしたって何もならないことは分かってる。
もう、充分わかってる。

だけどこうせずには居られなかった。





ごめんなさい
冷静に、ならなきゃだ、私。。

ひつじがいっぴき 

June 02 [Sat], 2007, 1:11
やだ。


休養、しに来てるはずなのに
今日はとくに頭の中ごっちゃごちゃで酷い有り様…

あれやらないと
これもやらないと


強迫観念に追われて追い抜かされて、
手を伸ばしながら必死で付いて行かなきゃならない毎日。

「性格」って言葉ひとつで片付けられるのならじつに簡単ですよ。
べつに自ら希望して病名つけてくださいなんて思っちゃいない。

だけど、じゃあ私の性格ってなんでこんななの?
なんで普通じゃないの?



今日はおなかが痛くて眠れません。。。(ノ_・。)

温めるように湯たんぽ貸してもらったけど、少しでもラクになるかなぁ…。




さみしい

切ない気持ちだけが積もってゆく


「自分を愛してあげること」



こんな自分

愛すなんて、そんな愚かなことない、
今はそう思う。

迷子 

May 31 [Thu], 2007, 20:41

私の居場所はどこ?
帰る場所は、どこですか……?


教えてください

ここは暗くて
とても暗くて

右も左も、分からなくなっちゃったよ…。
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:春都[はると]
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1986年
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 趣味:
    ・アート
    ・音楽
    ・インターネット
読者になる
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる