気持ちのやり場 

February 06 [Mon], 2006, 9:22
夫の忙しさは増す一方で、そのことはしょうがないことで
私は我慢するしかないことも分かっているよ。


できればいつも笑顔で迎えてあげたいし
夫の帰りが遅いことをとがめたいとも思ってないどころか
忙しさで夫が倒れないかの方が心配。


だけど、時々、自分の寂しさや我慢を
夫に訴えたくなる衝動に駆られることがある。
でも、絶対にそれはしたくないし、がんばって抑えている。


訴えたところでどうしようもないし、
夫自身も私の気持ちを分かってくれていると思うし
何よりも夫を困らせる方が私自身つらい。


でも・・・・


しんどい。
最近、そのしんどさがくる波が早い気がする。
どこかでそのストレスを発散させないと
夫にぶつけてしまいそう。


夫もがんばってるんだから、
私もがんばらないとね。

羨ましがらないで 

January 25 [Wed], 2006, 23:49
また今日もひとり、オメデタ。
いいなぁ。


私も子供がほしい。


たとえば、子供のある主婦友達から、
子供がいる大変さや時間のなさやイライラを聞いて
私の子無しの生活をとても羨ましがられるけれど
子供がほしいけどなかなかできない私からすると
その大変さが逆に羨ましくなる。


たぶん、私も子供がいたら、
子供に対しての愚痴や辛さを
つらつら書いてしまうかもしれないから
その人のことを責めることはできないけれど
でも、子供が欲しくなくて作っていないわけじゃないのに
私を羨ましがられるのはとても精神的につらい。


子供ができるだけ十分じゃない?って思ってしまう。
そんなに子供に対しての愚痴を私に言うなら
私にちょうだいとまで思ってしまう自分がいる。


ひどい自分。
でも、それが正直な気持ち。


誤解のないように書いておくけど、
育児日記や子供の成長期を見るのは好き。
その人その人の日記に子供の愚痴や辛さが
書かれてあるのを見るのは平気というよりむしろ
知りたい、学びたいって思う。


そうではなくて、子供がいない私を
羨ましがらないでほしいだけ。


逆に子供がいる人にとっては
私みたいに子供がいることを羨ましがらないで
って思うかもしれないね。


所詮、お互いにないものねだり。


でも、子供のいる人生を味わえない今の自分には
自分の気持ちしか本当の意味で見えないよ。

知らないどこかで 

January 23 [Mon], 2006, 23:07
あるところで、高校の同級生を見かけた。


当たり前のことだけど、同級生は私の知らないところで
知らない人生を送っているんだなぁと思った。

どんな同級生も、その時代接点がなかった人たちも
それぞれがいろんな人生を歩んでいる。


その人生のある地点でお互いに関わった同級生。
今は何の接点もないけれど、あの地点では
交差して出会って、一緒に笑ったりもしたんだよね。


今なら話せるかな。
心の内を包み隠さず。
あの頃は、自分をまるで出せなかった。
でも、あの頃はそれが自分だったし
今ならその自分も理解してあげられる。
そして、私もあの頃からは年をとった。


もう10年も。


彼女に連絡をとってみようかな。

ワガママ 

January 20 [Fri], 2006, 22:27
愚痴を吐いていて、同じ境遇からある人から
コメントをもらうと、本当に嬉しいし
自分よりもその人がもっと辛い状況にあると
私もへこたれていられないなって思う。


でも、その反面、ただ私は聞いてもらいだけで
ワガママなのは分かってるんだけど
褒めて欲しいんだよね。
がんばってるね。それはしんどいね。って。


そう、それはただ単にワガママなだけ。
それがたとえ、まだまだ頑張りが足りないという
否定的意見だったとしても、ありがたいと思って
受け入れなくては本当はダメなんだよね。


分かっているのだけど、そういうのが続くと
自分の思いの丈を吐いていることで
ストレス発散をしていたのに
逆にストレスになってることがある。


何のために書いてるのか分からなくなることがある。


でも、そもそも公開している日記なのだから
反対意見だろうが受け止めて自分の糧にしなければ
ならないんだよね。
もし、自分よがりの日記だけでいいのなら
公開しない日記にすればいい話。


でも、やっぱり、同調してもらいたいがために
書いているというのはあると思う。
それが、本当の意味において
自分のためになるかどうかは別として。
ワガママなのは百も承知で。

小春 

January 14 [Sat], 2006, 23:34
小春と言います。
夫ひとり、子供はいない。
仕事は週3日の事務仕事。
お気楽主婦。


そんな私でも思うことはいっぱいあって
それをここでつづっていけたらいいなと思う。


ぶっちゃけ愚痴になる可能性大だけど。


でも、自分の心の整理や戒めにしたいので
自己満足と言われようが、マイペースで書いていこうと思います。
そんな小春をよろしく。
P R
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/harunokokoro/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:harunokokoro
読者になる
Yapme!一覧
読者になる