お腹こわす

November 06 [Sun], 2011, 1:41
ボリビアでお腹を壊した話。
来て最初の下痢は、食欲もあったし、多分旅行者下痢と言われるものだったと思う。
が、残り2週間ほどになった日に突然発症した下痢、これはなんとアメーバ性の大腸炎だったのでした。
食欲はないしだるいし、左腹がいつも違和感でちょっと痛いし、これは前と違うなぁとずっと思っていたら、検査の結果、まさかののう胞発見。最初の検査では特に問題ないと言われて、飲んでた薬はまったくの見当違いだったらしい。
そんなわけで、アメーバ駆除の薬を早速購入しようとするもなかなかなく(termidoxという薬)、街の中ならあるということで、仕事に行くときついでに一人で買ってくることに。ボリビアのことだし、簡単にはみつからないだろうとは思って、何件かまわることは予想してたけど、まさか薬自体が存在しないと言われるとは!これは予想外!アメーバに効くという薬を無事購入し、早速飲む。がっつり効いてくれるといいなぁ。。こころなしか、横腹のいたみはなくなってきた気がする!良かった良かった!これからは食事には十分にきをつけないと!

2ヶ月たちました

November 03 [Thu], 2011, 4:52
ボリビアに来て、二ヶ月たって、やっぱり色々考えることがあった。
6年くらいずっと持っていた、自分はこれでいいのかってゆー疑問は割りとすぐ解消してしまった。やっぱ来て良かった。
今より早くても遅くても今みたいな心境にはなってないと思う。もっと早かったら、違う感覚だったかな。最後に学生に会えたのも大きかったな。ずっと、このもやもやなしで、納得してない状態で仕事したり勉強したりするのは嫌だなって思っていた。勉強するなら、仕事するなら、「これは違う」ってゆー感覚無しで納得してちゃんとやりたいと思っていた。
今回の旅で、今までずーーーっとあった海外への憧れというか、自分の居場所は海外だみたいな思い込みの火は消えた。やっぱりどこに行ってもあるのは日常で、生活するということは日本にいても同じだということに気付いた。
こっちにはこっちで、文化があって歯医者が居て、それは最良じゃないかもしれないけど、わたしがどうこういうことじゃないし。やっとこーゆー気持ちになれてよかった。こういう形で海外に来ることはもしかしたらもうないかな。あとは安全に、思いっきり楽しんでこよう。

さて、話すことは特に言葉の通じないところでは大切だなと思った件。
こないだマルコにいきなりキレられて、なるほどやっぱり最後の最後にモメ事くるかと思った件。
「人にしっかり確認もしないでばかなやつだ」と思ったけど、それほど簡単な問題でもなかったらしい。
結局、車の中で話して和解したけど、わたしも短期ボランティアの立場なので、ドクトーラの暴挙をとがめる為の引き合いに出されてもどうしようもないので困った。

でも、やっぱり問題は、子供に虫歯が多いことと、費用の問題でそれを治療できないことみたいなので、短期でできること・・10年後とかそれくらいに歯医者連れてきてひたすら子供の虫歯治療するボランティアでもしようかな。
やっぱり短期でできることは限られている。地元のことは地元の人がする。





戻ってきたお盛ん

October 09 [Mon], 2006, 15:03
あーー、やったーー。
しちゃったよ、とうとう。
え?核実験?首脳会談?ファーストレディー外交?まさか恋?
ノンノン。違います。

何をしたかって献血ですーー。

ずーーーーっとできてなかったんだけど、約1年ぶりくらいにやっと成分献血ができました。
念願のHb値12超!浅越ゴエ!

しかも13.2とゆーここ数年での最高値をマーク。血気盛ん。(意味が違う)
どうして?今って身体そんなにピカピカじゃあないよね?

やっぱ人間ある程度のストレスがないと身体のバランスも保たれないってやつかしら。
このくらいのストレスがわたしにはちょうどいいわけ?

うーーーーーーーーん。
それは認めたくないなぁ。

多分、しっかりした食生活の賜物でしょう!

ビバ☆野菜!
今日もおいしくいっただっきまぁぁぁぁす!


集団坊主@

October 08 [Sun], 2006, 12:52
散歩してたら行く先々でめっちゃ会った。
なんか青春!
練習着集団に圧巻!!!
そしてなんか笑えた。。とゆーかほほえましい?みたいな?



                                  Go!Go!高校球児


 
                                   高校球児大移動

ring the alarm

October 07 [Sat], 2006, 13:26
いやはやありえないくらい忙しかった矯正のレポート提出をなんとか無事(たぶん)終えてみると、そこにあったのは「試験」の二文字と現実でした。

今までは10時過ぎまで学校にいるのは当たり前(わたしは要領悪いからね)、24時間じゃ足りないよって本気で思うような日々が連日続いていたのに。
次にしなきゃいけないのはお勉強です、お勉強。

さっき近くのスーパーで買ってきた束白菜ともやしと冷凍庫に入ってたパスタで、クリームスープを作って食べたんですけど、まぁパスタのふくらむことふくらむこと。スープで煮たら、でっかくなっちゃたよ!


左が煮たあと    右が乾燥パスタ
 

とゆーわけで、ここでさきほどの話に戻りますと、ちょいと最近自分知識量やばいなぁ(少なすぎて)と思ってring the alarmだったんですが、これをみてたらなるほどと思ってきました。

わたしの大学入学と同時に初期化されてしまった脳にはまだまだ知識をつめこむ余地があるはずだ!
まだまだふくらむぜ、知識量!
(やればの話)
とゆーわけで、まさにわたしの脳は水を得たスポンジ!ふえるわかめちゃん!!

ビバ☆パスタファルファローニ!



どんだけ

September 09 [Sat], 2006, 13:43
何年か前、わたしの口癖は「どんだけ○○なの!」でした。
やめた方がいいんでないと言われて、最近あんまり使ってなかったんですが。
ちょっと今日だけ使わせてください。

どんだけうどん好きなの!!

・・先週に引き続きまた香川にうどん食べに行っちゃいました。
やっぱりおいしいっす。

ねぎを自分で引き抜いてきて刻むスタイルで有名になった「なかむら」
今はもう刻んであります、ねぎ。
        

有名なるりばぁちゃんがいた池上。      食べてる風景。
       

ここでは、つめたいんに卵いれて食べました。なにやら新しかった!!

次はいつかなぁ。

数百分の一

September 02 [Sat], 2006, 13:00
ここ最近のブームにのっていないことに対して、にわかに不安とあせりを感じまして、四国在住6年目にして始めてお隣香川へうどんを食べに行ってきました!
朝から釜玉でコレステロールあげまくり、炭水化物食べまくりの、良い旅でした。


    朝一の釜玉にアゲアゲな人たち@山越    
   
 
みやたけうどんのいりこだしがきいたひやあつ
 


たくさんありすぎてもはやありがたみのないてんぷらたち。。 
      

山奥のそのさきにあったやまうちうどん    
             


その後、テンションあがりすぎてコンピラさんに登ってしまいました。
それにしてもやっぱりうどんは流行っているのね、すんごい混んでました。
初めて食べた讃岐のうどんは、雰囲気も手伝って、かなり満足!

食べて、運動して、神頼みもして、良きかな、良きかな♪

今日も何百人というヒトが書くであろううどんがらみブログの、その中のひとつでした。
        
                              

         

鳴門に観光旅行に行ってきたよ☆

July 16 [Sun], 2006, 19:25


今日は、スコットランドから来た短期留学生の女の子を連れて、徳島が誇る観光地、NA・RU・TOに観光旅行に行ってまいりました。

てゆーか、予期せぬネイティブスピーカーの登場に最初はなかばびびっていたわたしですが、ここぞとばかりに英語のお勉強させてもらっとります。講師は外国人です。

渦をみたり、丸亀でうどん食べたり(久々のうどん!やっぱりうまい!)、良い風に吹かれたり、英語でいろいろ話せたりして、楽しかったでっせ。

メンテ2

July 15 [Sat], 2006, 23:31
同じ問診でも、病院でとる問診は病気についてきくもので、献血でとる問診は健康であることを確認するためのものなのね、といまさらながらに気づきました。
ちなみに、くらっとするのは、問診から、多分疲れじゃないだろうかってことで、経過観察して、続くようなら必ず病院に行ってねとのことでした。
フォーチュネートリー、あれ以来、症状はありません。

人生、体が資本だもん。
なくなってからでは、遅いし、大切にしなきゃねー。
最近の健康ブーム、流行で終わらないといけど。
てか、医療費高いよ!あれじゃちょっとこの症状気になるなって思ったとき、病院に行けないじゃん。
なにが、健康日本21だ。
日本、意味不明。

メンテ

July 15 [Sat], 2006, 10:23
メンテナンスと聞いて、「またかよ」と思ったあなた。
歯周病のメンテナンスではありません。ネオステリングリーンもシリンジも、テラコートだって用意しなくていいよ。あしからず。歯周病について知りたいのなら、教科書を開きな、ベイブ!

こないだいろんなことを放置して東京に行った見返りで、最近は毎日遅くまで学校にいるので、学校外で自分のことをする時間があんまりありません。
そんな毎日なので、週末は休養と平日に終わらせることができなかったレポートに追われるわけですが、ついでに病院にもよく行きます。自分メンテナンスです。なんか最近プチ体調不良で、って言っても、ニキ・・吹き出物が出るとかそんなんで、小さい感じです。ほうっておいて、あとでやっかいになるのいやだしさー。
お父さんに「健康診断に絶対いきなよ!!」と言った手前、子供が親の、親が子供の、家族が家族の健康に対してどんだけ気を使ってるかはわかってるつもりだし、いろんな意味で自分ひとりの体じゃないなっては最近よく思うので。

そんなわけで、今日は、最近、かゆい目のメンテナンスとゆーことで、眼科に行ってこようとおもっていたのですが、遅く起きたらのとなんだか面倒くさくなったので、結局行きませんでした。・・うわー、書いてることとやってること違うしー。

でも、今日、ここんとこの生活の成果をみるために血液センターに献血をしに行ったときに、先生の問診があって、ここぞとばかりに最近の健康状態について質問しまくってきました。
こないだ試問してたとき頭がくらっとした話とか、目がかゆい話とか、おなかをねじると内臓(?)がグーって鳴る話とかたくさんしたら、てか、それはすでに体調不良なので、献血はできませんよ、って言われました。
ガーーーーーン。(自爆)
Hb値を回復させるために、(居酒屋で)レバー食べたりして意気込んできたのに!
大丈夫ですと懇願するも、わたしたちの健康を守る医療従事者がOKしてくれるはずもなく、それどころか献血によって体にかかるストレスの話とか、大学大変だねなんて心配もしていただいちゃいました。ありがとうございました。

・・けどさ、せめて、血液検査だけでもさせてよ、ママン。
もちろん、そんなことさせてくれるはずもなく、結局なんにもせずに帰ってきました。

P R