プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム: haruki
読者になる

 H P : ::: Sun Blue ::: 
2008年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像るう
トマトとチーズと大葉の餃子 (2008年06月19日)
アイコン画像まりち
トマトとチーズと大葉の餃子 (2008年06月16日)
アイコン画像るう
これから (2008年05月15日)
アイコン画像まりち
これから (2008年05月15日)
アイコン画像るう
これから (2008年05月10日)
アイコン画像かおっち
これから (2008年05月08日)
トマトとチーズと大葉の餃子 / 2008年06月16日(月)
たまにはこんな餃子もアリ ピザ風味の変わり餃子
こども達と 色んな包み方をして 笑いながら きっと楽しい




     【材料】約20個分
        餃子の皮 20枚
        ホールトマト(トマト水煮の缶詰)200g 1/2缶
        豚挽き肉    120g
        長ねぎ      1/4本
        大葉       10枚
        キャベツ     約2枚
        生姜 小指の大きさほど  1片
        ピザ用チーズ         50g
        オイスターソース       大1/2
        ごま油      少々
        ※ 焼き水 (50ccに薄力粉大さじ1/2を混ぜたもの)



     【下準備】
        長ねぎ、大葉、キャベツ、生姜はみじん切りにしておく

【作り方】

@ ホールトマトを ザルで軽く潰しながらこして
  果肉の部分を取り出す





A ボールに@と残りの材料を 全て入れ
  粘りが出るまで良く混ぜ合わせる





B 餃子の皮で 好きな形に包み
  皮の周りに水をつけ閉じる





C フライパンを中火にかけ
  少し多めのサラダ油(分量外)を熱し
  餃子を少しづつ 間を空け 並べ入れて
  焼き水をまわし入れ 蓋をして
  水分がなくなるまで 蒸し焼き。



  好みでポン酢などにつけて いただきま〜


ポイント
  ホールトマトの果汁の部分は コンソメや野菜を加えて
  スープに使ったりして
  焼き水は 餃子に直接かけないように 回りから入れましょう!
  カリっカリの耳が出来ます

 



  HOME >>


 
   
Posted at 19:29 / レシピ / この記事のURL
コメント(2)
ガッツリ焼き肉巻きおにぎり / 2008年05月30日(金)

お弁当にこれだけでOK!なおにぎりを作ってみては?
いつもよりドーンと大きめの おにぎりを作って
みんなで ワイワイかぶりつくのが 美味しくて楽しみ




     【材料】約2人分
        ご飯 1合(大きめおにぎり4個分)
        豚ロース肉スライス 8枚
        焼肉のタレ 大さじ4
        にんにくすりおろし 1片分
        炒りゴマ 大さじ1
        レタス菜 2枚

     【下準備】
        焼肉のタレに すりおろしたにんにくを 加えてよく混ぜておく
        ゴマは香りを立たせる為に 軽くフライパンで炒っておく
        レタス菜は水洗いして 水を切っておく

【作り方】

@平らなお皿やバットなどに
  下準備で作った焼肉のタレを敷き
  豚肉のスライスを一枚ずつ 重ならないように並べ
  更にまんべんなくタレをかけて
  30分ほど冷蔵庫でマリネしておく


Aその間に ご飯と炒ったゴマを合わせ
 俵型に大きめのおにぎりを作る(1人分2個)





B汚れないようラップなどを敷いた上に
  マリネした豚肉を(1人分2枚)並べ、おにぎりを巻く





C全て巻き終えたら
 くっつかないよう油を塗ったアルミホイルに並べ
 トースターで約7〜8分づつ 上下を返しながら
 豚肉に火が入るまで焼いて完成!



ポイント
  後でばらけないように 肉でおにぎりをきっちりと巻くのが大事
  春巻きを巻く要領で 始めにクルンと巻いた後、
  両端の肉を内側にたたんで 更にクルンと巻く感じで。 

  完成したおにぎりはレタス菜にはさんで食べたり、
 マヨネーズや辛子などをつけたりすると更にお好みの味に〜




  HOME >>


 
   
Posted at 18:09 / Jレシピ / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!