触れなくなった話題 

2005年12月28日(水) 22時13分
自分が不満に思っていたことを主人に話すと、「そう思うのは当たり前だ、反対の立場だったら自分も同じように思うだろうから、自分を責めなくてもいいよ。」と言ってくれた主人。
だけど、その日から実家の話を私の前ですることがなくなった・・・
ほっとしている自分と、どこか淋しく思う自分がいる。

明日はおもちを憑きに朝から出かけると電話の声で知った。
電話を切った後、その話の続きはない・・・
『これでいい、私とあちらの家は関係ないのだから』そう自分に言い聞かせた。

社長の奥様から私にと頂いてきたコーヒー。
1月11日の奥様の誕生日になにかプレゼントをしたくて、「苺大福作ろうかな?」と話すと
「歳をとってみえるから、苺大福はあんまり喜ばないんじゃないか? 明日、俺は憑いたお餅届けてくるけどね」
なんだかとても冷たく感じた、きっと心がネガティブだからなんだろうな・・・
わかっているけど・・・わかっているけど・・・

言ってしまった・・。 

2005年12月12日(月) 22時43分
主人の両親につのっていく思い・・・。
秘密にされてる我が子、義母が一人の時に2度だけ連れて行ったことがある。
その後に何度か主人が見せに行こうと電話をすると「タイチがいつくるかわからないから駄目だよ」と言われたらしい。主人の姉の子・・・
「来たら裏からそっと帰るから」主人が言うと「出世前の男の子を裏から出入りなんてしたらいけない」と言ったらしい。
『どうして・・出世前と気をつかうなら、どうしてその子を隠す子でいさせるの?』ずっと心に残ってしまっていた。

買い物で姉に会うと・・気にした主人に、「わかってもいいじゃない」と言った私。
少し気分悪く「今わかると、もめるし ゴタゴタするだろう、わかってよ」と主人。
「どうして出世前だから・・って気にする子を内緒の子のままにしたりするの?連れて行こうとすると断られたりするのに、無理に連れて行かないといけないんだろうか、会いたいと言ってくれたら喜んで連れて行ってほしいけど 会いたいと言ってきてくれてないのに この子は連れて行ってほしくない、この子が可愛そう過ぎる・・・」
「タイチくんの話を聞くと可愛く思っていたけど、同じ孫で、こんな扱いをされてたら 私、タイチくんまで嫌いになってしまいそう・・」
「私なりに考えて、この子が○○家の孫だと思うから あなたの両親を嫌いになっていくのだと思う。だから、この子は私とあなただけの子で家とは関係なく思いたい」
そう言った。

ずっと 思っていたこと
この子を認めてくれない親に どうして優しくできるのだろう・・・
この子の存在を隠してる家で この子がいないようにどうして振舞えるのだろう。
どうしてなにもないように 笑って団欒をしにいくのだろう。
私はあなただけいれば、それだけでいいのに・・・

親思い・・・ 

2005年12月09日(金) 15時43分
今日は両親と食事に行くらしい。
孫の存在を隠し、秘密にされている我が息子。
抱くことも会うこともしてくれない、その両親に正直、私は思いやりがもてない・・・
「お給料も出たし、親孝行しておかないとね」
笑って話す主人の顔をみると 気持ちをきりかえないとと思う。
私は私、主人は主人。
息子は主人と私に授かった私達だけの子。

親思いの主人。
その息子の、この子も また同じように優しくて親思いの子供になってくれるんだろうな。
そう思うと不思議と心が穏やかになる。
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:harukazek04
読者になる
Yapme!一覧
読者になる