学歴って 

May 03 [Sun], 2009, 0:12
この研修で学歴がこんなにも重たいものだと知った
何気なく仲良くしていてくれた友人の日記に
高学歴ばっかりで・・・とちょっと疲れたコメントがあったことに驚いた。
当然あたしはそこに含まれてるわけで。
自分が何も意識していないうちに相手になんらかの影響(たぶんプレッシャーとか)を与えてしまっていたことが少しショック

でも、どうすればよかったんだろうか。

中高大と高学歴なせいで
自分が学歴という側面で誰かより下だと感じたことはなかった。
要するに勉強で誰かより劣っていると明確な形で感じた経験がない。
いつも一番てっぺんで
そのてっぺんでプライドをたっくさん築き上げていたと思う。
そのプライドが今は自分の緊張を嫌い、自分の失敗を責め、幼さ情けなさを糾弾してしまっているような気もする。
正直、自分からしたらこの学歴は憎い部分がある。

相手はどうなんだろうか。
相手は私の学歴と自分のそれとを比較して落ち込んだり嫉妬したり、馬鹿にしたり・・・・か
焦るんだろうな
もっとやらなきゃとか、これ言ったら恥ずかしいとか思うんだろうな
あたしだってそういうことすっごいたくさん思うんだから、余計に思うんだろうな。
それってすごくつらいかもしれない。

でもどうしたって私にはその気持ちがわからなくて、
たぶん学歴のことを気にして発言を控えるとか、何か意識して気を使うっていうのは間違っていると思う。
だってこの学歴は私が自分で勝ち取った大切な誇り。
自信のありかだから。

この間の飲みで、全然学歴なんて気にしてないと思ってた人に
配属先と学歴の関係のことを言われてびっくりした。ショックだった。
あまりにあっさり言うし。
それは私には本当の能力なんてないって言ってるようなものなのに。
私だってそれに気づいていて、でもなんとかして能力があると自分に言い訳している日々なのに。

積極性と仕事の能力はやはり同じなんだろうか。
控えめで仕事ができるというパターンは有り得ないのだろうか。
それは逃げの考えなのか。
がつがつせずに積極的かー
今は明らかに消極的過ぎるもんな
そればっかりはなんとかしよう
逃げない逃げない

3.23 

March 23 [Sun], 2008, 1:03
今日は学科のみんなを集めて飲み。
お酒飲めないのつらす。

っていうか今日朝起きてから、ほんとーーーにぐだぐだぐだぐだ
自分に嫌気がさした。

思い切ってでかけたはいいものの、
あたしには行く場所がないことに気づく。
どこへ行けばいいのかわからなくて、ホームでしゃがみこんでしまいそうになった。


いつからあたしはこんなに弱くなったんだろう


でも、やっぱりあたしが悲しいときにその想いを受け止めてくれる人は確実にいて、
すごくそれが嬉しかったし、
あの家にいったら心が安らいで焦りがうすまった。


今日駄目だったこと:話に積極的に参加して盛り上げようとがんばらなかったこと。また聞くだけの存在に・・・・
今日よかったこと:二次会は少しテンションをあげようと自分で試みたつもり笑
            自分に素直になって、ちゃんとあの家に足を向けたこと。弱さから目をそらさなかったこと。


今がきっと一番苦しいとき。
自分に自信をもって堂々と挑めば結果がついてくるはず。
みんな苦しんでて、みんな一緒にがんばってるんだと思うから、
あたしなりに努力しなきゃ。

もう他のESはださなくていいや。
ちゃんと行きたいところにどうして行きたいのか、もう一度問い直して、
実際にどんな仕事がしたいのか、どんどん夢を膨らませてみよう。

そういえば決めたんだった 

March 21 [Fri], 2008, 22:06
今日はひとつ決めたんだった

一日最低一個、駄目だったこと、
一日最低一個、今日がんばれたこと、ほめたいこと

を毎日書こう。たとえ一行になってしまっても、書く作業は大切だ。

ちなみに今日は

×:行く直前までびびってたこと。テンションをあげる工夫が必要。
○:最後残ってまで人事の人に質問できたこと。がんばった。質問もちゃんとスムーズにぽんぽんでてきた。
  あ、でも思ってた人事のイメージとやっぱりちょっと違った。 
  人の成長を見るのは、人事ではなく、上司だ。上にたつ人だ。
  人事は、あらゆる部門を見て、経験を積み重ねて、常にそれぞれの部門でゼロから考えていかなければい  けない。人がとにかく好きでないといけない。人が働きやすいための仕組みづくりをする立場。評価をするの  ではない。


やっぱり自信が重要。
おとなしくていい子じゃなくて、
自分の意見をはっきり言える落ち着いた子をみせたいのだ。
冷静沈着だけど時に笑顔で和ませられる雰囲気ももつ子としてみせたいのだ。
確かにあたしは臆病で人見知りで、使えない子かもしれない。
でも、これまで随分長い間就活をし、
インターンで失敗をし、
インターンで優勝をし、
ビジネスをひとつ最後までやりぬき、
サークルのみんなや学科のみんなに声をかけて集める行動力ももてるようになった。
他にも、
6月のときは質問会で質問するのすら恥ずかしくてクール気取ってて、
でも少しずつ頑張れた。
もう質問会はいつもトップバッターで質問するようになった。
自分の疑問は残さずに帰れるようになった。
全然知らないつてをたどって、行きたい企業の内定者やOBOGに会うこともできた。
うまく話はできなかったけど、緊張してしまったけど、
その行動ができたことにきちんと自信をもつべき。

先輩にも連絡をとってESの添削も頼んだ。
自分がやらなければいけないと思っていたことは全てやったのだと思う。
あとは、
何を聞かれてもきちんと答えられるように、考えておくこと。
一度でも考えたことのあることは、聞かれたときに頭に浮かんでくる。
どんなことでもいいから、相手の質問に誠意をもって、伝わるように伝える。
伝えたい想いを凝縮して伝える。
大きな声を出す。

3月21日金曜日 T しば 

March 21 [Fri], 2008, 21:46
なぜ電機メーカーの話を聞いてもわくわくしないのか
なぜ電機メーカーのマーケティングに何も質問する気が起きないのか

自転車で帰りながらぼんやり考えた。


電機機器だって食品や化粧品同様に、誰もが手にすることのできる商品
たぶん今まで避けてたのだって
あたしが半導体とかITとか全然詳しくないし、むしろ苦手としてるからだと思う。

でも、人と人とのつながりを生み出したいとか
家族のつながりを豊かにしたいとかいった目標に対して
電機メーカーでのマーケティング商品企画もひとつの手段に違いない。

結論は、先に言うのだった。。。。

なぜ、電機は嫌なのか


マーケティングのおもしろみがないからだ


東京で働けて、新入社員のときから営業経験という縛りなしにマーケティングをできることが
私にとって何よりも大切なのだと思っていた。
でも興味がわかない。
それは、電化製品がそもそも生活の中での利便性を高めるために存在しているからなのだと思う。
だからこそ、どの電機メーカーも技術技術技術なのだ。
技術ありきでのマーケティングである。

一方、
化粧品を考えてみると、
確かに、技術がなければ化粧品は作れない。新しい画期的な保湿成分などが見つかれば、それを売りにした新製品が登場する。
だが、ほぼ市場が飽和し、機能面でも大なり小なりの違いはあれ、ある程度、消費者が求める技術は満たしてきている。
化粧品の技術革新は、人に対するアプローチであって
電化製品のそれは、人に対するアプローチではない。というか、機械そのものの文明の利器の発展なのだ。
だから、電化製品は技術さえ優れたものがあれば、それを大々的にアピールしてある程度の売り上げや、購買行動に結びつく力をすでにもつことになる。
でも、化粧品は、たとえ技術が他社と同じでも
マーケティングの力によって結果はがらりと変わる。

たとえば、あじEんすが、ただ髪の艶やさらさら感や香りの効果のみをコンセプトとして訴求し、それをそのまま消費者に伝えたとしても、既存のシャンプーとなんら変わりがなく、売り上げは伸びないだろう。
消費者の心も動かない。
だが、日本をアジアの美しさの発信地として位置づけ、欧米ではなくアジアンビューティーそのものの美しさを消費者に向けて発信するマーケティング力(これはきっと、社会の流れや韓流ブームに加え、潜在的なニーズや、この会社のアジアに向けて共通のシャンプー販促を行いたいがための戦略とも考えられる)により、
大ヒット商品となることができた。

こういったことが電化製品で果たしてあるだろうか?と思ったら全然思いつかない。
やっぱりどれも性能・技術ありき。

文系のあたしが活躍できる場が欲しい。
人の心をうきうき・わくわくさせるような商品をつくりたい。
商品にメッセージをのせて人の気持ちに変化をおこしたい。
そこに社会心理学の力を知識を活かしたい。

決意したら書く! 

January 14 [Mon], 2008, 18:07
どうやらそろそろ調子が上向いてきた。
きちんとした生活リズムに加えて、勉強もし、本も読み、新聞読み、デートし、、、、
こういった規則正しさが、精神面にもやっぱりいいんだなぁ

絶対ないてーを読んで
これからこうありたいと思うことを箇条書き〜

・人に優しく
・恋人に対してするように、ノートのコピーですらけちったりしないで、誠実に親切になる。
・人を見下さない
 あたしがもっていない素晴らしい部分が誰にでも絶対ある。
 だからそれを見つけ出して、どんな人とでも長く付き合っていけるような関係づくりをする
・絶対に行動する!!!!
・OBOG訪問今月中に5人はやる
・尊敬できる先輩をみつける(Kさん・Mさんに話を聞いてみよう!)
・人に自分の考えを伝える努力をする
・壁をつくらない、びびらない
 自分に自信をもって堂々とする
・知り合いに必ず挨拶をする、こわがらない。
・一日一日目標(タスクだけでなく)を立てて意識する
・暗くならない、暗くなっていいのは一人の時だけ。
 それ以外は誰に対しても絶対笑顔!!!!!!!

もぎめんせつ1 

December 08 [Sat], 2007, 1:47
今日は模擬面接を初めてやった。

改善したいところ
*外見*
・姿勢
・前髪の長さ(暗く見える)
・声が小さい
・笑顔がない(あると思ってたのに!!!)

*内容*
・志望理由の根本がつめられていない←これは「自分の軸」をもう一度見直して、キーワードと共に。
・マーケティングも社会心理も知識不足
 →マーケティングはどういうものだと思ってて、何がその中で一番大切か?
  そこをより詰めて勉強すべき
   社会心理学は、専門用語をよりわかりやすく、実践的な内容で話す(というかこれからも常に意識   しながら行動してみる)
・どういう思いでやったのか

○これからすべきことは、自己PR・志望動機共にテーマをきちんと設定したら、そこからWhy・Howをどんどんしていって、何を質問されても答えられるようにすること

*面接の質問力*
・what / how / why
・定義の問題
・言うのは簡単だけど、その難しいことをどうやってやったの?

なんとなく心に残ったこと

コーチングの考えの話の中で、
やる気を出させるのではなくて、やる気なんてそもそも、やりたくないことの言い訳に使う言葉。
コーチのスタンス次第で、
そのスタンスっていうのは、「あなたなら結果を出しますよね」という、信頼をコーチがもって接するということで、これはリーダーのあり方にも通じる(リーダーシップ理論と絡めて考えられないか)

家族のこと考えてきたって、本当に言えるのだろうか?もっと勉強しなきゃ。
Bに家族を取り扱うところがある?っぽい感じだった。
私は家族のあり方をどう変えたいのだろうか?
そしてそれはなぜそうしたいのだろうか?
自分はそこに関わることで何をやりたいのだろうか?
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:haruiroharuiro
読者になる
2009年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる