日本政府、国民の「魚離れ」が進行と懸念…肉類との消費格差が進行中

May 16 [Sat], 2009, 0:46
政府は15日の閣議で「2008年度の水産の動向(水産白書)」を決定した。
1人1日当たりの魚介類の摂取量は06年に肉類に抜かれ、07年にはさらに差が開き、
国民の「魚離れ」が進行していると指摘。魚に含まれる栄養素の研究結果などから
「子供の健全な発育に影響を及ぼす」との懸念を表明した。

07年までの10年で、すべての世代で魚介類の摂取量が減ったと分析。
産地での料理方法を知ってもらったり、家族で食べる機会を増やしたりして
「魚食文化」への理解を広めることが必要だと指摘した。

マグロ、いやソース
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090515AT3S1402Y15052009.html
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:haru12345
読者になる
2009年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/haru12345/index1_0.rdf