☆本日は、タヌ姫5歳のお誕生日ぃ〜っ☆ 

2006年02月14日(火) 21時52分
世間はバレンタインディでございます。。
(昨日から『mixiのロゴ』が変わっているのは、
 皆さんお気づきですよね♪?)

でも・・・。
我が家はタヌ姫の5歳のお誕生日なのであります☆

もちろん野良だったタヌを保護したものですから
正確に生まれた日は分かりません。。
ただ、タヌと初めて会った日(01年6月頭だったかな)、
そして、タヌの弟が生まれてから、
ママ猫が皆のいる所に連れてくるまでの期間(約4ヶ月弱)
から計算すると、01年2月生まれなのは想像できました。

我が家は、私が1月14日生まれ。。。まゆが10月14日生まれ。
そこで『んじゃ、タヌは2月14日って事にしよう☆』と決めちゃいまして。。

タヌが野良猫だった頃からHPにUPしていたのですが
その頃のサイト(PHSのエッジ運営サイト)の閉鎖に伴い、
当時の日記はPCの何処かに眠ったままでして。。

今日は簡単にタヌとの出会い、そして一緒に生活するまでを。。




01年6月。
当時のマンション駐輪場でちっこい『白茶』の猫を発見。
可愛いねぇ。。って思っていたら
数日後に『うわっ!真っ黒いタヌキみたいな子猫もいるよ☆』
・・・これがタヌとの最初の出会い。。

最初の頃はてっきりオス猫だと思い込み
『タヌ吉☆』って呼んでいました。。
『たまたまちゃん』が付いていないのが分かったのは
 何ヵ月後だったかなぁ。。

それからは『タヌ吉じゃ可哀想だから。。』って、
『タヌ』と呼ぶようになりました。。

兄弟猫の白茶(♂)とタヌの二匹。。
それにママ猫。。
このマンションに住んでいるおばちゃんが
いつも餌をあげていたんですよね。。


んでね。。
ホントに不思議なことに、タヌはこのおばちゃんには全然懐かずに
何故か我が夫婦だけに懐いたんですよぉ。。
タヌは我が夫婦にだけ、抱っこさせてくれてねぇ。。

そして、この二匹は何故か我が家の自転車のカゴだけに
入り込んで寝てたりしてねぇ。。
車や、徒歩で帰ってきた時に、こっそり駐輪場に近づくと
二匹の後頭部のシルエットだけがカゴの上から覗いていたりして☆



この二匹に出会った頃は、タヌの方が元気モリモリの
ヤンチャ猫だったのですが
真夏の頃から、妙に息遣いが荒くなりまして。。
『夏の暑さの所為かなぁ。。』と、駐輪場に水を撒いてみたりして。。

そんなこんなで夏になると弟が生まれてきました。
ちっこいチビを兄ちゃん姉ちゃんの『白茶・タヌ』が
守ってあげている風景はなんとも愛らしかったです。


その年の10月。。。
秋の初めに白茶がマンションから姿を消し
(人懐こい猫だったので、誰かにもらわれた・・・って思っています。)
それからは、チビ(すでにタヌよりも大きかったかな)と
タヌを相手によく遊んでいました。

餌をあげているおばちゃんがダンボールで小屋を作ってあげて。。
真冬になり、『二匹は大丈夫かなぁ?』とそればっかり気になって。。

ダンボールを二重にしたり、真冬の雨の夜には
押入れにあった『ボアクッション』を引っ張り出して
小屋の中に入れてあげたり。。
(このクッション。。後から思い出したのですが
 独身時代、オーストラリアに旅行した時のお土産でして
 かなり上質のモノだったのですよぉぉぉ。。)



そして、02年の1月に私が独立。。


上述した通り、息遣いの荒いタヌに異変が起きたのは
4月後半、GW突入直前でした。。

このオフィスでこうしてPCに向かっていたら、まゆからメールが。。
『タヌの様子がおかしいの。。いつも以上に呼吸が苦しそうで。。
 ちょっと普通じゃないみたい。。』

流石に気になりまして、
『近くに動物病院があったよね。
 野良でも診てもらえるか聞いてみて!!
 こっちも早めに仕事を片付けるから!!』と。。。


その病院で、キャリーバックを貸し出してもらい
タヌを捕獲して、病院に連れていくことに。。。


私が帰宅した頃は、ちょうど夕暮れ時でして、
灯りのない駐輪場も段々と薄暗くなってきまして。。

夫婦二人で駐輪場でしばらく待っておりました。。
でもタヌは何処に行ったのか、なかなか姿を見せません。。
弟のチビだけが戻ってきたりして。。

『そうだ!!エサだっ!!』

一度家に戻り、缶詰のエサを持ち出して。。
『きっとエサの匂いを嗅ぎ付けて帰ってくるよ!!』

このアイディアは見事にビンゴ!!
確か、たった数分でタヌが戻ってきたはずです。。
初めて見るタヌの苦しそうな表情。。
元々呼吸が早かったのですが、流石に尋常ではありませんでした。
瞳をまんまるにして、口を大きく開けてハァハァハァハァ。。

エサを少し食べたら、病院に連れていこうと思ったのですが
すぐに食べる様子は見せませんでした。。

普段から触っても逃げる事は無かったので、
すぐに抱き上げて、車に置いてあったキャリーバックの中へ。。
そして即、病院へ。。


タヌをひと目見た先生は
『猫が開口呼吸すると言うのは、普通では有り得ません。
 まず、興奮を鎮めないと診断もできないので
 今晩は、酸素濃度の高い部屋で様子を見ながら
 落ち着いてきたら、レントゲン等、タヌちゃんの身体の中で
 何が起きているのかを診てみましょう。』となりました。


今までも『呼吸苦しそうだねぇ。。』って思っていたのに
なんで、病院に連れていかなかったのだろう。。
夫婦揃って、後悔の嵐でした。。


タヌの状況が分かったのは翌日だったかな。。
病院に行き、先生の説明を聞きました。。


『タヌちゃんの中で、二つの大きなことが起きています。。』


ドキっとする二人。。


『まず、タヌちゃんは横隔膜ヘルニアを起こしています。
 血液検査から見ても最近のことではありませんね。
 先天性か、もしくは何処かで事故にあったのか。。』


レントゲンを見ながら説明を受けたのですが、
タヌの片肺は、横隔膜を破って出てきた内臓に押され
完全につぶれていました。。
片方の肺もやや萎んだ状態で。。

『それで呼吸が荒かったんだぁ。。』と思ったところで、


『そして、もうひとつ。。
 タヌちゃんは妊娠しています。
 4匹の赤ちゃんの姿が見えます。。』


これには、本当にビックリ!!


『今まではなんとか生活ができていたのですが
 子宮までもが肺を圧迫してきたので
 ちゃんと呼吸ができない状況です。
 恐らく、いつ出産が始まってもおかしくないでしょう。
 解決方法としては、堕胎するのが母胎のためには一番ですが、
 それは飼い主さんが決める事です。
 もし、どうしても子供も・・・と言うことならば、
 できる限りの事はしますが・・・。』

と言う先生の言葉。。


その瞬間まで『自分達が飼い主だ。』と言う自覚など
何処にもありませんでした。。
ただ、『可愛いねぇ。。』って
一緒になって遊んでいただけの無責任な二人。。

でも、ここで二人が判断を下さないと先へは進めません。。


『子供がいる事は初めて知りました。
 もちろん、母胎第一でお願いします!!』との返答しか
選択の余地はありませんでした。


『では、このまま入院して、タヌちゃんの体調が良さそうな時を
 見計らって、堕胎手術いたします。
 ただ、ご存知の通り、タヌちゃんは呼吸器官も大変弱いので
 かなりリスクのある手術だと言う事は承知してください。』

・・・と、手術の承諾書を。。


流石に気が重かったですねぇ。。
でも、署名するしか他に術はありません。。



それから2日後位だったかな。。
多分、今日が手術だよな。。。
って思っていた日だったと思います。。。


まゆから会社に電話がありました。。


『今、病院から電話があってね。。』


・・・この時の、『次の言葉を待つ瞬間。。』って
なんともツライ0.5秒ですよね。。
まゆの声が暗くなかったのだけが救いだったような記憶が。。


『タヌ、手術する前に、破水しちゃって、お産が始まっちゃって。。
 結局、早産と言う形で・・・。。
 赤ちゃん達はまだ目も形成されていない位の小ささだったって。。』

先生の診断よりも、赤ちゃん達は小さかったようでした。。




結局、タヌは手術する事もなく、
なんとか無事に元の状態に戻りました。

それを聞いて病院に向かう二人。。

『タヌちゃんは、ちゃんと私たち人間と一緒に
 イキんでくれたんですよぉ☆
 猫の中には、触ることすら嫌がる子もいるのに。。
 だからお産も順調でした。。』

なんとも不思議な猫でございました。。
先生が、『ハイ!踏ん張って!!』って言う言葉が分かったんでしょうねぇ。

『生』への執念、エネルギーがあったんでしょうねぇ。。




そして。。


『もうこの子は野良として生活する事はできないでしょう。
 里親を探しましょうね。。』
の先生の言葉に、

『いえ。。この子はウチで飼います。
 この子は、本当に他の人には懐かないんです。。』

と、即答してしまった二人。。


ペット不可のマンションで、ついにタヌとのこっそり生活が始まったのが
確か、GW最後の日だったかな。。


そして、7ヵ月後に『ペット可』の今の住居にお引越し。。

『タヌがいなかったら、今の家には住めていないよね。。』
・・・と、我が家では、自宅の事を『タヌ御殿♪』と呼んでおります。
はい、ホントに『タヌさまさま☆』でございます。




生後3ヶ月ちょっとで出会ったタヌ。。
1歳ちょっとで、生死の世界を彷徨ったタヌ。。
あの日、まゆがタヌを発見していなかったら
何処か人知れないところで、
出産も出来ずに『虹の橋』行きだったでしょう。。


本当に不思議なご縁のこのお姫様。。
今宵は5歳のバースディ。。
最近は食欲旺盛で驚き呆れる程でございます☆


大笑いと、ホロっと涙と。。『べ〜やん・きんちゃんのウチくる!?』 

2006年02月12日(日) 14時34分
いやぁ久し振りに笑ったね、お二人さん!!♪☆

アリス神戸復活の2ヵ月後に
このお二人と、二人に近しい人間数名とで
うなぎを食べにいった事があるんだけれど
二人の会話って、普段からこのノリなんだよね☆
ホント、かなり笑わせてくれちゃいます♪



#浜松デパートの話
当時のちんぺいさんトークだと
おじいちゃん、おばあちゃんと孫二人・・・だったよね。。


#住宅展示場でのイベント
編集でカットされていたけれど
きんちゃんが『均等に沈んでいくのなら…』の後が大爆笑なんだよぉ。
これはアガサで身振り手振りで話してもらったんだけれど
ふたつのコンガがそれぞれ違う方向を向いて
沈んでいく度合いもバラバラで・・・。

だからすんごい角度のコンガを叩きまくっていた…
って言う、きんちゃんトークがエラク可笑しかったんだよねぇ。
みんな、今度アガサに行ったら直接聞いてみるといいよ☆


#アリスの飛行船
嬉しいもんですねぇ。。
こうやって改めてテレビで紹介されちゃうとさぁ☆
う〜ん、感慨深いものがありますわぁ。。


#片桐さん
べ〜やんがギリさんのお家に居候していたのは初めて知りました。。
お約束の『手紙』にはすっかりウルウルだったよね。。
あぁメロディハウスぅぅぅ。。。
(でも、アリスがメジャーになり全国展開をした時には
 キョードー東京だった・・・って言うのはどうなのよぉ!?)



#アガサのお料理。。
つくづく思ったけれど、外光の下で撮影しても
美味しそうに見えないもんだね。。
やっぱり、『夜の照明』の下の方が美味しく見えるな♪


#ふゆいな
ギターキッズの皆さん、見たぁ?
イントロのディミニッシュ。。
3拍半のウラのところで1フレに移動してたね。。
ちゃんとメモっておくんですよぉ〜♪♪


まっ・・・こんなところかな☆

カリフォルニアにあこがれて・・・♪ 

2006年01月26日(木) 16時25分
秘密兵器ゲット!!







分かる人だけ分かってください。。







説明省略・・・♪







さて、練習練習。。







ピアニカに触るのって30年振り位だな。。。



『夏芽ちゃん』から創立記念のプレゼント☆ 

2006年01月18日(水) 15時35分
【昨日分の日記/写真UPに失敗したので再掲載】

ふぅ、ちかれたちかれた。
でもかなり楽しかったよ。。
本日2度目の『巨匠・野村誠一先生』とご一緒の現場。。

前回は、スタッフの方も、編集部の方も
皆、初顔合わせだったけれど、
今日はかなり和気藹々ムードで撮影ができました。。


本日のお嬢様は『佐野夏芽』ちゃん。。
とってもキュートな女の子で、
いつもニコニコ、元気なお嬢さんでしたぁ。。
(個人的には、彼女のヒップが魅力的でした。。
 野村先生は最後の衣装だけ、バックショットも撮影されてたけれど
 僕だったら、もっと撮っていただろうなぁ・・・と独り言。)

撮影素材があんまり多過ぎると
自分の首を絞めることになるんだけれど
気が付けば60分テープ2本目突入になっちゃった。。

インタビューも結構長かったから
果たして何分作品で収まるかしらぁ・・・!?☆


創立記念のポラロイド☆
ちゃ〜んと日付も入れて頂きました。。

あっそうそう。。
ブログで宣伝してね♪
・・・って言われたので。。。

佐野夏芽ちゃんのプロフです。
http://www.metalbox.co.jp/work/sano/pcolumn.php
只今新作DVD『D-Splash! 佐野夏芽』が発売中♪
(写真に写っているジャケットね。。)

それに『まいっちんぐマチコ ビギンズ!!』もDVD化されてまっす♪
http://www.maicching.com/
(よし、これで任務完了☆)



彼女との記念撮影時、カメラを持ちながらスタッフのK君が
『う〜ん、アキバの風景みたいですねぇ!!』って。。

ワハハ、どうだ!!
アキバの萌え族に見えるかい!?☆

1・17は大切な二つの記念日。。 

2006年01月17日(火) 0時42分
1月17日。。。

当然ではありますが、11年前の阪神大震災を思い出される方が
沢山いらっしゃるのは存じあげている上で、
自分の事を書かせていただきます。。


まず1つ目。。
神戸の街に、ペガサスが降臨した日であります。。
あれから5年経つんですねぇ。。

1月14日、私の38歳の誕生日がアリス・ラストリハーサルディ。
ちんぺいさんが『誕生日おめでとう!!』って、
自ら手を差し出し握手してくださいました。
べ〜やんが、『じゃぁ何か1曲歌ってやろうか♪』って言ってくれました。

その日の夜から、愛車ファンちゃんで東京発・京都経由の神戸入り。。

15日に京都一泊。。
16日に神戸入り。。
前日のリハーサル・記者会見。。
総ての記録係として立ち合せていただきました。。

そして、本番・1月17日。。

もう語り出したら、一晩徹夜しても語りきれない
想いと思い出が一杯の日。。

『自分が誰よりもアリスを愛していたんだ。。』と
勝手に思い込むことができた一日だったかな・・・。。


きんちゃんが復活記者会見で
『今、正直ホッとしています。。』って言った
『ホッとしている』が
僕に向かって言ってくれた言葉だった…
って、後日言ってくれた事を、今また思い出しちゃったよ。。。
(ちょっとウルウル・・・。)

はい、長くなるのでアリスの話はこの辺で終わり♪


2つ目。。。

その2001年1月17日からジャスト1年後。。

2002年の1月17日に、
私は『(有)アインツィヒ』を創立させました。。

独立する事を決めたのが、01年12月。。
会社登記をするまでには相当な時間が掛かると聞いていたので
『創立記念日』を何日に設定するか・・・
なんて何も決めていなかったのですが。。。。

きっと『ペガサスの神』が、
『ハルが、・・・少年が独立するなら
 お前の大好きなこの日を記念日にしたら・・・!?』
って言ってくれたんだと思います。。


アリス復活から丸5年。。。
独立してからちょうど4年。。

いつでも、いい風ばかりが吹く訳ではないけれど
やっぱり、頬を打つ風は、時に優しく、時に厳しくだね。。


本当は会社創立記念日くらい、『休日』にしようかと思いながら…。

多分一度も実現できていないね。。ハハ。。

今年の1・17は可愛い某グラビアアイドルさんを撮影してきまっす☆

これも『ペガサスの神』からのプレゼントかな!☆♪?


写真は1・17神戸ライブのDVDジャケット。。
神様からのプレゼント。。
我が夫婦は最前列で心ゆくまで、アリス復活を堪能いたしました。。。

アリス最新情報☆ 

2005年12月05日(月) 1時25分
3時間位前にきんちゃんと電話で話しました。
28日にちんぺいさんから『緊急緊急!』と連絡が来たそうで
きんちゃんも未だに決まった経緯が分からない模様…。
明日三人が集まるそうです☆
当然楽曲も未定とのこと。。

サプライズ!!【アリス紅白出場】 

2005年12月01日(木) 18時18分
いや!
ほんと、ビックリだね!!

前回も突然決まったけれど、今回もいきなりだったねぇ!!
オファーが2日前だったとか・・・。。

しかも前回は復活ライブ決定後の、出演決定だったけれど
今回は紅白の為だけの復活だもんねぇ。。

http://www3.nhk.or.jp/kouhaku/news1201.html


思えばもう5年前になるんだね。。
紅白のリハにお邪魔して。。
リハ風景を撮影することになって。。


うぅ。。
今回も絶対記録班やらしてもらうぞぉ〜♪♪

『クリスマスの約束』 

2005年11月13日(日) 14時01分
“大好きな君に”。。。

今日の10時から、「ちけぴ」で販売開始。。
まぁダメモトで掛けてみた。。

・・・17分経過。。
やっと繋がった!!

メモとペンを準備して。。

流れてきた男性の声。。
うん、もう聞きなれているよ。。

『本日発売になりました・・・は、予定数すべて完売になりました。』

はいはい。。
やはり無理ですよね。。
まっ、今年もテレビで見ますよ。。


でも、今年の『クリスマスの約束』は全国ツアーの追加公演の形なんだね。
ゲストはどうなるのかな・・・?
まっそれもOAで確かめるとしましょっと。。


無事フェンディLive終了です☆ 

2005年11月13日(日) 3時50分
木枯らしの吹く寒い四谷の街。。
でも、ライブハウスの中はとってもとってもHOTでした☆

特別ゲスト、慎太郎君にも助けてもらい
お蔭様で無事に終了いたしました。
ホントに楽しく暖かく、気持ちのいいライブになりました。

福田選手との、ほぼ20年振りのフェンディライブ。
(以前はフルバンド編成の時もあったんですよ。)
正直言って、20年間のブランクを総て埋めるのは難しいですが、
まずは合格点をあげてもいいかな☆


演奏曲目は、

♪1 二十歳のめぐり逢い(シグナル)
♪2 私をみつめて(松山千春)
♪3 恋(松山千春)
♪4 眠れぬ夜(オフコース)
♪5 黄昏(岸田智史)
♪6 ガール(岸田智史)

の6曲。。
ラストの『ガール』を慎太郎君にコンガを手伝ってもらいました。。

ホールの特性なのか、客席のリアクションが今ひとつ
ステージに届きづらくて
『あれ?楽しんでもらえてるかな?』ってちょっと心配でしたが
ステージ終了後に仲間に聞いてみると、
場内は爆笑の渦に包まれていた模様。。
・・・って、それじゃMCの評価だけだよね。。

練習の成果としてはギリギリ80点行ったかな。。
ギタープレイへのお褒めのお言葉も多数頂きまして
大変嬉しく思います。。

ただ、前日記にも書いたように、
ライブ録音のMDを聞くと、音がプチプチしていて、とってもハズいよぉ。。
自らアレンジしたモノがちゃんと弾けないんじゃぁ
まだまだ修行が足らんな。。。
精進精進。。。


そうそう。。
普段はアリスのコピバンの方が多いので
今日のように、『アリキャン』演奏を堪能できたのも幸せでした。

『夢去りし街角』『ライトハウス』では
マジメに涙が出てきちゃったよ。。。
神戸の復活&夏の全国ツアーを思い出しちゃってね。。
(あっ、もちろんこれはアリスの事ね。)



最後に皆で歌ったオリジナル『あの頃の風』。。
これは本当に名作だと思います。。
きよ兄さん、素敵な楽曲との出会いをありがとう。。

本日一緒に素敵な時間を過ごしてくれた
天中平・魔王一族の皆さんありがとう。。。

そして・・・会場に足を運んでくれた皆さん。
本当にありがとうございました。。

あれから24年<1981.11.07> 

2005年11月07日(月) 3時53分
1981.11.07・・・

24年前の11月7日は記録的に寒い一日だった。
確か『今日は12月の気候です…。』って。。


もう今は残っていない、記憶だけの後楽園球場。
グラウンド中央に設置された、特設ステージ。

ギターが沢山置いてあって。。
そしてコンガに、グランドピアノに。。。

ライブが始まる前に、
そのセッティングを見ただけで瞳が潤んできたっけな。。


関係者チケットだったお蔭(?)で、
隣の席の女性が、当時のきんちゃんの奥さんだったっけ。。
『あなたがいるだけで』を歌ったきんちゃんが途中で泣き出しちゃった時、
となりの奥さんも泣いていたっけな。。


『帰らざる日々』。。
両手で顔を覆い、瞳を閉じながら、じっと聞いていたら、
訳も無く涙が止まらなくなって。。



コンサートが総て終わって、最初に会ったのが
今、アリスの飛行船HPの管理人をやっている、地蔵さん。。
二人共一言も喋らずに、ギュっと握手をしたんだよね。
そう、『言葉にしなくても想いは一緒』だったんだろう。。
20年後の武道館で彼と最前列で一緒に弾ける事ができたのも
何かの縁、いや、必然の出来事だったのかも。。


その日のコンサートは特にスタッフはしていなかったけれど
ライブ終了後の楽屋打ち上げには特別に入れて頂いて。。。
高校1年の春から通い出したヤングジャパン。。。
4年目の晩秋。。
多くのスタッフの方がいる中に
当然のように、ちんぺいさん、べーやん、きんちゃんがいて。。


キョードー東京の内野さんの打ち上げ乾杯のご挨拶。。。
『私が生きている間にもう一度アリスが観たい!!』って
思わず涙を流されて・・・。。

楽屋は一瞬にしてシーンとしちゃったな。。
周りの皆も涙を流していたよ。。。

内野さん、もう一度復活ライブを観る事ができてよかったですね。
次の再復活ライブは、お空の上から見守っていてくださいね。
そして、僕達ファンの為に、お力をお貸しくださいませ。。


あれから24回目の11月7日。。
今年は記録的な暑さになりそうだって。。

あの日生まれた子がもう24歳のバースディなんだよね。。
あの時18歳だった僕は42歳か。。。

まだまだ夢は捨てないよ!!

RUN FOREVER!!