サイト移動中 

September 24 [Sat], 2011, 22:07
はい。
突然ですが、ただ今サイトの移動中です
↓ね。リンク貼ってあるのでポチッと押して?

Aquamarine〜アクアマリン〜

今ある場所のサイト、悲しい事に更新できない状態になってしまったのでね〜…
詳しい事は日常ブログの方でみてね

とはいえ、実は一つ気になってる事がありまして…
ここ、アダルトサイト? だったら、アダルト登録をしないといけないのね。
でも私は普通ので登録しちゃったんだけど…

だ、大丈夫かしら?;;

その辺ちょっと気になりつつ。
それでも移動を続けてみてます。

と、そんな感じで〜す。

すっかりご無沙汰;; 

September 03 [Thu], 2009, 22:28
すみません、すっかりこっち、ご無沙汰しちゃってました
いやぁ〜、何だかんだ色々慌しくて、作業進まなくて・・・
が、どうにかこうにか少し話し進められたので、ようやくここでUP出来ます〜♪

って事で、久々に続きを更新です〜。

@@@@@@@@@@



「んっ…ん〜…」

ふっと、意識が浮上して目を覚ます。
体は幾分ダルさを残すものの、頭の中はかなりクリア。
どうやらすっかり熱が下がったらしい。

「え〜っと…あれ?ここ…俺ん家?」

ぐ〜っと伸びをして、目を開けてベットから出ようとして気付く。
眠りに落ちる前に居たはずの場所とは違い、何故かそこは本来の自分の家の、自分の部屋のベットなのだ。

「確か俺、頑張って布団引いてそこで寝てたんだよな…?」

記憶を一生懸命辿れば、自分はやっぱり毛利家で寝ていた筈だという結論に達する。
が、今居るのは自分の家で…どうなっているのだと考えれば、思い当たる節は一つだけ。
そう。あの不法侵入者だ。
あの時は気付かなかったが、チョット考えれば相手が誰だか直ぐに解る。
奴が何の為にやって来て、何の為にこんな事をしたのかは知らないが…

「…取り合えず隣に行くか…」

ちらりと壁にかかっている時計を見れば、時刻は10時半。
外の光の入り具合を考えれば、それは朝の10時半という事で…哀は居ないとしても、博士は居るだろうと踏み、着替えて移動する事にした。
が、ベットの上に起き上がったそのとたん…

「工藤君っっ!?」
「新一っっ!?」

ガチャガチャ、バターンッと階下のドアが開き、それと共に今思ったばかりの二人が、物凄い勢いで階段を駆け上がってくる気配。
何だなんだと、思わず逃げ腰になりながら部屋のドアを見詰めていれば、案の定物凄い勢いで部屋のドアが開け放たれ…

「「どういう事なのっ(じゃっ)―――!!??」」

血相を抱えた二人の来襲にあった。

「な、何…?」
「何じゃないでしょうっ!具合はどうなのっ!?」
「えっ?いや、チョットだるいけど…」
「兆候はいつから出てたの!?」
「兆候?あ〜…熱なら昨日だけど?」
「熱だけ?痛みはなかったの?」
「痛み?頭は痛かったけど?」
「それだけ?」
「そ、それだけだけど…何でだよ」

ペタペタと、物凄い勢いで触診を始めた哀。
掛けたままだった毛布も剥ぎ取られ、尚且つ着ていたパジャマの前まで肌蹴られて…
って、あれ?何か…

「…灰原…縮んだ?」
「はいっ?」
「いや、何か…お前、小さくねぇか?」
「…あなた…」

直ぐ目の前で、物凄い真剣な表情で自分の体調をチェックする哀の姿が、いつもよりかなり小さく感じて首を傾げる。
それを怒られるの覚悟で正直に言えば、彼女はビックリしたような、呆れたような表情で後ろの阿笠博士を振り返った。

「自分で気付いておらんのかね、新一?」
「えっ?」
「取り合えずベットから降りてみてはどうじゃな?」
「あ、あぁ…?」

苦笑いする博士の言葉に促され、哀が離れたのを確認してからベットから降りる。
床に足を付き、スッと立ち上がり…

「あれ?俺…」
「解ったかね?」
「俺…もしかして…」
「そう。戻っておるのじゃよ」


工藤新一に。


「………はあっっ〜〜??!!」

言われてから数秒後、新一は素っ頓狂な声を上げてしまう。
実際自分の体が大きくなっていると言う事は、立ち上がる時点で気付いた。
が、何せあまりにも突然の出来事なため、脳は上手く動いてはくれないのだ。

「これって…」

―――――― 一体どういうことだ???

新一の呟きは、その場にいた皆の一番の疑問。
取り合えず一番状況把握が出来ていない本人である新一は、2人からここへ駆けつけた経緯を聞くことを要求するのだった。

外しました(TT) 

July 19 [Sun], 2009, 9:57
お早うございます。昨夜飲みに行って、まだちょっと頭が回転していないハルです

WEB拍手の方、皆様コメントをどうもありがとうございましたぁ〜
ホントにもう、嬉しい限りvv
今チョットまだ頭ボケてるので、後でまたしっかり読ませていただきますね

で、先日こちらに設置したメールホーム。
あうあう、やっぱり駄目みたいなので今外しました。
ここからコメント頂けるようになれば、皆さんの手間は省けるかな〜?って思ったんだけど…残念。
またちょっと考えますね(TT)

という事で取り合えず、今回はメルホ外したよ報告という事で。
続きは今ちまちま書いてるのでもう少しお待ちください〜

変?? 

July 15 [Wed], 2009, 0:18
え〜っと…今寝る前にちょっと来てみたら、拍手の方でコメントを頂いていて…
夕方設置したこの場所のメールホーム。変な所に飛ばされちゃうの??

自分で試してみましたがそんな事は全く無く、普通にメール届けられたんですが…
コメントを頂きました方のメール、届いて無いです〜(TT)
何度かボタン押しちゃって重複してるかも〜と言う事でしたが、重複どころか一通も来て無いです

あうあう、チョット寂しい
もし変な状態になるようだったら、どなたか教えていただけますか?
そしたらちょっと…何かしら考えるので;;
どうぞよろしくお願いいたします〜

と、取り合えず…お休みなさいませ;;

メールホーム 

July 14 [Tue], 2009, 17:19
今更ですが、メールホームなるものを設置できる事に今頃気付いてしまいました;;
なので一応設置してみた

サイトの方にコメントを残すのも面倒だと思うので、良かったらこちらもお使いください。
つか、励みにもなるのでコメントお待ちしております〜
P R
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる