日々、思うことや感じたことを書き留めてるだけのブログです。

2009年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリアーカイブ


ブログランキングに参加中です。 クリックしていただけると 嬉しく思うのです (。-人-。)ヨロシクおねがいします!!
クリックヨロシクおねがいします★

◆人間の言葉 / 2009年06月16日(火)
久々で詩を書きに戻ってきました。
これまでの間、詩を書いていなかったわけでもないですが
まぁ、日常に押し流されやすいってことで。

そして久々の詩には写真がない。

---------------------------------------------------

言葉は便利。
言葉は不便。

上手に使えれば便利。
上手に使えなければ不便。

自分の思いを巧く言葉にできれば便利。
自分の思いを的確に言葉にできなければモドカシイ。

便利で不便な言葉は
武器にも凶器にもなる。

落ち込んでいる人を慰める優しさにもなる。
一方的に人を傷つける毒にもなる。


私なら・・・
人を傷つけるために言葉を使いたいとは思わない。
人を貶(オトシ)めるために使いたいとは思わない。

どうせなら・・・
人と分かり合ったり
人と触れ合ったりしてゆくために使いたい。


口から出てゆく言葉は命と同じ、コトダマ(言霊)。

1度飛んでいった言葉に糸は付けられない。
糸の切れた凧と同じ。
飛ばした自分の意思とは関係なく
どんどん一人歩きしてゆくこともある。

だから、発する前に気をつけて。
どうか、心地よい言葉を・・・

 
   
Posted at 20:30 / ◆呟き詩 / この記事のURL
コメント(0)
◆虚しく過ぎ去ってゆく終わりのトキ。 / 2008年08月03日(日)


いつかはこういう日が来るんじゃないかと
少しは思っていたけれど
本当にその日に直面してしまうと
思っていることの半分も言葉にならないのは
どうしてなんだろう??

何度も、何度も、
自分の中でシュミレーションして
台詞だって沢山用意しておいたのに
そんなくだらない自己練習は
何の役にも立たないって思い知らされただけだった。

小さくなってゆく後姿を
ぼやけた目で見送るだけの私。

 
   
Posted at 20:41 / ◆呟き詩 / この記事のURL
コメント(0)
◆未来に立ち向かう勇気 / 2008年08月02日(土)


今はまだ何も知らない君だけど
いつの日か
どんなに拒んでも
沢山の出来事、事情を知る日が来る。

その一つ一つに立ち向かうために
今は小さな事件から順番に起こっているんだよ。

だから、負けないで。
たまには、泣いてもいいよ。

泣いた分だけ強くなってゆけるから。


 
   
Posted at 20:56 / ◆呟き詩 / この記事のURL
コメント(0)
◆君にとっての安らぎは僕にとって… / 2008年08月01日(金)


花のように笑う君。
花のように気高い君。

君にとっての僕はなんだったのだろうか?
僕にとっての君は…


君を好きになってから
毎日が苦しくて切なくてどうしようもなく過ぎてゆく。

いつか、君の気持ちと僕の思いは
交差する時がくるのだろうか…


 
   
Posted at 23:22 / ◆呟き詩 / この記事のURL
コメント(0)
◆全て同じ光景。全て違う日々。 / 2008年07月30日(水)


希望が実る時は
ジワジワとやってくる。

突然実ったり
何もしていないのに実ったりはしない。

街中の無花果の実と同じ。
道端の映日果の実と同じ。

実った希望のカタチは同じように見えても
全てのモノは
同じようでいて少しづつ違うのも
でも、また、同じモノ。

 
   
Posted at 17:42 / ◆呟き詩 / この記事のURL
コメント(0)
◆何も無いから空を見上げる。 / 2008年07月29日(火)


空を見上げて
何かを見つけようとしてるの?


君は自分では気が付かないかもしれないけど
毎日空ばかり見てるんだ。


ソレがとても淋しい。



 
   
Posted at 18:04 / ◆呟き詩 / この記事のURL
コメント(0)
◆夢でしか触れる事のできない君へ。 / 2008年07月28日(月)


君のことが好きなんだ。

たとえ、君が他の誰かを好きだとしても。
君のことが好きなんだ。
この気持ちに嘘はない。


でも、君が少しもボクを見てくれていないのは
とても胸が痛い。


どうしたらボクを見てくれるのか?
どうしたらボクを認めてくれるのか?


君の中のボクはまるで白昼夢。
僕の中の君は幻。


いつになったら近づけるのか?
いつになったら重なるのか…



ボクはまだ、夢を見続ける・・・・・・・・・・・・



 
   
Posted at 23:33 / ◆呟き詩 / この記事のURL
コメント(0)
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:冬桜
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・写真-何でも気になったものはメモ代わりに撮ります
    ・アート-たまにお絵かきします。墨や絵の具で
    ・マンガ-暇なときは漫画ばかり読んでます。暇、滅多にないけど
読者になる
・気分やさんなので更新したり止まったりします。止まっててもそのうち帰ってくるので、気長に見守っていただけると助かります。

・寂しがりやなので構われると喜びます。しかし、メールなどのお返事は遅いかもしれません。気長に待っていただけると嬉しく思います
最新コメント
メールフォーム
タイトル

内容
Yapme!一覧
読者になる
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!