中学生の涙 

2006年03月18日(土) 15時48分
弟の中学校の卒業式に出席しました。
 
みんな もう大人になっていくんだ
そんな事を思いながら みんなの門出を見届けていると、
ぽろり ぽろりと、涙が出てきてしまいました。

自分の中学の卒業式と重ねてしまったりして
すこしずつ すこしずつ、記憶が蘇ってきたのです。

息もできなくなってしまいそうな位 好きだったひとのこと。
そのひとが弾いた、ピアノの音。
自分が泣いた タイミング。

春一番の吹く頃に。 

2006年03月18日(土) 3時43分
今日は 夕焼けがきれいでした。

春の風に吹かれると 胸がぎゅっとなるようで、
涙が出てきちゃいそうになるんです。

この気持ちは どうして言葉に、色にならないのでしょう?

いつも いつも、
言葉は こころや涙 想いやカラダに勝ってしまって
追いつかないんだ。

夕方、わたしのこころは 夕焼けに近い色でした。

前髪を持ち上げられる心地よさに 頬をとおるあたたかな感触に、
涙が出ちゃってもいいよ。

2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:haru-me07
読者になる
Yapme!一覧
読者になる