September 27 [Sat], 2008, 1:53


あたしの暗い闇の世界と同じように
同じ世界に住む男の人がいた。

その人はあたしよりも
深い闇に染まっていた。
・・それをみたあたしは
哀れとも、同情しようとも思わず


ただ、綺麗だと思った。


愛しいと。




その人はあたしに手を差し伸べてくれた。

その手にあたしは
すがりたかった

この人なら、わかってくれると。



ある夜あたしは
その人の家に泊まらせてもらった。

その人はやっぱり
あたしの思ってる通りの人だった。

普段怖いのは
弱さを見せられないその人の現れ。

一緒に寝て
抱きしめてくれる人の体温に
どれだけあたしは救われたのだろうか。

頭をなでてくれるその手に
どれだけ安心さしてもらったのか。



朝起きてその人を起こしたとき
窓のカーテンから光が差し込むうように
あたしの心のなかにも
かすかな光が差し込んだ。

幸せだった。

初めてあんなに男の人に甘えた。
くっついた。手つないだ。

帰りたくないっていったのも
寂しいっていったのも全部初めてのことだった。

頭を寄せてキスしてくれた

寂しい顔しないでって
優しい目で見ていってくれた

何度もキスをしてくれた


ほほも、おでこも。
全部優しく触ってくれる。

その人のそばにずっといたいと思った。



帰宅してから
ずっと寂しいまま。

思い出すのは
抱きしめてくれた感覚と
ぬくもりだけ。

付き合えたら。
これからもずっと傍にいれたらと願ったけど
怖くてあの人を信じられない。

結局、自分に勝てない



あたしはあの人を
愛してもいいのかな。

孤独に死す

September 27 [Sat], 2008, 1:42


今誰も信じられない。
ただ疲れていていつもよりも
悲観的になってるだけなら問題ないのだが・・

どうも今回はそんな気配はなく。
あの人に会うのが怖くなってきている。

そして今まであたしを支えてくれていた
ライブハウスに通っている
ゆいいつタメの友人3人も・・

敵か。見方か。
あなたたちはどちらですか。

その差し伸べる手に、本当に光はありますか。

影、見える先には
疑いしか残っていない。

あたしはあの人を裏切っているのだろうか。
たくさんの人に話してしまったこと
すごくこうかいしている。

話されてしまったことにも後悔してるんだ。


せっかく積み上げてきた
信頼とゆうものも、1つ崩れればすぐに
破壊され、なくなっていくもの。

あたしの中の信頼なんてしょせん
気休めにしかならないただの残像でしかない。

だれも信じていない。
信じているのは自分だけ。

それ以外、なにがある?
信じていい証拠は?

なにもないだろう
わからないだろう

真っ暗な闇に飲まれて
いつからあたしはこんなに闇に
そまってしまったのだろう

飲まれた当初、必死で光を探していたのに。


今では暗闇に慣れている。
それは痛みに慣れているとゆうこと。

悲しみにも慣れがある
この痛みには慣れてはいけないのに。


沈むところまで沈んだ

でも立ち上がる力は、もうない。

否定しないで

拒否しないで


心がないているのに
なにもできないがゆえに
強がる自分。

否定しないでって
誰より思っているからこそ

否定されるまえに
否定しかえして
自分は悪くないと固定するんだ。


自分の闇をいつか
光に変える事できるんだろうか。

破壊と再構築

September 25 [Thu], 2008, 22:37


久しぶりのブログ。
こっちはずーっと放置状態であたしはずっと
mixiやってました(・∀・)
前略の方もmixiの方優先させてたんで
あんまり更新していませんでしたが
久々に更新し始めました。

なのでこちらのブログも更新。


過去記事は全部消したけど
(恥ずかしい日記ばかりだったので。笑

更新は
丁度1年ぶりくらいかな。


今は高3になって
去年はしゃいでいた文化祭が終わり
体育祭がもうすぐ始まります。

学校ってのはどうも
先輩がいなくなって自分達が
一番上になると急につまらなくなるんだ。

中学のときもそーだったな。
あたしが年上好きってのが
大半の原因だろうが。笑


心配していた進路も内定し、
部活も気づけば引退して

なぜかあたしは今一番
音楽に打ち込んでいます。

将来ずっと音楽に携わることにも決めました。

はい拍手(・∀・)笑


過去記事を自分で読んでみて思ったんですが
あたしはやっぱり1年ごと、いや、
1年じゃなくても日が経つにつれて
うざっぽいところがだいぶ取れてきてる気が。

悲観的にゆうと
年を重ねるごとに冷めた人間になってるってことね。

顔文字もなかなか使わなくなったし
ぶりぶりさってゆうか、若さが抜けました 笑


なんだかこんなはなしばかりに
なってしまうので

話題を変える為にひとまず終わりにします。
2008年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
P R
■プロフィール■
*名前*葵(あおい)
*年齢*17歳の高校2年
*趣味*買い物・お洒落・音楽
*性格*自分勝手・我侭
*部活*吹奏楽部Bassのパートリーダ
*楽器*バスクラリネット奏者。
■登場人物■
■A先輩(高3)♂■
大好きな先輩。一生尊敬。初めて本気で好きになった人
■M先輩(高3)♂■
今あたしが片思い中の先輩。国際クラス。誰よりも優しい人
■みほ(高2)♀■
部活の副部長。信用してる友達。なんでも話せるひと。
■マロン(高2)♀■
部活仲間の中で一番仲良し。なんでも話せる大切な友達。信用してる友達。
■Y先輩(高3)♀■
部活の先輩。フルートパートでした。M先輩と同じクラスで仲がいい★優しい。
■T先輩(高3)♀■
全然知らない先輩。剣道部だったらしい。性格が極悪最強に悪い。By:Y先輩。M先輩のコトが好きな先輩です。