クリーム好き 

November 29 [Thu], 2007, 19:30
唇にはリップクリーム
手にはハンドクリーム

おでかけ前には日焼け止めクリーム
そしてクリームファンデ!クリームシャドー!クリームチーク!!

洗顔クリームで全てを洗い流してもすぐにまた保湿クリーム、目の周りにアイクリーム
思うさま塗りたくり、そのうるおいに喜び震える!


乾燥が辛い季節になってきた。。。
肌の水分量が低下すると一気に見た目年齢が上昇するので、
必死の抵抗でクリームの防護壁を装備しています。
頑張れ私。

肌に磨きをかけて 

November 27 [Tue], 2007, 21:01

綺麗になりたい

その一心で執念と努力のスキンケアの毎日です。
女子力をアップさせようと奮起した日から約半月が経ち、
鏡の中に映る自分を見ると少しアンチエイジングの成果が出てきているように思います。

1.肌に磨きをかけるために精製水で不純物を洗い流し、
2.ハンドプレスで化粧水を浸透させ、
3.クリームで造顔マッサージ&水分を閉じ込め・・・

この3つを毎日行うことで劇的に艶が出てきました。
特に頬の辺りの状態は随分と改善されて、
フェイスパウダーを叩くと光がかすかに反射するほどです。
気を良くした私は欲を出し、
自然光の下で肌をよく観察して更に上を目指そうと思いました。

太陽の光に晒してみた自分の素肌・・・
鼻のコメドと毛穴がそれはそれはよく見えて軽く吐き気がしました。
とうとうスキンケアに道具を導入する時が来たと思い、
早速、エステジェンヌ スポットクリアで毛穴の脂を吸引・・・
http://ctlg.national.jp/product/info.do?pg=04&hb=EH2511
@コスメの口コミにあるように、大きなコメドは取れないけど、
まだ固まっていないラード状のものがニュルニュルと吸い出される。
最初はうまく吸引できなかったけれど、
コツを掴んでからは面白いほどによく取れるようになった。
*コツは、吸引したいコメドの上で暫く静止させ、
頭が出てきたところで吸引口の角を斜めにするように滑らせ脂を切る。
肌が弱い人にはオススメできないかもしれないけど。

この吸い出される脂、自分で分泌してる油脂と、
保湿に使ってるクリームと半々といったところだろうか・・・
脂が無くなると余計に脂を分泌するというし、
だからといって放置していれば毛穴は広がるし・・・
この小鼻の問題に関しては、何が一番良い方法なのか結局わからない
だけどやっぱり見た目が気になるから吸引し続けるのかな・・・
何か抜本的な解決策はないものかしら?

キレイな水のチカラ 

November 26 [Mon], 2007, 20:22
美しくなりたい、そう決意した私は、
美容ブログを読み漁り、@コスメで情報収集し、
良いと思う品や方法は色々試してきた。

まぁ、だいたいどれも最初は効果らしきものを実感するものの、
効果が一週間以上持続する物は少ない。
持続力が弱いものに投資し続ける財力も私には無い。
なので長続きしてるものは殆どないのが現状だ。

そんな中でたった一つ、効果が確かなのでずっと継続しているものがある、
それは入浴後に精製水をプレ化粧水として用いるというもの。


方法はいろいろな所で書かれているから省略するが、
これをしてから、顔の色がワントーン明るくなった。
この精製水のおかげで使う化粧品の量が目に見えて減った。
まず、ファンデーションは薄めで充分綺麗な肌色だし、
チークもほんの少しの量で本当に綺麗に発色してくれる。

顔の表面についてるカルキや不純なものを、
この精製水で洗い流して肌を清める。
やはり水は人間の基本。
キレイな水で手間をかけると肌はちゃんと応えてくれる。
全身この水で洗えたらいいのにな、と思う。


後天的美人 

November 26 [Mon], 2007, 19:37
Beauty is only a skin deep.
・美しさは表面の皮膚一枚、大事なのは中身。

そう、人間一番大切なのは中身。
この諺は実に正しい事を言っているのだが、
ちょっと裏を返せば表面の肌一枚で美醜が左右される、とも聞こえなくもない。
どんなに中身が良くても、他人に美しく見えるかどうかは表面の皮膚一枚の問題だと。

30を超えてからは特に、美人か不美人は肌の綺麗さによるのでは?と考えるようになった。
どんなに良い顔立ちをしていても、表面を覆っている肌が乾燥してくすんでいたら、
その人の本来の美しさは発揮できないのだ。
ということは常日頃から健康を心がけ、自己管理を行い、健やかな生活を送る事が美人への近道と言えると思う。

気持ちや生活を綺麗に保つことで美人が形成される。
要するに中身が綺麗だとその綺麗さがその人の外側まで光らせる。

顔の造りだけで美醜が決まるのは若い頃だけのこと。
逆に、30を過ぎてからは自分の生き方次第で美しさを決められるということ。
昔は大して美人でも無かった私なので、この歳から勝負できる後天的美人を目指して頑張ろうと思う。



布団叩き奥様 

November 25 [Sun], 2007, 20:57
休日の昼下がり、特に何も用事が無い日には、
南に面している和室の畳に寝転んで昼寝をするのが好きです。
塗っている日焼け止めはSPFが低いので、とても無防備な状態なのにも関わらず、
お日様の光と熱が心地良く、陽だまりの中から動けなくなり、そしていつのまにか転寝しています。

その静寂を打ち破るのが階上に住む奥様の布団叩き。
布団叩きの棒には何を使っているのか疑問になるくらいの爆音が轟きます。
ドイーンドイーンドイーーーーン・・・
寝転んでいる私の体に畳を通じて衝撃波が伝わるほどです。
マンションの壁や骨組みが共鳴しているような感じです。
毎日そんな調子で叩き続けたら、どれくらいのダメージがコンクリートに蓄積されるのだろう?
いつか階上のベランダのコンクリートが崩れ落ちるのでは?
と恐ろしくなります。

叩いてもダニには効果が無い事はもう何年も前から言われている事。
あの奥様はテレビなど見ない人なのかしら?
それとも叩かずにはいられないストレスがあるのかしら?
どちらにしろ数分で終わる騒音なので耐えられるのですが、
階上から埃やダニが我が家の洗濯物に降り注いでいるのかと考えると非常に気持ちが悪くなります。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:harpseal
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1976年
読者になる
美容ブログ好き。
アンチエイジングのためなら何でも試したい30代。全力で老化に抵抗します。

自分に甘く意志薄弱な性格が災いして容姿の崩壊が洒落にならない事になってきた・・・
お世辞でもいいので、もう一度他人から「かわいい」って言われたい!
洋服とお洒落が大好きになりたい。
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30