笹田で沢田泰司

March 07 [Mon], 2016, 6:53
全国の看護師年収は平均して437万円くらいです。ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均して593万円ほどになります。公務員看護師は給料の上昇する率も民間の病院より高くて、福利厚生の点でも充実しているのです。準看護師だと、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。産業看護師とは、企業に勤務する看護師です。看護師といわれると病院、それに、クリニックの印象を持つ人が多いですが、医務室などを設けている会社もあり、そういう場所で働く人もいます。仕事の中身や役割は勤務先ごとに違いますが、従業員の健康を守って、管理していくのは必ず行う仕事になるでしょう。看護師になるための国家試験は、年に1度催されます。看護師不足が問題となっているわが国のためには喜ばしいことに、直近数年において看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを示し続けています。看護師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできれば合格可能な試験です。看護師の国家試験に合格することよりも、看護学校卒業の方が困難だと思う人も少なくありません。看護学校は大変厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年させてしまうようです。厳しい学校を卒業して、国家試験も合格できた人には、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。看護師免許を取るには、何通りかの方法が挙げられます。看護師免許を取るためには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなりは受験できません。試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護について学習するという条件があります。看護士だと、求人はたくさんありますが、希望と一致する条件の求人があるとは言えません。看護師資格の保有者でとにかくどこでもいいから就職したいと思っている方は少ないです。できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤の必要がない勤務先に就職したいと思う人が多いはずです。望み通りのところに転職するには、情報収集が重要になるのです。現代は高齢化が進んで、看護師は福祉施設などでもニーズが拡大してきているのです。加えて、大会社になると看護師が医務室などにもいて、健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアを行っております。こういったケースは、その会社組織の社員として入社をすることもありえるでしょう。修学旅行やツアーなどに随行して、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。結婚していて、子供がいたりする人は土日が休みだったり、夜勤がない職場を望んでいるものです。病院以外の場所で働くのであれば、その職場に適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。高校入学時に衛生看護科に入学すると、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、看護師の資格を得るのが、一番早いでしょう。でも、在学中に進路を変更したくなっても変えることは難しいです。それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、期間が短いことが理由で試験勉強や実習が不足して合格が困難という側面もあります。看護師が転職をするにあたっては、未来のことを考え、早めに行動することが重要です。また、どんな点を重視するのかを決めておくことをお勧めします。将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、そのビジョンに合致した転職先の情報を集めるようにしましょう。給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件も数え上げておきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シュン
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/harpltrotcsoeo/index1_0.rdf