訪問調査の返答

August 30 [Tue], 2011, 21:50
各地の大学から訪問調査依頼に対しての
ご返答が届き始めました!
しかし、大学が始めるのがどうも10月以降のところが多そうで
はてさて、どうしましょう!!

はやし

進行状況報告7月〜8月

August 25 [Thu], 2011, 23:23
7月19日〜 インドネシアのガジャマダ大学からの留学生がやってくる         
メンバーそれぞれ日本語学習の授業のアシスタント・交流会参加
留学生はムスリムであるため、ハラールについてのディスカッション
日本、インドネシアそれぞれの大学生の「現状」についてのディスカッション
たとえば「デートの時どこ行くの?や、誕生日の祝い方!」などなど、わたしたちが現在実際に感じている 文化について、グループディスカッションを行いました。

=並行して、「食における宗教的禁忌に関する」一般意識のサンプルとして、県大生に向けてアンケート  
(一般教養の授業受講者124人対象)→集計

8月〜
夏期休暇における調査先決定
大学・企業・店舗などを調べる

レター送付準備
訪問先としてあげられた調査先へ、調査依頼のレター作成

企業からの回答
2つの企業から、社員食堂での対応実態の様子に関する回答をいただきました。

JETROによるアジア経済研究所夏期公開講座参加@東京
JETRO主催の「新興国になりつつあるインドネシア」の公開講座へ参加しました。
インドネシア経済の話の中で、ハラールの食品、また化粧品等への言及がされていました。
イスラム圏で経済進出を考える際にはそういったことにも注意を払う必要があるということを再認識しました。

東京での調査
@東京都新宿区大久保の百人町というエスニックタウンでの調査
 ハラールショップ 食品を取り扱っているお店をまわりました
Aハラール認証を受けているマレーシア料理のお店訪問
B東京ジャーミィ(東京にあるモスク)訪問
を行いました。

時間が取れ次第、それぞれの内容に関しても詳しく報告していきます。
今は、レターの返事を待っているところです。

はやし

AOTS訪問

July 17 [Sun], 2011, 0:55
日付は越えてしまいましたが、本日16日、AOTSでの実地調査に行ってまいりました!

AOTSとは、
「開発途上国等の技術者・管理者を対象に国内外での研修を通じて技術協力を推進する研修専門機関です。海外における民間企業等の人材育成を支援し、日本と諸外国の経済発展に貢献するとともに、日本との友好関係を促進します。」
とサイトで説明されている通り、
海外のスーパーエリートたちが日本語や、日本の技術を研修を通して学び、自国に戻った時そのスキルを生かすことのできる人材になれるよう、サポートをしている団体のことです。

おもに上で書かれているように、開発途上国等の技術者、管理者の方々が対象ですから、
出身は中東、インドや東南アジア圏などなど。
もちろんそれらの国はイスラム教国であったり、ムスリムの多い地域であったりするわけです。

そういった方々が生活する施設ですのでやはり、食堂も「ハラール」対応をしているわけなのです!


ということで行ってきましたAOTS!


AOTSの研修センターは、東京・横浜・関西(大阪市)・中部(愛知県豊田市)の4カ所にあり、今回は豊田市のところへ。
藤が丘→リニモ→愛知環状鉄道→徒歩20分くらい!!遠
山の中にあるのがAOTSです。


じゃじゃん。立派ー


食堂入口


内装はこんな感じ。ランチ時間はまだ30分はあったけど結構まばーら
みんなお出かけしてたのかなぁ?


豚はとにかくでっかく表示!!


上の写真でREDと書いてあるのはトングのカラーです。トングもきちんと混ざらないよう、色で分けてあるのです。


本日のビュッフェいろいろ
牛肉の野菜巻きがわたしは一番気に入りました☆
インドカレーは最凶に辛かったですね(笑

食べてから、食堂担当者の方にインタビュー!とても詳しい説明をしてくださいました!!

フライヤーは必ず分けるという基本的ことから、
ハラールフードを豚の隣には決して置かないということまで


左の二つのフライヤーは野菜とハラールミート用
右の離れたところのフライヤーは豚用

本当に厳しく分けているとのことでした。

ラードも一切使わず、油も植物由来のものを使用しています




実は、日本においては、イスラム教の信者もそういないし、そういったハラール対応はちゃんとされていないという噂のようなものがあり、
この食堂に対しても、本当に本当のハラールミートを使っているのか!?と不審がる人もいるようです。


そういう方にはきちんと説明をし、

このような仕入れ先からの箱についたハラールの認証マークを見せるそうです。

マテ茶鶏の右のマーク

すると安心して食べてくれるようになった、とのお話もいただきました。


認証の証明書の数々


厳しいところは本当に厳しいわけで
お野菜やお魚までにもハラールかどうか!!?と追求してくる方もいらっしゃるそうです・・・

メニューも飽きのこないように、
一週間に何品か新メニューを提供できるよう、日々レシピを探求されているそうです。すごいなぁ


ちなみに使用されている食材が一目でわかるように、メニュー表示にはかならずイラストが付いています。


ハラールのわかりやすい表示が。



食堂では、ハラールミートを使用すればどんな人でも食べられる食事の提供ができるので、
特に気にせず食事をとれるようにとの思いからハラール対応がなされているそうです。


今回の調査では、いくつか聞きそびれてしまったことがあったのと
メンバーの記憶が食い違ってたことが反省点でした!

許可得て録音したほうがいいかもしれない・・・。



反省を次回の調査に生かし、頑張ります!



では


はやし
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:harp2011
読者になる
愛知県立大学 
2011年度 学生自主企画研究

「グローバル社会に求められる宗教的多様性への配慮: 大学食堂調査を中心に」研究チーム
Halal Research Project
 

メンバーによるブログです。
研究内容や、調査の進行状況、活動についてお知らせします。
プロフィール画像は今のところ発足飲み会のときのもの!
またちゃんとしたのに変更します(笑)
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
P R
http://yaplog.jp/harp2011/index1_0.rdf
メールフォーム

TITLE


MESSAGE