活字まん 

2008年11月16日(日) 20時21分
昨日も結局帰り12時すぎたら
昼前に目覚め。
昨日とってたドラマのビデオを見て
あとはひたすら本読んでました。
暇じゃないのにさ、何かな。
何かしら読みたかったんだな。

読んだ本。
『ラ行の愉快なハミングで』佐藤弘
『アサッテの人』諏訪哲史
『大人のいない国』鷲田清一・内田樹

今気づいたが全部男性作家だ。
一冊目。
よくわからんかった。
全体のストーリーが煙にまかれた感じ。
どこがほんまでウソで幻なのか。
でも一文一文がとても好きで
ああこういう風に考えるときあるなとか
こういうメールを読みたいとか
「当たり前に思ってたこと」に改めて気づく。
この人とは波長があうんだと思います。

二冊目。芥川賞作品。
これまた難しかったですねえ。哲学。
人は「全くの自分の言葉」を持たないってことを思い出しました。
何を言うにしても、本なり、人なりから
切り取ってきた言葉で、
だからこそ使えるわけじゃないですか。
でも、そのことから逃げ出したい人もいるだろうなあと思うし、
パターン化されたモノを壊したいって気持ちはわかるなあと。
それが、突然わけのわからん言葉を発する
という方法で行われるだけで。
この書き方は斬新でした。

三冊目。
鷲田先生も内田先生もやはり素敵だ。
これまでに読んだ本と同じメッセージだったのですが
改めて足下を見つめられる。
「わかりやすい世界」の恐ろしさ。
あると思います。

夜は豚しゃぶを食べました。
薬膳のだしに野菜たっぷりで
ヘルシーうまうまでした。贅沢なり。
ばあちゃんも歩くスピードは変わったけれど
相変わらずかわいらしい。
ありがとうございます。

眠いから寝るよ。

(無題) 

2008年11月16日(日) 20時19分
昨日も結局帰り12時すぎたら
昼前に目覚め。
昨日とってたドラマのビデオを見て
あとはひたすら本読んでました。
暇じゃないのにさ、何かな。
何かしら読みたかったんだな。

読んだ本。
『ラ行の愉快なハミングで』佐藤弘
『アサッテの人』諏訪哲史
『大人のいない国』鷲田清一・内田樹

今気づいたが全部男性作家だ。
一冊目。
よくわからんかった。
全体のストーリーが煙にまかれた感じ。
どこがほんまでウソで幻なのか。
でも一文一文がとても好きで
ああこういう風に考えるときあるなとか
こういうメールを読みたいとか
「当たり前に思ってたこと」に改めて気づく。
この人とは波長があうんだと思います。

二冊目。芥川賞作品。
これまた難しかったですねえ。哲学。
人は「全くの自分の言葉」を持たないってことを思い出しました。
何を言うにしても、本なり、人なりから
切り取ってきた言葉で、
だからこそ使えるわけじゃないですか。
でも、そのことから逃げ出したい人もいるだろうなあと思うし、
パターン化されたモノを壊したいって気持ちはわかるなあと。
それが、突然わけのわからん言葉を発する
という方法で行われるだけで。
この書き方は斬新でした。

三冊目。
鷲田先生も内田先生もやはり素敵だ。
これまでに読んだ本と同じメッセージだったのですが
改めて足下を見つめられる。
「わかりやすい世界」の恐ろしさ。
あると思います。

夜は豚しゃぶを食べました。
薬膳のだしに野菜たっぷりで
ヘルシーうまうまでした。贅沢なり。
ばあちゃんも歩くスピードは変わったけれど
相変わらずかわいらしい。
ありがとうございます。

眠いから寝るよ。
2008年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:haricot
読者になる
Yapme!一覧
読者になる