だから... 

May 02 [Wed], 2007, 19:21
月曜日は。ダンスの休日出勤、最終日でしたあ。
1時間だけなのに、2時間居たような・・・
午後は、中野と100円ショップ巡りだったよ〜
------
火曜日は。親戚のお見舞いに行った!!
そ・・・そのせいでDグレが汗ワラ
バイク乗ってる最中にコンタクトが両目ズレたんだとか・・・
地獄ジャン!!
------
今日は。今週最後の登校日〜
あの人に会えないのが残念;カッコイイのになあ!!
放課後は視聴覚でした。体育祭が近いので、各ブロックの団長に意気込み等を!!
・・・爆笑の連発でしたねえ。笑わずにインタビューするのが、大変だった;
いや・・・・結局笑ったけどね。失敗までしたし汗
月曜日の昼食時に流されるのが楽しみです!!

その涙は忘れないよ... 

April 29 [Sun], 2007, 23:29
AM7:00頃。自然とさめたこの時間。
自分の家じゃないから目覚ましかけなくったって、起きちゃうんだよね。
見回すと、いとこ1は居ない・・・起きて、とっとと1階へ行ってしまった様子。
対する2の方は、2で、私の隣でハイテンション気味で恐竜キングを観ていた。
ボオーとしながらテレビ(画面)で繰り広げられる、あどべんちゃあを観ていて
つくづく思う。アナログとSDは合体しちゃいけないと思う。
カード、スラッシュされて実物大になる恐竜。それは、めちゃめちゃリアルでむしろちょっと
どうなのよ?って感じの感想。
まあ、朝から白亜紀にでも行って来た気分。とまではならないけど、
とにかく7時おきは眠かったです。

朝ごはん。歯磨き。と大体の事を済ませた頃。
自分は、いつの間にか、いとこ2の自転車のりに協力していた。
1年生にして補助なしが乗れないのは、ちょっと私からしては一大事だと思う。
それは、自分が幼稚園の頃にはもう乗れていたからこその話!!
何とか乗れる様にさせてあげたいものの、そんなモノは本人の気持ち次第。
言っても分からない時は誰だって親なら怒るよね。
でも、「どうして出来ないの!!」なんて怒ってしまったら、
子供がグレてしまうか、この糞野郎!!なんて燃え始めるかの二択。
私の場合は糞野郎!!なんだけど、此処の佐藤家の長女、いとこ2は
グレる。グレる。・・・私は今まで色んな経験してきたからこその言える事なのだろう!!
自分にとっては、簡単に出来ても、6歳児には難関に過ぎない。初めてだもんね。
だから、怒らない様に懸命に説明して教えてやった。

・・・数分後。私の怒らない努力は見事に、補助なし達成とまではならず、
本人がぐーうたれて来てしまったので、もう辞め。
気持ちを切り替えて公園へ遊びに。

しかしまぁ、此処の二名は王様並みの駄々っ子で遠慮がない。
少し遠めの、東野川公園にやってきた。
2は「此処保育園で来た事ある〜!!」とはしゃいでるのに1はショボくれてる。
つまんないらしい。到着して10分もしないうちに
何ゆえかは不明として、橘公園へ。(家から遠ざかる)
やっとの思いで、ついたもののつまらない連発。どうやら現在、ご機嫌斜めだったそうな。
此処まで広ければ笑顔が見られるだろうと思っていた、淡い期待は既に散っていた。
・・・何だか苦労がどっと足に来た。
この性格の違い。クローンとか双子だったら同じ反応してくれて対応しやすいのになあ。。。

お昼。話を手っ取り早く進めると、おばあちゃんとリンガーハット(長崎ちゃんぽん)で待ち合わせ。
向かう道のりが長い事。
行きより、・・・と言うか気温の関係もあり、生き地獄かのようでしたねえ。(大袈裟)
そして、もう着く!!と言った所で、転んでしまったいとこ1。
正確には、急な坂を自転車とともに支え切れなくなり、後ろへ転倒。見事な背中に掠り傷。
おおなき。この後、リンガーハットでも、機嫌が悪かったです。

夕方。半そでじゃ肌寒い具合の時間帯。
私のシャーペンを欲しいとか言い出した1。先ほどの機嫌の悪さはいずこか。
勿論、譲る気のない私。そしたら、夜勤から帰宅した母親がフジスーパーへ
上履き買うついでに親子で行きました。2をおいて。
そして、おばあちゃん。この人も、この人で、
特売がどうのこうのでビックヨーサンへ買い物に行ってしまった・・・
残された私と2.(お祖父ちゃんは、まいるーむにてヒッキー中)
取り合えず、外で遊んでいた。走りたくなった。2をいじめたくなった。
その理由はわからないけど。わざと走って、、、後ろから追いかけてくる2.
隠れるとキョロキョロしだす。この辺りは可愛いと思う!!
けど、私と2の間に一台の車が通り抜けたと同時に、過ぎ去った後には
2の姿もなかった。
一瞬にして、連れ去られたかと思えば、一瞬に家に帰っていて、
玄関にこしかけている。・・・バイバイト手をふっても無反応。
「じゃあ、もう帰らないからね」と扉をしめて腕を構えて出てくるのを待つ(え)
が、出てこない。もう一度、開けてみると先ほどと変わらない状態。
「今度は本気だよ!!」と、近くに隠れる自分。
しばらくすると(5分)出てきた!!探し始めた。
が。私がちょっと目を離したら、もう何処かへ行ってしまった。
隠れるのを辞めて、名前を呼んでみた。・・・・居た。
そこには、泣き声はないものの、泣いてる2の姿。
2は無言で抱きついて来た。この会えなかった数分たらずがそんなに寂しかったのか、
それが不安にさせてしまったがや否や。
「寂しくなった?」と聞くとかすかに頷いて。
「もう何処へも行かないで」と小さな両手でぎゅッと、私の手を繋いでくれた。

いとこ。 

April 28 [Sat], 2007, 23:13
もう、28日が残り5時間ほどとなった19時半ごろ。
その時の自分は、何を思ったか正直よく覚えていないけど
いとこの居る、親戚の家であり・お祖母ちゃんの家でありの佐藤家に行きたかった!!
明日は暇だったので、連絡を取ってみた所『今からおいで!!』との事ッ!!
淡い期待(なにゆえ)を抱いて、ハイテンション↑で私は佐藤家に泊まる事にした。

行ったら、お祖母ちゃん・お祖父ちゃん・いとこ1・2の4人しか居なかった。
自分の叔父と叔母に中る、いとこ1・2の親は、
1名は入院中。もう1名は夜勤で居ないらしい....
何処か自分並みにハイテンションだったいとこ1.2を裏目に
自分も久しぶりに会えて嬉しかった!!
いや....もしかしたら、正直。妹に居ない世界で嬉しかったのかもしれない(殴)

取り合えずお風呂に入っていなかった私。
いとこ2を強引に、二度目のお風呂に付き合せました!!
お風呂場は相変わらずの、開放的な空間。
ちょっと金持ち気分を味わえそうな、余裕たっぷりの浴槽に
毎度の事ながら、此処で暮らしたい。と浴槽で判断する自分がいる!!
そして毎回、気になるのはあらゆるタオル。
使いまくってるのに、新品に見えて、あまり水を吸い取らない。そう、無意味目なタオル達。
それでもふかふか。肌には100%優しいと言えるんじゃないかな??

・・・いきなり図々しくやってきた佐藤家総代長女の私は、
叔父の部屋で寛いで、今宵を過ごした。
何をしてたのかって。。
パソコン。
エンタの神様が始まるまでパソコン。
デスクトップにはいとこ1・2の写真。何となく、あたたかみを感じるパソコンだった。
P R
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる