ご挨拶

January 01 [Sun], 2017, 12:00
サイトにお越しいただき、ありがとうございます。
灯束きはれ(ともづか きはれ)と申します。
2015年に跳訳『惹かれ合うとき』でデビューしました。
駆けだしたばかりですが、何気ないやりとりや言動の中から相手を好きだという気持ちが
伝わってくるような作品や「想い」を大事にした作品を書いていくことが出来ればと
思っています。
これまでにノベライズ・TL漫画・歴史系漫画の原作執筆経験もあり。
また別名義でシナリオの執筆もしています。


わんこ系×飼い主、へたれ攻め、正反対系キャラの組み合わせ、真面目系キャラ、
和風、歴史ファンジーなどが好きです。


仕事のお声掛けはツイッター(@tomodukakihare)のDM、
またはブログ内のメールよりお願いいたします。
*ある程度のスケジュール(〇月〜〇月頃までなど)や
詳細を明記いただければ助かります。
*個人への返信は行なっておりませんのでご了承下さい。

遅れながらのご挨拶

January 07 [Thu], 2016, 16:12
遅れながらのご挨拶になりますが、あけましておめでとうございます。
昨年は本当にたくさんの方にお世話になり、ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

本年は今のところ1件お知らせが出来る予定のものがあるので、まずはそちらのお知らせを出来るように頑張りたいと思います。それ以外では、ツイッターの方でお知らせをさせていただいているBL作品を形にすることが出来るよう引き続き頑張っていきたいです。もしもこの作品を形に出来なくても次に繋げていければと思っています。とりあえずこの作品がなかったことになってしまうことは避けたいです。
また漫画原作も機会があれば、ぜひ挑戦してみたいと思っています。実はこれまでに2作品原作を執筆させていただいたのですが、どちらも作品としてまだ発表はされておらずで……。
その際にBLの原作原案も執筆していて手元に何本かBL原作原案があるので、もしもご縁があればこちらもあわせてお声掛けをいただければ幸いです。
(BL原作原案は現代もの・現代ものファンタジーなどになります)

ひとつでも多くの作品を執筆出来れば、またひとつでも多くのことに挑戦していければと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。
皆様にとってよい一年となりますように。

2015年

December 30 [Wed], 2015, 18:03
今年も気付けばもうすぐ終わりですね。
今年はたくさんの方にお世話になり、本当にありがとうございました。
BL作品が形にならなくなった時はショックでしたが、跳訳のお声がけをいただき、跳訳作品でデビューさせていただきました。自分がTLを書くとは全く想像もしていなかったのでお話をいただいた時には驚きましたし悩みもしましたが、その作品がなかったら、今こうしてブログを書いている自分はいなかったかもしれない。
そう考えるとひどく不思議に思います。また跳訳のお声がけを下さった方には本当に感謝しています。
お声がけをいただき、本当にありがとうございました。
オリジナルともノベライズともまた違う跳訳はとてもいい経験になりました。機会があればまたぜひ執筆させていただきたいです。

またBL作品の呼びかけにつきましても、たくさんの方にRTをしていただき、それをきっかけにフォローをしていただいたりなど、本当に有り難かったです。BL作品を形にしていただける先はまだ募集中です。参考に作品を読んでいただけるなどもありましたら、ぜひお声がけください。この作品が形になれば、また形にはならなくても次へ繋がるきっかけになれば幸いです。
どうなるかはわかりませんが引き続き、形になるよう頑張りたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

こうしてブログを書いてみると、今年はたくさんの方に助けてもらった1年だったんだなと思います。
改めて本当にありがとうございました。
来年はお知らせ出来る仕事が今の時点で1つあるので、きちんとお知らせが出来るよう執筆の方を頑張っていきたいです。
では、どうぞよい年末をお過ごしください。

作品を形にしていただける先を探しています(2/1加筆)

October 16 [Fri], 2015, 19:10
現在、先方の都合により形にならなくなってしまったBL作品を形にしていただける先を
探しています。紙・電子書籍、形は問いません。
作品は「和風歴史ファンタジーもの」で、文字数は約8万字になります。
前向きにご検討いただける編集部様などありましたら、ブログ内メールよりご連絡いただければ幸いです。
(こちらの作品の持込み、ブログ・ツイッターからの呼びかけについては
担当様に許可をいただいております)
「この作品を形には難しいかもしれないけど参考に読んでいただける」などもありましたらご連絡いただければ幸いです。こちらの作品が何か次へと繋がれば嬉しいです。

本来であれば、こちらの作品がデビュー作品になるはずでしたが、作品として形にならず、
今に至ります。
ただ先方が悪いというわけでは決してなく、色々なことが重なってのことです。
特に担当様には本当にお世話になり、どうにか形になるようにと
尽力して下さいました。

実は別の仕事の方でも作品が形にならなくなったことがあり、
こういったことは初めてではありません。
その際は最初からその仕事の話自体がなかったように扱われ、
ひどくショックで何も出来ず、何も言えないまま、そこから離れることしか出来ませんでした。

そういったことがあったからこそ、作品がまた形にならなくなってしまうのは、
なかったことになってしまうのは嫌だという思いがあり、それと同じくらいにお世話になって
書き上げた作品を形に出来ずに悔しいという思いがあります。
新人にもまだなっていない自分を切ろうと思えば、きっと切ることが出来ました。
でも「最後まで面倒を見ます」という言葉を本当に守って下さいました。
この担当様だったからこそ、最後まで作品を書き上げることが出来たと思っています。

そんな経緯や想いもあり、悩みながらも「何もしないままよりは良い」と呼びかけを
させてもらったところ、何人もの方にRTやフォローをしていただき嬉しかったです。
RT・フォローをして下さり、本当にありがとうございます。

自分でも形に出来るようにやれるだけのことはやってみたいと思っていますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
最後になってしまいましたが、形になることはなかったものの、担当様には感謝しています。
本当にありがとうござました。



跳訳『惹かれ合うとき』発売中です

August 26 [Wed], 2015, 16:07
8月20日にKロマンス文庫より『惹かれ合うとき』が発売されました。
こちらの赤い表紙が目印です。


『惹かれ合うとき』
ヘジュとソクウォンは、お互いに一人ぼっちの身でホワイトクリスマスの夜に、最悪の日を送った男と女としてバーで出会い、名前も知らぬまま激しく情を交わす…
不運な一日を忘れるためだけの、ゆきづりの一夜限りの恋のはずだった。
が、どこかでヘジュを忘れられなくなっていたソクウォンは、彼女と強引な再開をはかる。
過去のせいで、恋に臆病になっていたヘジュの揺れる気持ちは、やがて本物の恋心を取り戻してゆくのか―
(Amazonより転載)

この作品が私にとってのデビュー作となります。
跳訳作品ということで、色々初めてのことも多かったですが、たくさんの方達のおかげで、こうして作品を形にすることが出来ました。本当にありがとうございます。

今回の作品はジャンルで言うとTLになりますが、ただ今BL作品を準備中です。
機会がありましたら、ぜひこちらの作品も手に取っていただければ嬉しいです。

これからどうぞよろしくお願いいたします。



灯束きはれ(ともづか きはれ)

駆けだしたばかりの方向音痴な物書き
詳しくはご挨拶にて

P R