アンサンブル始めました

December 19 [Mon], 2016, 20:54
前回の投稿からとてつもなく長い期間があきましたが、耳の方は吹き方を変えてみたり練習を軽くしたりと色々やっていたらいつの間にか良くなっていました
吹奏楽の方は音楽性が合わないのと成長が感じられないのが面倒くさくなって辞めてしまいましたが、代わりと言ってはなんですがアンサンブルを始めました
知り合いに声をかけての結成でしたが、いつか演奏会が出来たらいいなぁと思います

アンサンブルのブログ
アンサンブルのfacebook

相変わらず耳の調子が悪い

December 06 [Tue], 2011, 0:32
耳鼻科へ行って症状を言ってもやはり症状が出ている瞬間に見ないとわからない、聴力に異常もないし現状は問題ないと思うとのことだったため、楽団の練習に復帰して二ヶ月がたった。
二週間に一回程度のペースで練習に出て奏法をいじっているが別段改善の兆しはない。
どちらかと言うと冬になって来たせいでより症状が悪化して行っているような感じがする。
これは毎年の事だけど、今年は夏時点でひどかったから楽器自体あまり吹きたくない様な精神状態。
2月の演奏会終わったら退団したいなーと再び思い始めてしまった。

残業多かった月の残業代でEWI USBを衝動買いした。
難しい。
そもそもPCでBGMを出しながら演奏するというのがまだできない。
USBオーディオインターフェイスまで衝動買いすることになるとは思わなかったけどそれはまだ試せていない。
チューバは一旦やめてEWI奏者になろうかねぇ。

コンクールの録音を聞いた

September 07 [Wed], 2011, 0:43
チューバは自分一人なので音量やバランス等全て自由に出来る反面全て自分の責任ではあったけど、課題曲・自由曲共に概ね自分の意図通りの聞こえ方になっていた。
録音の品質が若干悪いなぁと思うのでバランスは完全には信じられないけど、一応バンド全体を過不足なく支えられていた。
クレッシェンド等のダイナミクス変化は思ったとおりにできていて、変化の仕方も意図していた感じになっていた。
ミスしたなぁと思うところは以下3箇所くらい。
・シャコンヌSで序盤から中盤にかけて盛り上がっていくところで頭の拍がきちんとはまっていない所が一箇所
・自由曲で金管のファンファーレというかコラールというかそんな感じの所で、音量的に凹んでしまった音があった
・フォルテ指示のところで普通にフォルテで吹いていたら周りが全然フォルテにできていなくて飛び出てしまっていた

全体の自分の出来としては85点くらいかな。
10年以上ぶりのコンクールとしては申し分なく自分の力を発揮できていたと思う。
反省点は作りこみが甘くて、上記イージーミスをおかしてしまったこと。
来年度もコンクールに出るかどうかはわからないけれど、出るとしたらもう少し自分の音を作りこみつつバスセクションを纏めたりしようかなーと。
久しぶり過ぎて空気がわからないから取り敢えずほとんど発言せずに済ませてしまったけど、バスセクションのまとまりが若干弱い。

悔しいらしい

July 28 [Thu], 2011, 23:30
コンクールの結果が悔しいらしい。
私自身は悔しくない。
きちんとやりきって正当に評価された結果なのだから。
あと一点だとか、もっとできていればとか、そういったことを悔しがる気にはならない。

他人がぱっと来て個人の主観に基づいて採点とか講評書いたりとかしているんだし、そんなものに左右されるような状況ってどうなのだろうか?
それは自分の出した音に対して悔いていることになるのだろうか?ということも悩ましい。
審査員は採点するためにきているのだから、満点に近い高得点でない限り減点する理由を書いてあげたいところだろう。
つまり審査員が好意的に捉える音楽をできない限りダメだしされるものだと言っても過言ではない。
自分たちの団体が創り上げた音楽に対する自信や思いが、そんな審査員の言葉に一喜一憂してしまう程度に弱いのならばやはりそれは評価に数字として出てくるものだと思う。

結局コンクールってくだらないって結論に至るんだけれども。
参加して改めて、コンクールで得られる音楽的特異的経験などというものは無いと確信した。
コンクールじゃなくても得られるものばかりだよ、コンクールで得る経験なんて。
良い賞をもらって次の大会に進みたいという思いは、単純に評価を客観的に形で示してもらわないと自分の音楽を認められないとか、評価を他人にしてもらうことで自分を磨き上げる=他人に言われないと何もできない、ということの現れだと思うのでありました。

団員ブログに、色々と好意的に評価された結果だから点数に見合った実力があるわけではないというようなコメントを書いてしまった。
辛口なクセがまた出てしまったけど今の団ではノーコメントを貫いてきたから失敗かな?
反感買いそう。
でもやっぱり、支部大会まであと一点だった(同点で投票になった場合どうなるかは半々だけど)とかそういう所にいるとは思えない。

コンクール終わった

July 24 [Sun], 2011, 23:24
今朝は平日よりも早起きをしてコンクール前のウォーミングアップ会場へ。
確認程度の合奏だったけど全力で手を抜いて本番に備えました。

1時間ほど合奏したあと急いで積みこんで会場入り。
落ち着く間も殆ど無くチューニング室へ。

ここでも数小節程度の確認だけの合奏。
これもまた全力で手を抜く。

舞台袖で前の団体の演奏を聞いて、「ウチの団体は25人しかいないけれど、下手に多くいてもバラバラになっているなら意味が無い」と思うような、ちょっとバラバラな印象をような演奏でした。
ウチのほうがイイな、と確信しながら程よい緊張の中で本番へ。

さすがに10年以上ぶりのコンクールは少し緊張しましたが、課題曲は吹いては休んでというところばかりなので緊張をほぐしながら良い音を振りまきました。
チューバの一番最初の音が大きすぎるかな?と思うくらいで入ってしまったけれど、割とデッドなホールだったので馬鹿みたいに出すぎということもないだろうという感じ。
自由曲でも普段はオーバーブローか逆に緩みすぎるような低音でもきちんと音を纏めながらしっかり鳴らすことができて、チューバについては終始いい感じで行けたと思います。

終わった後の感想としてはチューバは完璧。
明らかなミスもなく普段よりも良く自分の思い通りにできたと実感できた演奏は久しぶり。
他も普段やらないようなミスをした人もいたけれど、概ね練習と同等程度の演奏は出来ていたと思うので悔いはないかと思います。

結果としては事前の個人的予想どおり銀賞だったけれど、金賞二団体+銀賞一団体が代表だった中で一点差の四位での銀賞ということで思ったよりも良い評価を得たようでした。
終わった後団長さんへ「右耳の調子がどんどん悪くなってきているような気がするので休団か退団したい」旨を伝えました。
今日も朝のウォームアップで個人練15分位吹いただけで右耳に雑音が混ざってきたのでもう本当に限界。
怖いので真面目に病院探して耳鼻科行ってこようかなぁと思いますー。

あと、アンサンブルは難しい曲多いので巻き込まれたくないし先手を打つ感じ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:haredokituba
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-吹奏楽やオーケストラでチューバを吹きます
読者になる
私のチューバ遍歴は以下のような感じです。

某県某市立中学校で吹奏楽部へ入部。
 めでたく朝日吹奏楽コンクール全国大会銀賞獲得
 ついでに朝日アンサンブルコンテストで支部大会ダメ金獲得

某県某県立高校で吹奏楽部へ入部
 めでたく朝日某県吹奏楽コンクール地区大会で銅賞獲得の翌年銀賞へランクアップ!

某県某国立大学管弦楽団へ入団
 めでたく一年目に楽器を買う
 ついでにオーケストラのチューバの魅力にメロメロに

大学卒業後、大学院の間某県一般吹奏楽団体へ入団
 めでたくチューバ吹きの休日をステージ前でスタンドプレイして筋肉痛に

某県某株式会社へ入社
 めでたく一年に数回程度しか楽器を吹かなくなる

某県某吹奏楽団へ入団
 二週間に一回くらいという出席率ではありますが久方ぶりに定期的に楽器を吹くことに

という感じです。
テキトーです。
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ランセル 通販
» 面白かったアンサンブル (2013年03月15日)
アイコン画像haredokituba
» もうすぐコンクール (2011年07月19日)
アイコン画像みーこ
» もうすぐコンクール (2011年07月19日)
アイコン画像haredokituba
» 持っている楽譜を整理しよう (2011年05月17日)
アイコン画像ちゅーば吹き
» 持っている楽譜を整理しよう (2011年05月17日)
アイコン画像haredokituba
» シャコンヌS (2011年05月06日)
アイコン画像暁空弥
» シャコンヌS (2011年05月05日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

にほんブログ村 クラシックブログ チューバへ
にほんブログ村 クラシックブログへ
http://yaplog.jp/haredokituba/index1_0.rdf