日記を変えました! 

2006年01月12日(木) 18時47分
日記を変えました。←クリックで飛びます。
よろしければおつきあいしてくださいポッ!

新しい写真が! 

2006年01月12日(木) 17時40分
車の免許の書き換えに行ってきました。
なんというか、めちゃくちゃ混んでた。イベントみたいやーと挙動不審にしてたら初めて会った女の子に話し掛けてもらえて、なかよく免許の更新を終えました。
人見知りするんだよーと言ってたけどもう旧知の仲の如く色々喋ってきた・・・!胃も痛くならなかった(笑)での、あっこの子とは相性がいいんだなーと思いました。勝手に。
「私の名前、ヤナガワって間違えてるけどどう見てもヤナガワなんて姓じゃない」って言ってたけど、私なんかは「コクリ」って間違われてた。 コクリて。
そしてようやく写真を変えてもらえて、3年前のデブ写真からまだまともな写真に変わりました!わーい!

火曜日から授業があったみたいでオイオイそんな話聞いてないよって軽く腹が立ったので今週一週間丸ごと休んでやろうと思います。連絡くらい回せっつう話よ!

それから、日記を変えようと思います。ヤプログ重すぎなんですよ、日記を書く画面が出るのにも滅茶苦茶重いので腹立つんですねコレ(ストレス社会ですね)
こちらに直接お気に入りいれて下さっている方にはこちらでご連絡いたします〜よかったらまたご覧くださいませね!
あと、上杉ゲージをギュンギュン上げてくださったラブサイトさんがブログペットという素敵なペットを飼っていらしたので私も飼ってみようかと・・・!名前は「孝高」白いこねずみです。
(「長政」にしたらむしろ羞恥プレイになるなあと思った)(ひどいペットになりますよきっと)

そうそう、バサラなんですがようやく島津のおじいちゃんを使いました!おじいちゃん最強!かわいいな!
濃姫とか使いやすいなーと思ったんですがなにぶん下手くそなので、島津のおじいちゃんが丁度良いのかもしれない。
それで、本多忠勝が使えるようになりました。もう使えないよあいつは・・・ハレンチだからよう。オイルどうにかしてくれよ・・・

ひまだ 

2006年01月11日(水) 13時01分
こうもお休みが長かったことなんて中学校以来初めてです。家にいるのも飽きてきたー
明日は免許の更新に行ってきます。あと、実習先に電話しなくてはいけない・・・個人病院でよかったーリハビリテーション科お願いします!(←よく言い忘れる)おおお緊張する・・・!

いつもながらにとりとめがなくてすいません。今、上杉ブームです。や だって兼続が!兼続がすごいんですよ!(?)
というか、小説を書くとなるとじつは直江兼続が一番書きやすいのです。かけあいの相手が景勝様だという所もとても書きやすくていい。
でも、私の今の一番の想い人は大谷吉継です。私も白頭巾ちゃんになろうかなー!
(白頭巾て)

昨日は小・中学が一緒だった子に会いました。ゲッ!て思って逃げました、多分あいつニートやわ。ニートのにおいがプンプンした。仕事くらい自分で見つけろ!さもなくば早く結婚しろ!(余計なお世話だ)
えーとそれから、太閤立志伝なんですが加藤さんちの飯田がどんどん人材を見つけてくるのですごい楽しいです。あっ島津家を手に入れましたよ!豊久たんがウサちゃんに見えて仕方がありません、ウサギって正面から見たらああいう顔してるよ!
まあなんていうか島津はきれいな人が多いですね。忠恒とかアレめっちゃきれいなおぼっちゃまやん!
今は真田攻めしてます。黒田如水、40代後半の夏。

書くことがなくなってしまいました。

豊久。
あと、自分のアイコンも作ってみた。
 
どうだ!(どうだじゃない)(畜生ですいません)

甘いの 食べたい 

2006年01月10日(火) 20時48分
橘さんからいただいた「CAPSULE」のアルバムを携帯できるプレーヤー聞いてました。昼前から自転車に乗りながらパンプキンパイフレンチトーストアイスクリームソーダ♪てうきうきで歌っていたら、公害だったみたいです。なんつうか、本人聞こえてないからね。

今日は、後期のテストの結果発表があったので学校へ行くために電車に乗りました。
そうしたらボックス席の目の前に男性が座りまして、わたくしめ音楽を聴いていたんですが(またか)窓がどうのってチョロッと喋ったら、「僕九州から旅をしてきたんだけど、」と仰るものだから、家出る直前まで太閤立志伝(しかも島津攻め)をやっていたいろは、エッ九州のどちらからいらしたんですかって思い切り食いつきました。
小倉からいらっしゃった方で、飛騨に行ってきたのだそう。田舎はいいねえとか、鹿を食ったとかとんでもない話をしていらした。(きいてないけれどニコニコしてたらお話してくださった)
なんばいいよっとね、という博多弁を教えていただきました。何言っとるのという意味らしいです(岐阜弁)北九州、特に小倉の人間は気が短くて運転が荒いらしいです。おおこわ!
なんかその他色々お話して、すごい面白い方でした。休暇取れるたびに日本中をまわる旅人らしいですよ!そんな人もいるんだ・・・
あと私の名前を終始「はるかちゃん」と間違えて呼んでいらした。あえて訂正しなかったよ(サドめが)
それで学校へ行く間もニコニコのうきうきで、テスト結果はなんと1教科も落ちていませんでした!
その日の科目を間違えたままテスト受けてしまったり、いっそ真田症候群と書いたろかと思ったりもしましたが…ウワほんますげー!私天才かもしれん・・・・!て思わず将軍に報告したら、アホが、って言われました。まったくこええ人だな(将軍=母)
でも全体的に及第点なので、私なんかは太閤立志伝でいう佐竹義宣さんのステータス並みだと思います。可もなく不可もない(せつない)
それにしてもなんていい日なんだ今日は・・・

・・・とかいって、久々に外を出歩いたら滅茶苦茶疲れました。どうでもいいところで神経すり減らすから駄目なんだろうな・・・

上杉家 

2006年01月09日(月) 10時23分
「おはようございます」
廊下で出会った兼続が挨拶をしてきた。
「何のつもりだ」
「お知らせしたい事がございます。」
フフフと笑った兼続がどこかおかしいことは分かっていたが、それよりも目上の人間に頭を下げることなく挨拶をしたことに驚きを覚えて咄嗟に言葉を返してしまったのだった。
礼をわきまえている人物であるから尚更、・・・・いや、実際はやや引いたのだが。
「私直江は、家老に就任して4年余。とうとう出世いたしました。」
「家老より上があったか」
「ありませんよ。無いですがとうとう、景勝様より勲功が上になりました!」
勲功の上昇は評定の際の座席が変わる。高いほど上座に座れるのだが、それより何だ、と呆れてしまった。
「だからどうした。」
「おや景勝様お悔しいのでございますか!」
「・・・・・・・・・」
調子づく兼続の相手をしていても時間の無駄になるだけだ。
それからは、ベラベラ喋る兼続を後ろになるべく話を聞かないようにして、帰路を急いだ。
「景勝様、今度私の屋敷にいらしてください。弁舌の技能を伝授してさしあげますよ、前々から苦手でしたでしょう?」
「うるさい。早く帰るがよかろう」
「弁舌すらどうにかすれば景勝様も石田殿より上には昇れますよ。ねっ」
「うるさい!」
勲功が上がったなら、それ相応の態度をとるのがよいだろうに。
それでも金魚のフンをやめないのは、おふざけながらも兼続が自分をまだ好いていてくれているのだろうなと、少し安心したのだった。


よまなくてもいいです。(なら書くな)イヤ立志伝でこういうことがあったので・・・!
景勝様は何度練習しても弁舌が上手くなりません。ところが兼続は茶道でも剣術でも、なんでもできる子です。
とうとう勲功を下克上してしまいましたが、尊ぶべき相手は変えないという兼続のストーカーぶり一途さを書いてみたかったという。
すいません(なぜ)

一年が過ぎるのは早いなあ 

2006年01月09日(月) 10時07分
今日は成人式ですね。関係ないけど。
学校のお友達のほとんどが今日なにかしらやってるみたいなので、ちょっといいなあって思ったり。着物いいなあ。振袖重いから嫌だけど。
去年成人式やったのに、もう今年の成人式ですか。早すぎる・・・わたし去年の今日は薬を貰ってましたよ、うつ病の。笑!
それから睦さんの創作と出会えたことしか覚えてない。すべてのはじまりです。

昨日は大河とか風林火山とかを見ていました。風林火山はキャストがちょっとなあと思います。加藤あいて。
勘助さんかっこよかったー!ゆう姫様にべっとりなところがすてきだ!!んもう大好き!
それから一番気になったのは、高坂弾正があまりかわいくなかったことだ。ひげおやじはないよー!信玄あんなに若いやんかー!!
功名が辻は、千代ちゃんがかわいかったです。雑巾がけの勢いがよすぎて廊下から落っこちるところとかときめきました。
あと、お母さんが美人だ。武田鉄矢さんが目から離れなかった。

ちょっとだけテスト落ちた科目の勉強をして(写しただけのお勉強)あとの時間は太閤立志伝です。お前。
中国と四国を制圧して、九州に手を出し始めています。島津歳久さんが仲間になりましたよう!かっこいい!
(歳と名がつくものは皆かっこいく思えてくる魔法)(土方歳三効果)
気が付いたら1593年になってました。何でもいいから早く金吾どのを出しておくれ!さみしい!
あっそれから、長政をひいきしすぎたせいで正純が全然出世できてませんでした。ひねくれたのか、彼は鉱山開発しかやってくれなくなりました。お父さんは黒田家筆頭家老ですよ。

今日はなんとか九州を制圧したいな。

お題をアップしました 

2006年01月07日(土) 17時21分
いい感じに消化していけそうです、小説お題。
そしていい加減消化しなくてはいけません、戦国無双絵のお題。

小説のこと。
突発で忠興長政なる想像するにもおぞましい(いい意味で)ふたりを書いてしまいました。
なんかなー最近文を書き出すと、思いついたネタを書きたい書きたいばっかりが先を行って文章がついていけてない気がします。今回のは全くもってその被害は甚大です・・・。
結局、茶を教えるというおそろしい戦(長政にとってだけど!)のあと忠興に残ったものはなにかというものを書きたかったんですけど。だめか。だめだな。
半分以上書き終えたところで題を変えよう これじゃ全然出る杭を打ててないぜということになったので そこからしてだめですね。けっそり。
本当はもっとひっどい話になる予定で、冒頭に酷い文句が入っていたんですけれど(笑)長政がかわいそうなだけの話になったな・・・

それはそれでしゃあないですね。おわったことだ。
いやあ、本当は昌幸勝頼みたいなピョンハネしつつ本当はひどいんですよみたいなものが書きたいんです。
これを黒田父子にぶつけると同じようなネタになるので不思議です。(もうしません・・・)

やっぱり新鋭に頑張ってもらうしかないですね!(ひどい)

利休七哲の 

2006年01月07日(土) 14時17分
利休七哲、そこに手を出し始めました。ら、濃い。まずメンバーが濃すぎる。
どの本にも出てくるのが高山右近、細川忠興、芝山監物で七哲の筆頭が蒲生氏郷なのだそうです。これも本によって違うのですが、筆頭だとか七哲だとかいうのは後世ついたものみたいです。
で、瀬田掃部、牧村兵部、古田織部がきて織田有楽、荒木道薫が入ることもあるそう。
戦国武将として活躍した細川や蒲生はともかく芝山さんや瀬田さんなどはもう、形にするには情報が少なすぎて逆に書きやすいです。捏造し放題。(うわあ)
ちょっとした落書きのせいで私の中での掃部さんは妙にかわゆい人になってしまっています。「かもん」っていう官位からしてかわいいもん。
この人たちネタがいっぱいなので、そろそろ出そうと思います。でもなかなか絵が手につかないというか太閤立志伝やりすぎて絵を書く暇がないというか

そういえば和泉節子(狂言師・元弥の母)の母方は竹中半兵衛の子孫らしいですよ。ほんとかよ。今度は元弥チョップでも済まされねえぞ。
あと、「しゃちほこ」は中国から伝わった想像上の生き物で、「火を見たら水で吹き消す」という能力を持っている(という設定)のため、火災防止の意味を込めて、屋根についているらしいです。
ちなみにイルカ科。
利休七哲でどうしてこんな情報が入ってくるのか・・・

イヤーしかしずっと家にいると体がなまりますね。筋肉が物凄い勢いで落ちていっているような気がする。
そういえば犬に薬を食われました。机の上に置いておいたにも関わらず、甘っちょろい味の粉末剤なのでモリモリ食われましたよ。私のビタミン剤がァァァ・・・!あいつもうくたばったらいいわ!(どうぶつがきらい)

そういえばFF2。結局忠興は、自分が支配するしかこの混沌とした世界は平和にならないんだと思ってたらしく本当はとてもいい人でした。
皇帝とかいう最高の悪者を倒しに行ったはいいんですが、封じられた魔法とやらのアルテマの存在をすっかり忘れていて今、ラスボスの目の前でアルテマの練習をしています(藤考が)(かわいそう)


かもんくん(やたら目がでかいのが特徴)(というか私の絵は皆同・・・)

何を超越した 

2006年01月06日(金) 22時11分
金森長近さんて、「かなもりちょうこん」て読むんですね!ずっと「ながちか」さんやと思ってた。

今日はこにタンについて調べていたのですが、この人はあまり逸話とかないんですね。朝鮮出兵とか水軍とか、自分に充てられた仕事はきっちりそれだけをやる、という方のようで・・・
こまごました話はないかなーと探したのですが、ない。結局なかった。
小西行長の小説だと遠藤周作さんのものしか見てないけども、なんか、北國新聞の昔の特集「高山右近」だと右近さんが「強虫」、こにタンが「弱虫」で対比されててしかも右近さんをベースに書くものだから、こにタン好きにはやたらと腹立たしい内容で。イラッときたので最後までちゃんと読みませんでした(おい)
なんか遠藤さんも自分の本「小西行長」でしょぼい行長を書いてるって・・・?清正と対比したいのか何なのか、それとも愛が裏返しになっているのか分かりませんがちょっと て感じです。
あーだから「鉄の首枷」が読み終わらないのか。(同作家さんのものですが文面が好きじゃない)

小西行長がらみでもう一つ。この社長、こにタンの子孫だってゆってますよウフフすてきね。

あ、そういえば太閤立志伝をやってて、木村重成と荒木村重ってコレ連呼するとやばいんじゃないの?くっつくんじゃないの?ってどうでもいいことを考えながらアラ、木村重成アラ、木村重成荒木村重なり とかってアホな考えにたどり着いたところで立志伝におまけができました。
500回セーブすると(?)BGMが視聴できるというものらしいです。でも、アラ 木村重成とか物凄いどうでもいいことにばっかり頭がいってて画面を見てなかったのでほんとに500セーブで貰えるのかわかりません。あほか私。

なにか書きたいことがあったんですが、コロリと忘れてしまいました。忘れっぽいというか、いちばんの原因はこの眠さだ。
免許の更新にめがねが必要なんだってよー めがねまた無くしたよー・・・!!

たくさんの神父やキリシタンに囲まれて死ぬのは幸せだ 

2006年01月06日(金) 17時27分
と、高山重友さんが亡くなる前に仰ったそうです。ノーコメントでいきたいと思います。(うわっ)

車の免許の更新に来いという葉書が来ました。何はなくとも無事故(無違反とはいえない)ドライバーなんでアレですが、実習直前にそんな無駄な講習受けてる場合じゃないっつうの・・・!多分いっぱいいっぱいだよ!
むしろ早急に必要なのは運転免許証のすっぴん野ブタ写真の更新だ。

そうそう、元中日新聞関係者の人が森蘭丸のプロモーションビデオを作ったそうですよ。
なんでも、兼山町(蘭丸出生地)が可児市と合併することにより兼山町の歴史が飲み込まれてしまわないように、だそうです。大きなおせわだ。
どんなものかは見てないんですが、実写だったら物凄く嫌だなあー・・・!

武田の24将は隔日でお伝えします(笑)さすがにこれは忘れらんね・・・!
今日もサイト用に何か書きたいなと思いながらも、依頼されてすっかりウキウキ気分の小説のネタを考える日々です。あれこういうのって日記の一番はじめに書くことじゃないのか。
黒田はねー・・・日々をつっこめばいくらでもネタは出るんですが結局長政くんキンモーで終わってしまうので締めをなんとかして考えないといけないので大変です。何書いても困るのはいつも締め。なんとか工夫しよう。
小西行長ネタを書きたいんですが嬉しいのは私だけだ。あと、うちの竹中・黒田小説全部を早いところごみ入れに入れたくて仕方がありません。竹中先生はもっとまともなんだけれど!

今日の太閤立志伝は特に何もなく。島津領地を怒涛の如く千切りとっていたら、慌てて新納さんや義弘さんが奪い返しにやってきています。海から。(水軍弱い)だけど鹿児島からの長旅でお疲れなのか、やたら弱い。
中国征伐(笑)したら四国を奪おうと思いますー。そんなに戦争がしたかったのか私は・・・
でも太閤立志伝って、家臣のみんなに使命をやらせてもぶっちゃけ金の無駄遣いだし自分でやったほうが効率良くありませんか。なんで畑耕すだけで1万貫も要るんや!3000貫で真面目にやれや!と。
1万貫あって自分でやれば、家臣の結果の3倍は結果を出せるんですよ(ロードしまくってやれば)。もう誰も信用してないみたいじゃないこれじゃ・・・・
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hare-iroha
読者になる
Yapme!一覧
読者になる