ハードロックカフェのハンバーガー

April 11 [Sat], 2009, 20:06
ハードロックカフェのメニューといったらハンバーガーですよね。
本場アメリカのハンバーガーは日本人用のハンバーガーとは肉の味などが違っています。
アメリカといったら肉ですからね。

他にも日本のハンバーガーとアメリカのハンバーガーで何が違うかというと、それはサイズです。
ボリュームが全然違うんですよね。

そんなアメリカのハンバーガーのメニューがあるハードロックカフェです。
しかも、世界共通でレシピが同じなので、
どこのハードロックカフェでハンバーガーを食べても同じ味が楽しめます。
もちろん、肉は混ぜ物がなしでビーフ100%です。

ハードロックカフェのハンバーガーの種類は肉のサイズによって分けることができます。
まずはレギュラーサイズの180gです。
プレーンハンバーガーはスタンダードなハンバーガーになっています。
ハンバーガーの美味しさが一番分かるメニューではないでしょうか。

次にチーズバーガー。チーズの種類を選ぶことができます。
あなたの味覚に合うチーズバーガーを探しましょう。
ベーコンチーズバーガーもチーズが選べます。
しかし、なんといってもカリッと焼かれたベーコンは最高です。

バーベキュー・ベーコンチーズバーガーもとても美味しいです。
バーベキューソースとハンバーガーが最高に合います。

次はビーフ240gです。海外の人はこれが普通かも。
がっつり食べたい人用ですよね。

このサイズになると、どのハンバーガーもチーズをつかってアクセントを出しています。
レジェンダリー・バーガーはビッグバーガーのような存在。
ビッグチーズバーガーは説明の必要が無いですね。

S.O.B.チーズバーガーはスペシャルバーガーです。
何がスペシャルというとチーズとオニオン、ワカモレとメキシコ唐辛子の
コラボレーションが絶妙でビーフにベストマッチしているハンバーガーだからです。

これらのさまざまなハンバーガーがあるハードロックカフェに一度訪れて
本場のハンバーガーを食してみてください。


ハードロックカフェのメニュー その2

April 10 [Fri], 2009, 21:09
ハードロックカフェのサラダは4種類あります。
シーザーサラダとコブサラダ、ハウスサラダとトスカーナ・チキンサラダです。
サラダによってはチキンやエビ、サーモンなどを追加でトッピングできます。

コブサラダの特徴は肉や野菜、タマゴなどの7種類の素材が使用されていて
栄養バランスに気を使っているサラダとなっています。

シーザーサラダはハードロックカフェでも人気のサラダです。
簡単に言うとレタスなどの野菜をチーズであえて、そしてトッピングでチーズを使っているサラダです。

次はパスタです。パスタも食べれるので中々、飽きがこないメニューとなっています。
パスタの種類はパスタ・ボロネーズとツイストマックチキンとチーズです。

パスタ・ボロネーズはミートソースのスパゲティです。ひき肉と野菜の旨みが存分に出ています。
ツイストマックチキンとチーズはチーズ好きにはたまらない一品で3種類のチーズソースが使ってあり、
そのチーズソースに合うパスタが最高です。グリルチキンも美味しいですよ。

他にもサンドイッチやステーキなどもあります。
サンドイッチだとブルド・ポークサンドイッチは外せません。

この商品はハードロックカフェ1号店ができた時からの不動のメニューとなっています。
ハードロックカフェに来たなら1度はブルド・ポークサンドイッチを食べないといけないでしょう。

個人的にはケイジャン・チキンサンドイッチが好きですが。ステーキではチキンやリブアイがあります。
本場アメリカのステーキで美味しいですよ。他にもたくさんのメニューがあります。

デザートやドリンクも豊富です。
本当にたくさんメニューがあるので1度はハードロックカフェで
本場アメリカの料理を食べてみるのも良いと思います。


ハードロックカフェのメニュー その1

April 10 [Fri], 2009, 19:37
ハードロックカフェのメニューはアメリカ料理がメインとなっています。
アメリカ料理といって思い浮かべるとハンバーガーとステーキではないでしょうか。

そんな、アメリカ料理を食べれるハードロックカフェは世界共通のレシピで、
どの国の店舗でも同じメニューが食べることができます。
海外に長期滞在などで食に困った場合はハードロックカフェで楽しいひと時を過ごしながら
アメリカのメニューを食べて気分をリフレッシュするといいでしょう。

中には店舗の何周年などで特別メニュうーを期間限定で提供している店舗もあるそうです。
運良く、その時期にハードロックカフェに行ったら一度は食べてみるのがいいかもしれません。

メニューの中で代表的なものだけ紹介していきます。

前菜でハードロック・ナチョスとスモークド・チキン・ウィングスです。
ハードロック・ナチョスは主がコーンチップで、その上にチーズやビーンズがのっています。
そのままオーブンで焼いて唐辛子やサワークリームがのっている食べ物です。
追加でチキンやビーフなどの肉もトッピングできます。

スモークド・チキン・ウィングスはスモークチキンをピリ辛ソースで和えたものです。
辛さが選べるのがポイントです。野菜にセロリスティックがついてきます。
ブルーチーズにつけて食べても美味しいです。お酒に合うメニューの一品となっています。

他にもオニオン・リングスがあります。お酒と一緒に食べる定番の一品といってもいいでしょう。
ハードロックカフェ特性のバーベキューソースで食べると最高ですよ。


ハードロックカフェの店舗

April 09 [Thu], 2009, 18:46
ハードロックカフェの店舗は世界中に120以上あります。
最近では不況などのせいもあり店が新規にオープンしたり潰れたりといったこともあるようです。
久しぶりに行ったら、その地域にはハードロックカフェがなくなっていたなんていうこともあります。

2009年の日本には8店舗のハードロックカフェがあります。
東京では東京六本木店と上野店、成田店の3店舗があります。
日本でもっとも新しくできたハードロックカフェが成田店です。
海外の人が日本に来るときは成田空港を使うと思います。
その人たちが情報収集などで近くにハードロックカフェがあれば心強いでしょう。
とても良い場所に成田店のハードロックカフェを作ったと思いました。

他にも横浜店があります。中部地方だと名古屋に1店舗だけハードロックカフェが存在しています。
近畿には大阪店とユニバーサル・シティウォーク大阪店の2店舗があります。
九州地方だと福岡店の1店舗となっています。

ハードロックカフェの各々の店舗でメニューなどは、ほぼ一緒なのですが
何周年記念などがあるとオリジナルのメニューを作ったりしています。
ハードロックカフェに行ったら、かならずその店舗のオリジナルグッズを購入していきましょう。

グッズは店舗ごとでオリジナルのものが多く世界中にコレクターが存在しています。
基本、ハードロックカフェのグッズは通販していないので実際に店に行って
オリジナルグッズを購入しないといけないのです。
特にピンバッチは人気があるので、ハードロックカフェに行った際には購入するといいかもしれません。


ハードロックカフェとは

April 07 [Tue], 2009, 20:13
ハードロックカフェとはアメリカ人が作ったハンバーグを主としたレストランです。
ハードロックカフェという名前のとおりカジュアルなお店でチェーン店なので
いろいろなところに店舗があります。

創業者がアメリカ人なのですが最初にアメリカにオープンしたわけではなく
創業者が住んでいたロンドンで1号店が始まりました。
ロンドンであっという間に人気になったハードロックカフェは世界中にお店をだしていくことになります。
現在では世界中でハードロックカフェが120店舗あるそうです。

日本にも主要都市などに合計で8店舗あります。
ハードロックカフェのポイントがお店の雰囲気です。
コンセプトでロックのモチーフとアメリカ南部のダイナーのコラボが
特徴的な内装にしてありアメリカを感じさせてくれます。

メニューもアメリカ料理が食べれます。
メインはなんといってもアメリカンハンバーガーでしょう。
日本にあるハンバーガーとは違いますよ。

他にもミュージシャンの記念品がレストラン内に飾られていたり、
ハードロックカフェでしか買えないグッズもあります。
店舗ごとでも違うのでコレクターの人もいるでしょう。

他にも、ハードロックカフェには観光客や、その国に住んでいる外国人の人が多くいるので
異文化コミュニケーションがとれて勉強になること間違いなしです。
運が良いとアーティストの人にも会えるかもしれませんよ。
いろいろな魅力が詰まっているハードロックカフェに一度は足を運んでみてください。