「お前だけだよ」という魔法。

2004年11月13日(土) 1時27分
ちゃんと騙して頂戴。
もっとしっかり嘲笑ってくれていい。

・・・ああ楽しいっっっ。


それはあたしがあなたをちゃんと見てるからであって、
他の人があなたを気に留めてない訳じゃないんだわ。


下の名で呼ばれて嬉しいのって久しぶりだな、とか
考えてたらにたにたしちゃった。
お蔭でコケそうになった。
・・・シラフなんですけどね。


すれ違う格好になった時にちょっと足下滑ってしまって笑ってたのを
『今日おかしくない?』ってツッコんでやった時のふにゃって顔を
忘れてやりませんから。
罪人には罰なんだから。


『あたしの事なんてどうでもいいんでしょう』って
拗ねてやったんだけど、
『どうでもよくなんてないから』ってそれだけで
さっきまでのアレやら許す。

だってかわいいじゃーん。

てか、
へっっ??

『一緒に行きたい』って言った??

うん、もつろん、いいですよ? あたしは。

てことで、あたしの試験が終わったら映画観に行って来まっす。
んでその数日後に飲みに行く計画もありつつ。



・・・楽しくなってきますた
素直が一番を実感した日ですた。


HAPPY TOY / Chara
  • URL:http://yaplog.jp/hard_to_say/archive/37