ハードディスクやメモリーカードの故障

February 28 [Thu], 2013, 18:02
故障の原因によって、修復は出来る事もあります。
こう考えると、手間暇かけてのバックアップも楽しく出来るのでは有りませんか。
起動していたパソコンから「バチバチッ」という何か焼けるような音がして、HDを確認したところ、基盤のチップが焼けてしまっていてどうやっても修復できないという、泣くに泣けない状態になった人もいます。
間違ってフォーマットしてしまった場合は、FinalData(ファイナルデータ)等のデータ復元ソフトで修復はできますが、ハードディスクそのものが故障し、アクセスもできない状態だと、どうしようもありません。

ハードディスクやメモリーカードの故障によるデータ消失は、たいてい、前触れなく突然におきます。
ずーっと長い間パソコンを使っていると、誰でも1度くらいは経験するはずです。
使っている以上は、誰にでも起こりうる事ですね。

もちろん、そうなっては困るので、バックアップしないといけないとは分かっていても、時間と手間がかかってしまうため、つい億劫になって何もしていないという状態の人が多いのでは?かく言う私も、その1人です・・・パソコンを使っていく上では、「自分には関係ない」ってことはなく、そうならないために、しっかりバックアップは定期的にやっておきましょうね。

http://marathyutlia.com/

ハードディスクは故障するもの

August 06 [Fri], 2010, 15:29
最近、パソコンで家族写真やビデオの編集やメールなど楽しむ人が増えてきました。ハードディスクの故障の前兆として、データの読み込みや書き込みでエラーがでたり、フォルダーが開けない、アプリケーション等のインストールができない。ハードディスクが故障すると特別な技術を持った業者さえハードディスクのデータを完全に修復することは困難です。ハードディスクは、「HDD(Hard DiskDrive)」と呼ばれることもある、代表的なコンピュータ用の補助記憶装置です。

編集した画像・映像、メールアドレスなどがハードディスクに保存されています。ハードディスクのデータを修復するためには、専門の業者のお願いしましょう。ハードディスクをご存知ですか。パソコンの記憶装置として使われています。

突然故障し、思い出の画像や映像などを見ることができなくなります。また、ハードディスクが故障したとき、修復しようとして間違って対処するとハードディスク全てのデータが失われてしまう恐れがあります。ところで、ハードディスクも故障すること、いわゆる保存してあるデータなどが利用できなることがあることをご存知ですか。また、表示が異常に遅く異音がしたり、データの保存が異常に遅いなどの症状などがあります。

ハードディスクが故障する原因として、ハードディスクが高温になる、使用回数が多いや衝撃などなどがあります。ハードディスクの寿命を伸ばす方法はありますが、一番良い方法はバックアップをとることです。思い出の画像や映像メールアドレス、仕事に使う資料などは必ずバックアップをとりましょう。

データ修復の注意

January 11 [Sun], 2009, 15:28
日々進化していくパソコンに対応できるだけ最新の技術はあるか。大切なことなので再度繰り返しますがあなたの脳にもバックアップの「重要さ」を認識させましょう。そうはいっても、殆どの方は、ご自分では出来ませんね。個人情報漏洩に対してのセキュリティーも万全か。参考にあげますと、データ修復する施設や設備はしっかりしているか。

オリジナルそのものも駄目にしてしまう危険があります。などあげてみましたが、高額の修理代や復旧手数料が掛かり、さらに大切なデータの生きるか死ぬかを託すのですから、多くの同業者の中から、信頼のおける業者を慎重に探しましょう。流出の危険を防ぐためのデータ管理は厳重か。とは言っても、自分で見極めるのは難しいと思いますので、実績で選択するのもいいかも知れません。

もし運悪く、HDがクラッシュしてしまった時の事を想定して、データ修復が少しでも可能性があるのであれば、出来るだけのデータを残すために注意するべきことを考えてみましょう。となるとデータ復旧業者を選ぶ際には信頼できる方を探しましょう。可能だった修復も不可能になってしまっては、悔やみきれません。過去の修復作業の参考として、1年間にどれだけの修復作業に成功しているか。

データ修復に関しての技術も確かかどうか。そうしないと、何が起こるか分からないデリケイトなHD、とても危険です。業者に預けたデータの完全消去は実践されているか。壊れたHDの復旧作業をする前に、必ずそのデータを別のシステムにバックアップを取りましょう。

バックアップの大切さ

January 11 [Sun], 2009, 15:27
HDは他のパーツ(部品)に比べとてもデリケイトで壊れやすいのです。しかし、データはきれいさっぱり消滅してしまいます。中でも写真は思い出と共に2度と戻ってきません。HDは、いつ壊れるか分からないパーツだと認め、CD−RやDVD−Rなどの記憶装置にバックアップしておく事が大切だと思います。

お金では買えない情報や資料が、一瞬にして消えてしまうのです。使っているうちにほとんどの方が1度はクラッシュを経験していると思います。まだクラッシュの経験が無い方でも、データ復旧ソフトがある事は、耳にしたことがありますね。これは特別の事ではなく、どこかで日常茶飯事に起っている事なのです。

HDの故障は修理できませんので、消耗品なのだと言う事を常に忘れず、バックアップを取っておきましょう。しかし、このソフトで復旧させることは可能ですが、HD本体が壊れてしまえば、どんな優秀なデータ復旧ソフトでもHDの方で認識出来ず、使う事が出来ません。こう考えると、手間暇かけてのバックアップも楽しく出来るのでは有りませんか。

軽く済めば対処の方法も有るのですが、最悪HDの保存データは消え去ってしまいます。特に初心者は、HDの故障だと解らず、修理に出せば怪我も治って元気に帰還するだろうと思いがちですが、HDの交換は簡単ですし、PCも元に戻ります。明日にでも自分の身に起こる可能性が大きいクラッシュ、即CD−RやDVD−Rなどの記憶装置にバックアップを実行しましょう。

HD(ハードディスク)がクラッシュしたらどうする

January 11 [Sun], 2009, 15:26
「HD(ハードディスク)がクラッシュしたらどうする」

あなたは、PCを使用していて驚かされたことは有りませんか。バックアップを取っておく大事さを、事が起きてからでは手遅れです。HDの完全破壊の場合は、CドライブとDドライブに分けて入れていたとしても防げません。HDの起動が、極端に遅くなったり、データの書き込み中にフリーズしてしまったり、保存に失敗が多くなったりが頻繁に起こる様になったなど。私の例ですと、PCの前からちょっと席を外してお茶でものんびり飲みながら一休みしていると、突然”ピーピーピー”とけたたましい音が鳴り響き、思わず窓を開け外で何か起こったかと・・・。

とんでもないすぐ脇の私の大事なPCではないか。これぐらいなら、まだ余裕ですが、HDがクラッシュした時の事を考えたことはありますか。破損してしまう恐怖から解放される為にも今すぐにでもバックアップを取りましょう。あの恐ろしさは2度と味わいたくないです。

初めて遭遇した時は、冷汗がでました。この状態が続いた時点で、何とか対処すれば、HDの完全破壊でデータの復旧が不可能になることもなかったはずです。突然画面が黒くなり白い”ERROR”の文字が浮かび上がり・・HDが壊れたのです。有る時突然にやってくると思われがちですが、前兆があるようですね。

HDの破損によって、ソフトウェアなどは、手間は掛かるものの再インストールで防げますが、何年も蓄積してこられた資料や作成したファイルが、完全消滅した時の被害は、想像を絶すると思います。

解ってしまうと何のことはない、電源を入れっぱなしにしていた為、電磁波がたまったのだとアドバイスを頂き、PCの電源を切った後、線を抜き、しばらくしてまた入れて起動させると、無事静か~に立ち上がりました。
そんな時、再起動すれば元に戻るのだと安心しがちですが、これが前兆と言うか予兆の場合が多いです。もし、運よくDOS画面が立ち上がるようでしたら、部分的に動かす事が出来ると思うので、DOSコマンドを使用して他の媒体へ保存が可能になるかもしれません。

ハードディスクが修復不能?

January 11 [Sun], 2009, 15:25
ハードディスクは構造上、耐久性にも問題があり、使用年数や振動・衝撃によってクラッシュの起こりやすい消耗品です。
一般的にはハードディスクの寿命は約5年、時間にして2万時間だと言われています。ですから、今がチャンスです。クラッシュってあることを。私はのんきにもそのようなことをぜんぜんしませんでした。私の二の舞になることはありません。

コンピュータを立ち上げようとしても電源は入るものの画面がまったく変わらない、真っ暗のままでした。ハードディスクがクラッシュしてしまったのです!
私にも、私のコンピュータにも、起こってしまったのです。「ガ~ン、真っ暗。」、だからしっかりとバックアップを取っておいたほうがいいことも。
ですが、突然前触れなしに起こることもあります。また、クラッシュしてしまったなら修復・修理しなければいけません。

「後悔先に立たず」・・・まったくその通りです。自分にだけは、自分のコンピュータにだけはそんなことは起こらないだろう・・・そのように思っていました。あなたが今、このサイトをご覧になり、この記事を読んでおられるということはまだあなたのコンピュータは、そのハードディスクはクラッシュしていないということです。バックアップを取り、クラッシュに備えましょう。でも、後の祭りです。クラッシュの前には変な音が聞こえてくることもあります。私のがそうでした。

機会を逃してはいけません。修復サービスを提供する会社がありますから、コンピュータが動かなくなって調べられなくなる前に、検索し、メモに連絡先を残しておきましょう。しかし、新品でも起こりえます。気づいた時はすでに時遅しです。そう以前から聞いていました。

ハードディスクがクラッシュ

January 11 [Sun], 2009, 15:23
ハードディスクがクラッシュしてしまう前になんとなく前兆は見られるものなのでしょうか?HDの起動が遅くなったり、HDに書き込みをしようとしてもなかなかうまくできなかったり・・・。こんなことは心当たりありませんか?このように、HDの状態がいつもと違うと感じたらデータ復旧の専門業者に見てもらうか、自分でバックアップをとっておくなどの対処を早めにとるようにしましょう。HDのクラッシュ対策は普段からしっかりとっておきましょう。

私の知り合いもHDが修復不可能となってしまい、今まで撮り溜めた大切な想い出の写真などのデータがなくなってしまったという悲劇に遭っています。普段からバックアップをとる行為をしていればこんな目に遭わなかったのでしょうが・・・。

とにかく、HDがクラッシュしてもソフトなどは再インストールをすることで解決できますが、データが消えると二度と戻らないものが多いので被害はとても大きなものとなります。ハードディスクがクラッシュしてしまう・・・。

ハードディスクが完全に修復不能になってしまうと、大切なデータが全ておじゃんになってしまいます。考えるだけで恐ろしい事態です。

P R