ブログを再開しました。 

June 16 [Thu], 2016, 18:26
4年前に中断して、放置していたかわいそうなこのブログですが、

けなげにも残っていて、時々自分で見てなつかしがっていました。

最近暇になってきたので、
ゆくゆくはホームページを立ち上げたいところですが、とりあえず古巣のこのブログを復活させることにしました。

4年も経つと、色々なことがありました。

1.このたび、5月末をもちまして長年お勤めした会社を退職いたしました。年齢制限ですね。

2.ほぼ自分用に、気ままドライブが出来るRVの軽自動車、「ハスラー」を買いました。
  家計は奥さんにまかせているので買ってもらったというのが実感で、
  長年の勤続に対する感謝の気持ちであると勝手に解釈しています。





ボイトレで腰痛 

May 15 [Tue], 2012, 21:47
どうも私のカラオケは、声がよく響いてないのではないかと、
Youtubeでボイストレーニングの教室を調べているうちにこんなサイトを見つけて、
やって見たところ、翌朝歩けない程の腰痛に襲われて、会社を早退する羽目になりました。
上半身を柔軟にして骨に共鳴させるという原理だそうで、力を抜いて無茶苦茶ガイコツバリバラダンスを
やったのがいけなかった。
自分の背筋が衰えていることを忘れていました。この先生のせいではありません。

声を響かせる体操

SAXを始めました 

May 12 [Sat], 2012, 12:47

昨年末、
突然テナーサックスを練習し始めました。

長男が数年前にせがんだので買ってやった中古で7万円のもの。元は15万とか。
本人はあっという間に飽きてほったらかされていて、
また新しいエレキギターを買いたいというのでその一助ということで、3万円で下取りしてやったのです。
昔の学生は5千円のギターで練習していて満足していましたが、時代が変わったというか、
まあ夢を見ていられるのは今のうちだけだと不憫でならないので甘くなってしまいます。

スタンドを買ってやっと安心して扱えるようになりました。
一週間に二日程吹いておりますが、これくらいのペースが適当で
少しずつですが進歩しているのではないかと。

意外に音を出すのは簡単。しかしいい音を出すのが難しい。
リードがガタガタになっていたので変えたところ、マシな音になりました。   

当初ハ長調の童謡が限界でしたが、リコーダーと運指が殆ど同じなのが便利です。
小学校の帰り道に笛を吹いて帰った昔の子供にはとても入りやすい。
クラシックから歌謡曲まで、単音楽器はすぐに楽しめていいです。

オクターブ上とか半音になると、リコーダーではお手上げでしたが、これが各種のボタンで楽に出て便利。
大人のサックス、ちょっといやらしい響きが有りますが、なかなか楽しいです。

できることなら無駄に重たいテナーサックスでなく、アルトサックスが良かったと悔やまれます。




作詞に挑戦 

May 12 [Sat], 2012, 12:41
作詞家というのは、曲がヒットするとかなり儲かるものらしい。

お手軽な所で、替え歌から始めてみましょう。
松任谷由美「卒業写真」に三番を増やしてみました
元の歌詞の意図を変えない。歌いやすさを保つ。なかなか難しいです。
語呂を合わせるのがなかなか技を要するのです。

---------

街の人が怖い。変な人が増えた。
見る見る変態増えて行く、激写が元祖かしら。

あの頃の生き方を、貴方は忘れないで、
あなたは私の青春そのもの

街角に立たずんで、客を引く私を、
あなたは時々、遠くで叱って

ドナドナ 

May 12 [Sat], 2012, 8:26

のどかな牧場の朝である。
子牛達は元気に走り回り、母牛にまとわりつく。
良く整備された牧草地で自由に草を食む。
朝から晩まで広い牧場でストレス無い生活。
母親の愛情を感じ、友達もいて、いつもお腹いっぱい。
遠くに山が見える。
あの山の向こうには何があるのかなどと子牛は考えない。

ある日突然お迎えが来る。
何処かへ連れて行かれる。
荷馬車がごとごと子牛を乗せて行く。もしも翼があったならば、、、、
最後の瞬間に、子牛は世界の構造を知る。
あの幸せな日々は作りものであった。
あの農場主の優しさはまやかしであった。

わかんねえだろうな

こう考えると、我々日本の団塊後の世代の脳天気な今までの人生は世界史でも稀なほどお気楽だったのではないか。楽しい、何も疑わない子牛と同じであった。
戦争を経験しないですんだし、お肉を腹一杯食べられたわけではないが飢える事はなかった。
兵隊にとられなかったし、思想で捕まる事もなかった。
歌を歌い、お笑いを楽しみ、楽しい事だけ考えていた。
東洋人がこんなに長く豊かで平和でいられた事が今まであっただろうか。
今病気か何かで普通に死ぬ人は、ついに世界の残酷な構造を知らず、希望を持ったまま死ねる、とんでもなく幸せなのかもしれない。

陰謀がないのならそれに越した事はない。
陰謀が有ると知ってしまった私は不幸だ。知らない方が幸せだった。

私の予想では10年以内ぐらいに世界戦争が起こる。下手をすれば今年。
東洋の、日本の繁栄は、今まで草花のように育てられて来たに過ぎない。
これから白人の狩猟民族によって刈り取られる様に大量に殺されるか奴隷にされるのではないか。
(既に刈りとられつつある。)
グローバルに統合された未来社会は、超管理社会で、家畜人ヤプーの世界では無いのだろうか。
家畜人ヤプーという小説も、1984というジョージオーウェルの小説もこれを予想していました。

『メルトダウンする世界経済』(ベンジャミン・フルフォード) 

December 09 [Fri], 2011, 7:33
一見すると経済とか投資の本と思われますが、この本には驚くべき事が書いてあります。

ある程度は事実。
いわゆる陰謀論が立派な出版物として出た珍しい例です。
311は人災だったとはよく言われますが、人工だったという説が初めて活字になりました。
わけの分からない最近の世の中を理解するための仮説として役に立ちます。
作者の解釈で世の中を見るとハタと膝を打つように分かり、もやもやが解消されます。
あなたが社長だとか管理職なら、この本の内容は発言せず胸に納めて知識として今後の生活に役立てましょう。
(口に出すとドン引きされます)
私もこの本の内容は注意深く扱います。90%しか信用してません。

小沢一郎さんが陰謀派かどうかは、分かりにくいがこの本の結論には賛成出来ません。
(ネットのコメントでも同様の意見あり)
それ以外は同意出来ます。

問題は同意できるかではなくて、内容が事実なのかどうかなのです。

これが、事実であれば、放射能は全然心配要らないし、日本人はやはり優秀で本当は世界一金持ちです。
結果的に夢と希望が持てるという不思議な本。
この本を一割の国民が見たら日本は良くなりますねきっと。

でも意外に、ネットをよく見ていて新聞テレビを信用出来ない人は既に同様な意見、ブログに共感している気がします。
いまや副島隆彦氏は先生。リチャードコシミズ氏は偉人です。

あまり書くと私のブログがドン引きされてしまうかもしれません。

このブログの更新が滞っている時、私はあちらの世界に行っています。
時々は戻って来て、おちゃらけを書くかもしれません。
皆さん一旦さようなら。

新聞やめました 

November 30 [Wed], 2011, 21:31
この頃新聞見ないよねと夫婦で話をしていてだいぶ経っていましたが、
このたびついにやめました。

新聞はつまらない、テレビもつまらない。
娯楽やお笑いが好きだったのに、お笑い番組はほとんどなくなったし、手抜き番組ばかり。

特に震災後のマスコミは全く信用出来ない 。
震災報道にしても、政治の報道にしても、TPPの話とか、情報が支離滅裂。
ニュースをつなぎ合わせてもなにも分からない。これは意図的に撹乱されていると見た。
日本国民のマスコミ離れは加速している。なにしろテレビ大好きだった私が離れようとしているのだから。

私は何が不満か 

October 09 [Sun], 2011, 17:31
と、政治に関する不満を述べて見たが、
まだ会社に務められて、安定した生活が出来ているのに何を贅沢言っているのかと叱られそうである。

確かに。

しかし、二人の息子を抱え、一人は何とか大学生だが一人は浪人中。
どちらも就職に苦労するタイプ。
景気の良い時なら起業でもするかと気休めを言うところですが、見通しが暗いです。

という事を総合すると、今は中流だと思っていますが、うちは近いうちに下流に転落しそうです。
退職後の悠々自適は夢のまた夢、親父の年金だけが収入なんて事にならないか。

ここで、
何か、大発明をしてみたいですね。
本人が意識不明になっても、最低限の生命維持装置で、月5000円ぐらいで息だけして年金がもらえる装置とか。そっち方面ですか。
世の中の悪さを逆に富に変える。この辺しか思い当たりません。




政治を考えると気が滅入る 

October 09 [Sun], 2011, 17:08


政治のニュースを聞くと最近気が滅入るというのが、最近のほとんどの日本人では無いか。と自分の事をいきなり全員の合意にしてしまう今日この頃。

二年前の政権交代はなんだったのだろうか。
あの時、やっと日本にも市民革命が起こった。これから真の国民のための政治が始まると希望が広がった。
それが、政治と金、普天間の問題、参院選挙で民主党惨敗、そして震災とその後の不始末。それに加えて世界恐慌の噂。
野田内閣になって、官僚の言いなりになって増税して良い事は無さそうだ。
若者に失業が広がり、2ちゃんねるにはネット右翼が蔓延し、憎いのは韓国と中国という気分。

やはり、民主党ではダメだったのか?  組合あがりの学歴もなさそうな人たちは、東大から高級官僚を経験した人たちにはかなわないのか?
それでは鳩山由紀夫はどうだったのか?
いやいや、自民党の人は官僚を使いこなす技量が長けていた。
いっそ自民党に戻ったほうがマシだ。

というあたりが一般的な見方だろう。

しかし、どうもしっくり来ないのである。
あの政権交代の熱気は本物だった。
それが何時の間にかこうなってしまったのはなぜだろうか?

一番怪しいのがマスコミである。
政権交代直後から、政治と金で小沢一郎たたきを朝から晩までやり、八ツ場ダムで、今まで数十年こじれていた問題をどうするどうすると攻撃した。
普天間もしかり。

それ以前に怪しいのが検察である。
今から考えれば、政権交代を妨害したとしか説明出来ない。


私はこう考える。
確かに政権交代の機運は本物だった。
それが何者かに巧妙に壊されたのである。
どのように壊されたかを厳密に検証する必要がある。
そして、次回はもっとうまくやる必要がある。

政権交代は一度成功した。
しかし、
ー記者クラブを廃止できなかった
ー予算案を作る過程で、財務省の言いなりになってしまった
ー小沢一郎を外さざるを得なかった

というあたりで敗北したと思われる。
今や、官僚の言うなりになった民主党政権は、もう壊れたほうがいいかもしれないが、やはり自民党が良かったと言う事にはしたくない。

自民公明時代が良かった、政権が安定していたと思われるのは、今以上に官僚の言いなりだったからである。

民主党が壊れてもいいが、壊れ際に、すべての内幕を暴くとか、
既存マスコミでない、第二マスコミを作るとか、
次の革命につながる壊れ方をしてほしい。
(その前に日本が壊れたりして。)

ローテク3Dの郷愁 

September 04 [Sun], 2011, 23:06





iPadから送信してみました。
使ったソフトはimageMail

カメラの画像をリサイズして送れるのが便利。
文字を入れるなどの加工も可能。
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像K
» 還暦になってしまった (2011年07月09日)
アイコン画像新井
» 謎のカラオケ主婦「かずよっち」 (2011年04月13日)
アイコン画像かずよっち
» 謎のカラオケ主婦「かずよっち」 (2011年04月11日)
アイコン画像新井
» 謎のカラオケ主婦「かずよっち」 (2011年04月09日)
アイコン画像かずよっち
» 謎のカラオケ主婦「かずよっち」 (2011年04月09日)
アイコン画像
» ブログのおまけ (2010年10月02日)
アイコン画像kawami
» iPadが来た (2010年07月10日)
アイコン画像もうすぐいちねんせい。
» クロスガーデン前橋 (2010年04月13日)
アイコン画像なりあがりたがり
» 七宝の風景(つづき) (2010年03月02日)
アイコン画像大沢二郎
» 日刊ゲンダイはえらい (2010年02月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:harax5
読者になる
Yapme!一覧
読者になる