がんりゅう 

2006年05月21日(日) 9時01分
個人的に「合わない店」とはこういう店のことを差す。ふざけるな!

某誌のコメントを真に受け、数ある店の中から選んだ今日のこの一店。

客が一人しか入っていないところが少し気になった。
入店してから「いらっしゃいませ」と言われるまでに時間がかかったことも気になった。

ライスの中にネギが入っていたことが、かなり嫌だった。

味が普通過ぎた。というか、本気さを感じられなかった。

食べてる途中(もう少しで食べ終わる頃)に、先に会計をせよ、と言われた。

二度と行くか、客をなめるな!!!肥後橋の店だ、すきやの隣だ。

本黒門らーめん総本店 

2006年03月12日(日) 19時07分
ラーメンと焼き飯セット ¥950(ぐらい)

こんな焼き飯が食べたかったんだ。何が違うのかさっぱり分からないが、こんな焼き飯が食べたかったのだ。

とんこつラーメンは、どうだろう、普通に美味しいな、としか思わなかった。やはり醤油にするべきであったか。

まいど商店 

2006年03月03日(金) 23時35分
不意にやって来た、今宵ラーメンを食するチャンス。以前から気になっていた店に行くことにした。

長堀通り沿いにある店。カウンター15席ぐらい。暖房をつけていないのか、とても寒い。
おしぼり、お冷はセルフサービス。

メニューは大きく分けると、こってりとんこつ醤油系、あっさり魚介系の2種類。
迷わずこってり太麺¥600とライス小¥150をオーダー。太麺のせいか5分ぐらいは待った気がする。
その間メニューを眺めていた。そうか、麺の量は他店の3割から5割増しか。いいぞ。

だしが決めてと書いてあっただけあって、とても美味しい。だが、少し塩辛いかな。
麺は太いとはいえ、住吉には及ばない。具は脂身の多いチャーシュウと大きな焼き海苔2枚と、
フニャフニャのメンマ。あとは忘れた。

好みで、しょうが、にんにく、唐辛子、などを足すことができる。にんにくと唐辛子を加えてみたが、これはどうも失敗。何も足さないほうが良かった気がする。

また行ってみたい。完食。75点。

麺屋 

2006年03月02日(木) 13時28分
家の近所に新しく出来た店。好奇心で吸い込まれていった。

カウンター約10席と、2階にも席があるようだ。21時頃だったが、カウンターはほぼ満席。

ラーメン¥540、ライス¥200をオーダー。ライス¥200って高くないか?

上品なとんこつラーメンという感じ。具はもやしとチャーシュウと、珍しくにんにくの芽。
麺はまるでソーメンのように細い。うん、悪くないぞ。主人の真面目な性格が伝わってくるような
真面目なラーメン。
でも、わくわくするものが少ない。のれんをくぐった時のドキドキ感が食べている途中で消えていった。

完食。68点。

無鉄砲 

2006年03月01日(水) 0時49分
友人から話を聞いていた店。好みの味かどうかは別として、とにかく一度行かなくてはいけないと思い、駆けつけたのであった。場所は南海・今宮戎駅の近く。

食券制だったので、どれにしようかと思いながらお金を販売機に入れようと思っていたら、何故か¥1000が機会に入り済みだった。誰か知らないが間抜けな奴もいるもんだ、ごちそうさまです。

とんこつ、しょうゆ、wスープの3パターンの中からとんこつをチョイス。カウンターに座り、食券を店員に渡す時に「こってり、ねぎ多め、麺の固さは普通」と言っておいた。

いやあ、これはすんごいわ。こってりなんてもんじゃない。豚のお腹の脂肪をそのまんま持ってきたような感じ。麺にスープが絡みまくる。毒みたいなスープだ。替え玉を一度だけオーダー。
体がおかしくなりそうだったので、スープを飲み干すのは止めておいた。

店を出てから胸がむかついてきたが、またチャレンジしたい店だ。
70点

にんにくラーメン はなみち 

2006年02月18日(土) 19時51分
 とにかくラーメンが食べたかった。ラーメンに飢えていた。前から行きたかった、我孫子前駅近くのこの店に行ってみる事にした。

 カウンター11〜12席のみのこじんまりとした店。ちょうど昼時だったせいか、ほぼ満席。良い予感。
味噌ラーメン、ライスセット ¥850

 スープがめちゃくちゃうまい。これぞ求めていた味噌ラーメンのスープだ。(でも少し塩辛く、あとで喉が渇いた。)麺はのびているような柔らかい感じ。惜しい。
具はとても美味しいトロリとしたチャーシュウ、もやし、白ゴマ。
にんにくラーメンと謳っているが、その量を指定(ゼロから)できるところも気に入った。

完食。89点。


 
 

(仮)ダイヤモンドシティー 

2006年01月02日(月) 11時13分
堺・北花田のショッピングモール「ダイヤモンドシティー」
沢山のレストランがあるので、自分が今一番食べたいものを容易に選ぶことができる。

その日あまり時間に余裕がなかった僕は、スナックコーナーで手軽に食事することにした。
スナックコーナーとはいえ、魅力的な店が充実していてかなり目移りしてしまう。

新メニューにつきお試し価格実施中というポップが目についた。これだ。
和風ラーメン屋(店名は忘れた)の新メニュー「塩豚そば」¥390。

少し白っぽい半透明な豚骨スープは豚骨臭をかなりアピールしている。
油が表面に玉になって浮いていて、スープがいつまでも冷めない。
具はかなりシンプルで、茹で豚と白ネギだけだったと記憶している。
塩味が強めなので、ご飯と共に食べるとより美味しさを味わえるのではないか。
最後まで夢中で食らい付いた。

店の主人曰く、当分はこの価格でやるのだと言う。
僕は「美味しかったです。」の一言を残し、その場を去った。

95点



ふくちゃんラーメン 

2005年12月31日(土) 23時20分
大晦日という事で年越しそばならぬ、年越しラーメン。車で目的の店へ向かうが、開いていない。諦めて家へ帰ろうとしたところに、このふくちゃんラーメンがあった。少し迷ったが、それなりにお客さんもいたので入店。

ピリ辛にらだれラーメンを注文。待つ間にサービスのキムチを食らう。旨いじゃないか。
連れは味噌ラーメンを注文。噐の端に米粒がひと粒付いていた。ちょっとむかついた。

特徴はないが、あっさりした豚骨スープがまずまず旨い。しつこくない焼豚がうれしい。

72点

一刻屋 

2005年12月30日(金) 23時06分
名古屋のラーメン屋。偶然通りがかった店で、勝手に運命的な出会いの予感がしたので、入店。「でらうまい」と書いてあったし。

濃味味噌ラーメンとライスを注文。

先にライスを持ってきた。どんどんライスが冷めて行く。少し嫌な予感。

肝心の味噌ラーメンは、名古屋風なのか少し甘かった。
あとは特に印象なし。

70点

六五六  

2005年12月28日(水) 22時24分
堺のちゃんぽん屋。一見つぶれてる店っぽいし、中も汚い。営業時間も短いし、開いているはずの日に
開いていない事もある。僕の知り合いは店の親父に「帰ってくれ」と言われた。理由はよくわからないが。メニューも置いてない。偶然通りがかって「よし、ここに入ろう。」と思う人はまずいないだろう。

ボロカス書いてますが、この店を死ぬ程愛しています。これからも通い続けます。

メニューは「ちゃんぽん」だけ。(常連の為の「あっさり味」や「チャーシュー入り」もあるようだが。)店に入れば親父が「おお。」と言って、作り始めてくれる。
値段は¥900。食べ終わる頃にカウンターの上におつり用の100円玉がそっと置かれる。

味は最高。麺が見えないぐらいの野菜の量、そして致死量を超えたコショウの量が魅力だ。

100点
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:harahettana
読者になる
Yapme!一覧
読者になる