ドットの粒々感を軽減するアルゴリズムを簡単に比較できる「Depixelizing Pixel Art」

February 28 [Fri], 2014, 0:20



フルHDの4倍の解像度をもつ4K解像度がいよいよ本格的に普及しそうな勢いですが、あまりにも解像度が高すぎることで、アプリケーションによっては文字が小さすぎて読めなくなるなどの弊害も現れ始めています。このような高解像度ゆえに生じる問題として、キャラクターデザインの「ドット感」があり、なつかしのキャラクターを高解像度ディスプレイに拡大表示させると輪郭がガクガクでとても見ていられないという状態になってしまいます。そんなドット感満載のガクガクした輪郭を滑らかに修正させるアルゴリズムを使ってキャラクターを簡単に加工・比較できるのが「Depixelizing Pixel Art」です。

Depixelizing Pixel…

続きを読む...

http://dugamania.blog.jp/
source:
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/har16pbk/index1_0.rdf