Final Journey 

2006年12月24日(日) 18時47分
2005年1月27日に始まったオーストラリア大学院留学の旅。
今日、日本へ帰国し、終了します。


今朝、シンセン(中国)のKATE家から香港の家に帰宅。

朝、早めにKATE家を出たのに、シンセン−香港の国境は
既に人、人、人でごった返しててた。

入国手続きでメチャ時間をくってしまい、予定より30分遅れて帰宅。
慌しく出発の準備を終らして、いざ空港へ。


台湾経由で、とうとう日本 へのラスト・フライト。

留学中、バド の遠征や仕事 の関係で3回帰国したけど、
今回の帰国 は今までとはチョット違う心境。

2年間、とにかく無我夢中で勉強と仕事をしてきて、全てにおいて
予想をはるかに上回る成果を出せた達成感でメチャ晴々してる。

この心境で帰国できることがスゴク嬉しい。




台北の蒋介石空港。

以前、ココを経由して香港へ行った時、機内清掃のためターミナルで
1時間待つことに。1時間も座ってられないので、ターミナル内を散歩に
出かけたアチは腕時計 をしてなかった・・・。

1時間後、ターミナル内に響くアナウンスと、トランシーバーを持って
駆け回ってるキャセイパシフェィック航空の地上スタッフを横目に
カフェでノンビリ。 この騒動が自分を探してるモノとはしらず。

離陸時間、5分遅らせてしまった・・・。 ゴメンナサイ

ということで、今回は良い子に1時間座って待ってました。(笑)




日本へ向う上空。

2年間の思い出がスゴイ勢いで頭の中を駆け巡る。

留学当初、オージー英語とブリティッシュ英語が聞き取れなくって
フラット・メートと会話が成り立たんかったこと。(笑)

今じゃ、反対にオージー&ブリティッシュ英語を聞くと落ち着く。


スポーツ大会においてのボランティア運営の勉強に没頭したこと。
ボランティア運営のセオリーだけじゃなく、プラクティカルな面も学ぶ
のにスポーツ機関でAHOみたいに働いてた日々。

その努力の結果、アメリカで働くチャンスを得たこと。


バドミントンのラケットさえあれば心強かったぁ。

ブリスベンで初めて出来た友達もバド繋がり。
どこへ行っても、ラケットがあれば友達作りに苦労はなしっ。

おまけに、州チームで全豪大会に出場したり、オージーチームの
一員として日本への遠征にも行けたし。


とにかく、2年間あっという間に過ぎてしまった。

修士論文終る直前は、しんどくて、しんどくってもうイヤァ〜状態
やったけど、ホンマにホンマにエガオとワライの耐えない2年やったぁ。




関空到着。

ということで、帰ってきちゃいました。

これからどうするか

今は、とにかく何も考えないで家族と
ゆ〜〜〜っくりした時間を過ごしたい。

その後の事は、ボチボチ考えよっと。(笑)


この2年間で、スポーツが人の為、社会の為、世界の為に持つ
パワーというモノを目の当たりにし、スポーツの無限を知りました。

アチ自身も、その中で何が出来るかという疑問に対し、答えが複数
出せるようにまで成長できたと実感してます。

その中で、Passion & Motivation を持ち続け、如何に
自分らしさを出しながら仕事&生活をしていけるか・・・

この答えが出せた時、アチは新たに動き始めるやろね。

それまでは、チョットの間 Brain Storming の時間をエンジョイしよっ。


2年間、このブログを通して多くの出会いがあり、
たくさん嬉しいメッセージを頂きました。

長い間、一緒に旅をしてもらいありがとうございましたぁ〜

今後は、Mixi で会いましょ〜。(笑)


最後に、この Journey を最初から最後まで一緒に一歩づつ歩み、
常にサポートをしてくれた家族友達に大、大、大、大感謝


Muchas Gracias


Last Message:



UQ は、世界中からホンマに色々な人が勉強に来てました。

ホンマに多くの素晴らしい出会いがあり、エガオ&ワライに
包まれた "Happy Trail" の日々やったぁ〜。



2年間でメチャ感じたのは、エガオ、ワライ&スポーツには
『言葉の壁』『国境の壁』なんて存在せぇへ〜ん。

EL FIN

Hong Kong Day 7 - Badminton with Kate 

2006年12月23日(土) 18時02分
香港滞在最終日。
明日、いよいよ日本 へ向けて出発。

で、最終日の今日、香港から電車で45分で行ける、
中国本土のシンセンへ家族でGO。

何でシンセンに行くかはココ → here を見てね〜。

リンクの記事の最後に書かれてる以下の文章:

『次回は KATE の通ってるバドミントン・クラブへ行って
また一緒にプレーする約束をして別れました。』

↑これを実現するために行ってきました

KATE は UQ でバドミントンしてた時の仲間。

一緒に組んで試合に出たこともあるし、同じチームでプレーした
仲間。 やっぱ機会があればまた一緒にバドしたいって思って
たから、この機会を逃すわけないないよねっ。


というわけで、朝から家族でシンセンへ向うことに。

で、何で KATE とバドするのに家族も着いてくるかと言うと (笑)
実は、アチ父の中国語の教師を KATE が数ヶ月前からやってる
んよね。なんで、アチ父と KATE も友達。(笑)

ってことで、お昼に両家で食事をすることにっ。



言語の壁も吹き飛ぶように両家の親同士直ぐに意気投合。
アチ父&KATE父 は後日、一緒にゴルフをする約束までしてた。(笑)


食事の後、両親と別れアチは KATE とシンセンの街へ繰り出し
バドの時間までブラブラするはずだったのに、また地獄が・・・。

ハイ。今日も記録を更新してしまいました・・・。

4日前(12月19日)の記事でも書いた様に、マカオで食事した後に
記録を更新してしまったけど、それからたった4日・・・。

またまた更新。ホンマ最悪っ。 ナゼ?

夜のバドまで待たずに香港へ帰ろうかと思ったけど、せっかく
KATE とバドできる機会を見逃すのは・・・。

バドまでの5時間。
KATE 宅で薬を飲んで、寝かしてもらい、何とか復活っ (笑)

とは言いつつも、やっぱあまり気分良くない。
でも、せっかくなのでKATE のバドミントン・クラブへGO。



普通の6階建てのビルの6階が球技場。
バドミントンと卓球は読めるけど、もう1つは何の競技やろ




天井はチョット低めだけど、10面のキレイなコートがあって
ほぼ満員。 さすが中国って感じやね。(笑)




1年半ぶり KATE と一緒にバドできてサイコ〜
でも、やっぱ本来の調子できたかったぁ・・・。

KATE と組んでダブルス2試合させてもらったけど、結果は完敗。
見事に中国バドの返り討ちにあってしまった。(笑)

次回は、好調の時にゼヒゼヒ来たいなぁ〜


やっぱ、スポーツの力ってスゴイなぁ〜 って再認識した1日やった。
日本、オーストラリア、アメリカ、中国とでバドしてみたけど、やっぱ
一緒にプレーさいしたら直ぐに打ち解けれる。

こーゆうのがあるからスポーツってヤメラレへんねんねぇ〜。


おまけ写真:KATE 宅の玄関



メチャメチャ厳重なロック。20センチぐらいのドアが2重になってた。
赤い、何か開運の飾り物がキレイやった〜。

最後に、体調崩してもた時メチャ面倒見てくれたり、バドにも連れて
行ってくれたりで、今日1日メチャ頑張ってくれたKATEに大感謝

Hong Kong Day 5 - University of Hong Kong 

2006年12月21日(木) 23時03分
今日は、香港大学で懐かしい顔ぶれとの再会をしてきました。

香港大学 Institute of Human Performance の教員、Michelle と
法学 + 政治学のダブル・メジャーをしてる大学生、 Pretty。


With Michelle and Pretty @ University of Hong Kong

2人との出会いは今年の1月に University of Queensland で
開催された Australian Scholar-Athlete Games で。

ASAG には香港大学から12名のアスリートが参加。

ミッシェルはスーパーバイザーとして、そしてプリティーは水泳の
選手として参加してました

この大会でアチはボランティア・マネジメントの仕事をしてたんよね。

で、香港大学からの参加者12名はホンマに素敵な学生さん & 教員さん
達で、ASAG の思い出の中でもメチャ印象に残ってる参加者達。


ASAG 後、アチは今年の6月にアメリカで開催された
World Scholar-Athlete Games のスタッフとして働くため渡米。

WSAG へは、香港大学から2名のアスリート & 1名のボランティアが
参加してくれました。 3人共 ASAG に参加してた学生。


WSAG では、個人的にいくつか特別な思い出がある参加者が
いるんだけど、 Ivy & Pretty もその内の2人。

WSAG で Ivy & Pretty と再会した時。 


香港大学のシャツを貰ったので、即行着て記念撮影。

特別な思い出がある参加者は殆ど USビザ を巡ってアメリカ大使館と
バトルを繰り返した子達なんだけど、この2人はチョット違うんよね。

必要資料の申請 も終わり、着々と渡米へ向けて2人の準備を
進めている時に浮上したのが資金問題。

香港大学からの奨学金では、全てのコストがカバー出来ないと
相談を受けたのが5月下旬。

ASAG に参加していた彼女達が WSAG に参加することは2人に
とってメチャ プラスな経験にはなるのは勿論。BUT、それ以上に
ASAG を経験してる2人の参加は、他の参加者にとってもプラスな
存在になると思ってたアチは、どうしても2人の参加を実現したかった

大会まで1ヶ月。 あまり時間はなかったけど、とにかく2人を
スポンサーしてくれそうな航空会社等へのネゴシエーション開始。

これが思うように進まず・・・。 でも、ビザの取得や、他の手続きも
進めないとドンドン日は過ぎていく。

何とか香港から LA までのフライトは確保出来たけど、それ以降は
全くダメ。 LA 以降のフライトを確保できずに2人の渡米の日が来て
しまった・・・。

無事アメリカ入りした2人は数日間 LA 見学。 その間、
とにかく最後までスポンサー探しに没頭

そして最後の最後でスポンサーGET Woo hoo

即行 LA で待ってた2人に連絡をして航空券 GET。

無事に大会入りした2人がアチを探して会いに来てくれた時は
ホンマに、ホンマに嬉しかったぁ〜


とまぁ、こんな出来事があった為、香港大学の関係者とは
とっても仲良しにっ。 この繋がり、いつまでも大切にしよ〜


おまけ話: ドーハ・アジア大会

先日開催されたアジア大会。香港が獲得したメダルは5つ。
内4つを香港大学の在校生 + 卒業生がフェンシングとセーリングでGET

で、選手たちの祝賀会が香港大学で行われたんだって〜。

記事はこれね
Celebration for HKU Sports Scholars at Doha Asian Games
(here)

この準備があってメチャクチャ忙しい中、ランチに連れて行って
くれた Michelle に感謝、感謝。

ALSO、期末試験真っ只中で試験勉強中に抜け出してきてくれた
Pretty にも感謝、感謝でした。


おまけ写真: 香港のTransportation

香港の乗り物と言えばトラム。 でも、何かやっぱりピンクって
チョット抵抗あるなぁ。(笑)



トラムに乗ってた時に横に止まったバスに 金城武発見



今、新しい映画を出したばかりみたいっ。


最後にポチットお願いします〜。 → Ranking

Hong Kong Day 3 - Macau here I come!! (Part 2) 

2006年12月19日(火) 23時34分
* Hong Kong Day 3 - Macau here I come!! (Part 1) の続き。




セナド広場のマクドナルド。
白とクリーム色で彩られ、なんか優雅さを感じます。

それに比べ・・・

マンハッタン(ニューヨーク)のタイムズスクエアにある
マクドナルド。違った意味の優雅さを感じる・・・。 (笑)




聖ポール天主堂跡 (Ruins de St. Paul's) へ向かう途中、
道脇にあった犬用のトイレ。

『 おぉ〜 こりゃ素晴らし〜 』 と思ったら、直ぐ側の
道に が落ちてた・・・。 うまく活用されてないようです。(笑)




マカオと言えばカジノ

東洋最大のカジノを持つマカオのシンボル的ホテル・リスボアへ
香港へ帰る前に立ち寄ってきました。

このホテルはリスボアの目の前にある、現在工事中の
カジノ。これもまたとんでもないデカサのカジノです・・・。



さて、興味本意で入ったリスボア、色々な種類のギャンブルが
行われてます。ルールが全然わからないアチ & アチ母は唯一
わかるスロット・マシーンへ。(笑)

せっかくマカオに来たんだからチョット位カジノに触れないとねっ
なことで2ドル硬貨を投入。

な〜んもマークが合わず、ハイッ 終了〜。

ハヤッ!

どうせならもう1回 といって、アチ母が勢い良くボタンを押すと
何だか良くわからないけど同じマークが2つ並んで、画面やボタンに
色々な色が付いてるっ

おぉ 当たっちゃった

で、 ジャラジャラジャラ と硬貨が出てくるっ。

大金持ちになったかのような喜びっ $40分の硬貨ゲット

気分はルンルン だけど、冷静になって $40を日本円に
換算してみると・・・600円。

えっ・・・ たった600円・・・。   ハァ

一瞬だったけど、楽しい夢だったぁ。 (笑)


これにてマカオへの日帰り旅行終了〜。


おまけ写真: タコ、タコ、タコ



民政総署大楼 で見つけたよくわからない、タコに似た噴水。
人は、こーゆう物を見るとナゼか必ずマネをしてみたくなるみたい。(笑)


最後に1ポチお願いします。 → Ranking

Hong Kong Day 3 - Macau here I come!! (Part 1) 

2006年12月19日(火) 23時11分
香港から船で1時間、マカオへ行ってきました〜



1999年12月20日、中国へ返還されたマカオ。それまで100年以上
にも渡ってポルトガルに統治されてきたんよね。

南欧の雰囲気あふれる旧市街や、清時代の建築様式が残る
繁華街はメチャ不思議だらけっ


ポルトガルの行政下を離れ、中国の『特別行政区』となったマカオ。
でも、人々の生活自体は返還前と得に大きな違いはないらしい。

人口約50万人の内、95%は中国系で、他には混血や
ポルトガル人もチラホラ。

公用語は広東語ポルトガル語だけど、観光関連では英語
通用度が高く、最近では中国本土からの旅行者も増えたことも
あって、北京語もかなり通じちゃう、メチャ不思議な所。(笑)




突然ヨーロッパへ迷い込んだかと思うセナド広場。

ポルトガル式(?)のクリスマス・デコレーション が至る所に
されててメチャ綺麗。




聖ポール天主堂跡 (Ruins de St. Paul's)

17世紀初頭、ポルトガル人だけじゃなく、長崎を追われた日本人
キリシタン達も加わって、20年余りの歳月をかけて建造されたもの。

でも、火事により建物正面の壁面と会談壁の一部だけに今はなって
しまってます。

1888年、聖ポール天主堂跡の脇に建てられた中国寺院、
大三巴ナーチャ廟。



両方とも世界遺産に記録されてるんよね。

西洋 & 東洋の世界遺産が隣り合わせになってるのも
マカオ魅力やねぇ〜。


おまけ話: 記録更新

以前の記事でも書いたけど、アチは香港に来ると引っくり返る
ような腹痛に襲われ、吐いて、吐いて、寝込む状態に度々なる。

過去5回香港に来て3回は の状態になってます・・・。

大体の原因は『小エビ』を食べたから。

どんな状態になるかは以下をご覧下さい。(笑)
( 小エビ地獄第1話 & 小エビ地獄第2話 )

とにかく、香港へ来ると食べ物には物凄い注意をします

で、6回目の今回、メチャメチャ気を付けていたはずなのに
香港上陸3日目 にして記録を更新しちゃいました・・・。

ナンデー???

『小エビ』食べてないよぉ〜 多分・・・。 (笑)

お昼に得体の知れないフライを1つ食べたのが
アカンかったんかな・・・。

とにかく、残り5日間で更に記録更新しないように頑張ろっ。



昼間はこんな元気だったのに、夜はヘロヘロでした・・・。 (笑)


今日も1ポチよろしく〜。 → Ranking

Hong Kong Day 2 - Jeannie 

2006年12月18日(月) 23時40分
今日は、University of Queensland で一緒に勉強した友達
Jeannie との再会



2005年2月、同じ時期にUQでの修士課程を始めた仲間。

今年の7月にUQを卒業して既に香港へ帰国 しちゃって
たのよね。で、アチはアメリカへ半年仕事をしに行ったため卒業が
12月まで延びてしまってました。

久しぶりに Jeannie と再会してホンマ嬉しかった〜。
ブリスベンにいた時と全然変わってない。(笑)

帰国後、専攻分野のイベント・マネジメント関連の仕事についた
ものの合わず会社を辞め、今は就職活動をしてるみたい。

ブリスベンとは違い、香港ではイベントよりもコンベンションや会議の
方が多く開催されてるから、勉強してきた内容より少し視点を変えて
仕事を探さないといけないらしい。  ホホー

Jeannie, 頑張れ〜
All the very BEST




Jeannie が連れて行ってくれた鳥公園(?)。



たくさんオッチャンが自慢の鳥を日向ぼっこさせに来てました〜。
ココでは鳥も散歩させるんだねぇ〜。 (笑)


おまけ写真: ガンダム EXPO



帰宅路で通ったデパートでやってましたぁ。
香港では今ガンダムが熱いらしいっ


最後にポチットお願いします〜。 → Ranking

Hong Kong Day 1 - Tsim Sha Tsui 

2006年12月17日(日) 12時19分
香港生活スタート

香港は、大学時代にゼミで来たのを合わせたらこれで6度目。
内3回食あたりでダウン。 (笑)

なので、今回は食べ物にメチャ注意せなね。


香港は、クリスマスのデコレーションでネオンがいつもよりパワフル。



普段は100万ドルの夜景だけど、今は150万ドルぐらいの夜景かな
これに比べ、ブリスベンの夜景は・・・1万ドルぐらいだったかなぁ。(笑)




久々の長袖 + コート姿にご満悦です。(笑)


Tsim Sha Tsui からの夜景。



一応、同じ風景。 手ぶれ無し & 手ぶれ有り。(笑)




おまけ写真: アンディ・ラオの手形



1つポチットよろしく〜。 → Ranking

Ta Ta Brisbane, Hello Hong Kong!! 

2006年12月16日(土) 23時30分
いよいよブリスベンを発つ日がやってきましたぁ〜。

寂しい気持ちはあるけど、清々しい気分が勝るかなっ

やれることはやったし、やろうとしてたこと以上の成果を
院だけでなく仕事でも出来たから、かなり満足やねっ。

胸張って日本帰ろっと。 (笑)


取り合えず、今は日本 に帰ってゆっくりしたいなぁ。
でから、ボチボチ次のことを考えよっと。

嬉しいことに仕事のオファーを日本、アメリカ、オーストラリアから
もらっているから、日本でジックリと考えてから行動開始しよ〜。


直ぐでなくっても、ブリスベンには必ず帰ってくることになりそうだから
友達の家にダンボール箱4つ程の荷物おかせてもらってるし。 (笑)


取り合えず、これにてアチのオーストラリア留学終了
いぁ〜、楽しかったぁ〜。 Wooo hooo


帰国路は、ケアンズ、香港経由で。
1週間アチ父のいる香港に滞在して、24日帰国。

さぁ、出発っ

*ブリスベン:気温27度



ケアンズ到着
*ケアンズ:気温31度



香港到着
*香港:気温15度

寒いです・・・。


おまけ写真: ラッキーの寝相



なんちゅう寝相の悪いネコや・・・。
っていか、ネコって寝違えへんのかな




最後に1ポチお願いします〜。 → Ranking

UQ Graduation: Part 3 

2006年12月11日(月) 23時04分
* UQ 卒業式 Part 1 & 2 の続きです〜。

内容は後日UP












最後に1ポチお願いします〜。 → Ranking

UQ Graduation: Part 2 

2006年12月11日(月) 22時37分
* UQ 卒業式 Part 1 の続きです〜。

Masters の仲間とブリスベンの青い大空に向けて
キャップを思いっきり投げて、メチャ気分最高っ



やっぱ、キャップは投げないとね〜。
でも、四角に尖ってるから落ちてくる時って意外と怖いんよね。(笑)




2005年2月より修士課程を一緒にスタートした仲間、
グレース & サリーナ。 一緒に卒業できてホンマ嬉しいっ

ちなみに、 の写真を撮る時、2人が花束 を持っているのに
アチは持ってなく 『 花が無いっ 』 と喚いたら 、即行
アチ母が を買ってきて くれましたぁ〜。 (笑)

花束を手にチョ〜ご満悦。 (笑)




Australian Scholar-Athlete Games にて、アチが
運営したボランティア・チームの一員だった Jia Yen

今日、めでたく学部を卒業っ



ASAGの大会以降、妹のような存在になり、アチの周りを
よくウロチョロしてたカワイイ、カワイイ子分です。 (笑)


おまけ写真: The Journey Has Begun



人生という冒険のチャプターがまた1つ幕を降ろしました。
次のチャプターはどんなんになるんやろねぇ。

平凡でいいから、また エガオ & ワライ の多い
チャプターにしよ〜っと。


今日もポチットな〜よろしく。 → Ranking
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像くらっち
» Final Journey (2007年02月04日)
アイコン画像To PIA
» Hong Kong Day 7 - Badminton with Kate (2007年01月27日)
アイコン画像To Yuma
» Hurricane Kazumi (2007年01月27日)
アイコン画像To 日野さん
» GOMA (2007年01月27日)
アイコン画像PIA
» Hong Kong Day 7 - Badminton with Kate (2007年01月22日)
アイコン画像日野
» GOMA (2006年12月11日)
アイコン画像To Rieko
» GOMA (2006年12月10日)
アイコン画像To fubuki
» Cultural Adaption (2006年12月10日)
アイコン画像Rieko
» GOMA (2006年12月10日)
アイコン画像To いくみ
» Byron Bay (2006年12月05日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:happytrail
読者になる
Yapme!一覧
読者になる