連泊→家でリラックス 

August 08 [Wed], 2007, 12:06
先週末から彼の家に3泊もしました。今まで1泊するのも戸惑ったり、断っていた私にとっては大きな変化。でも、彼から「大丈夫?」「家族は心配してない?」っていうような言葉はなかった・・・。今までは一晩泊まっただけで、家に帰った後「家族から何か言われた?」「何て聞かれた?」「何て答えたの?」としつこいくらい聞かれてたのに。もう私のことはどうでもいいんだな、って思えてすごく悲しい・・・

3泊もしたのは、たまたま私が家に帰らなかっただけ。普段なら、家族を気にして帰るんだけど。今はとにかく一緒にいなくちゃって思ったから。それでも、更に言い合いをして、もう十分最悪なのに、更に最悪な状態になってしまいました 話せば話すほど、彼の愛情のなさを確認するだけ。話し合おうとすればするほど、更に彼の愛情を遠のかせてるみたい。一緒にいてもたまらなくさびしくて、いてもたってもいられないほど。

ようやく家に帰ってきた今は正直ホッとしてる。周りに気軽に話せる家族がいて、リラックスできて。TVを見ながらあれこれ話したり、犬のおもしろい行動を見て笑ったり、普段あたりまえに思っていたことがうれしくてしかたない。周りに自分のことを好きでいてくれて、受け入れてくれる人たちがいることが、こんなに心地よくて安心できるなんて なにげないことをおしゃべりできて、それだけで気持ちが軽くなるんだな〜

とりあえず、彼と会うのはしばらく時間をあけたい気分。もう、彼の家に泊まりたいとも思わない。彼のことは失いたくないけど、少し距離を置いた方がいい気がする。そうすることで彼を失ってしまうかもしれない、と考えると怖いけど。

昨日の夜は、彼から電話がかかってくるかもしれないと思って、ケータイの電源をつけたままにして寝ました。でも、かかってこなかった・・・。朝目が覚めてそれに気づいた時、すごくさみしかった。いつも、夜は電話で話してから寝てたから。

彼と私 

August 07 [Tue], 2007, 19:30
彼と私はつきあってかれこれ2ヶ月と少し。付き合い始めた当初はお互いに夢中で、寝る間も惜しんで毎日会っていました。

当時は同じ会社で働いた私達。彼も私もその会社に移ってきたばかりで、始めはなんとなく一緒にランチを食べるメンバーの1人でした。そのうち、彼のユニークさに気づいた私は、一緒に遊んだらとても楽しそう!と、次第に彼に興味を持ち始めて。そして、実際に2人で遊びにいくと楽しくて仕方がなくて。あっというまに恋に落ちたのでした。

2年の間、色々なことがありました。彼はその間3回海外に滞在して、最初の1回は私も着いていって色々と初めての経験をしました。新しい世界が開けて、ちょっと悩むこともたまにあったけど、楽しくて仕方がなかった。なにより、彼と一緒にいるのがうれしくて仕方なかったな。彼はたくさん友達のいる彼を独り占めしたい、実際に独り占めできて得意になっていたと思う。そんな私に、彼は「もっと僕の友達と仲良くなってほしい。もっと社交的になってほしいな。」と言っていました。でも、私は彼さえいればよかった。たくさんの友達といる時より、彼と2人きりのときの方が断然楽しかった。

1年とちょっと前、彼がしばらく海外で暮らすことになり、私はすぐには一緒に行けずに寂しい思いをしたことがありました。そのことが決まったある日の夜、彼を見つめながら言いました。

「しばらく向こうで暮らすけれど、落ち着いたら君に来てほしい。その時は、結婚してくれる?」

そう言われて、私はすこし寂しくて、でもうれしくて涙が止まらなかった。すごく幸せな気持ちでした。

遠距離恋愛中も、遠距離を感じさせないほど毎日電話で話して、思ったほど寂しさを感じなかった。逆に彼から「早く君にきてほしい」「ここに君がいたらな〜」って言われてうれしかった。

でも、彼が3度目に海外から帰ってきた後くらいからかな、ちょっとしたことでケンカをすることが多くなって。相変わらず常に一緒にいたのだけど、些細なことで私が機嫌を悪くしてしまうことが多くなりました。その度に彼はあやまって、それでも私の機嫌はなかなか直らないで。

そんな些細なケンカが続いても、私は「彼はそれでも私のことが好きなんだ」「愛情が変わったりはしないんだ」と信じていました。でも、それは大きな間違いだった。小さなケンカをする度に、彼は私達の恋愛について疑問を感じ、その疑問がどんどん大きくなって。しばらくそういう状態が続いた後、私にとっては信じられないことに、彼の私への思いも少しずつ変わっていったのです。

去年のクリスマスも彼の家でパーティの予定だったけど、その直前にケンカ。パーティに行く、行かないで争って、結局は行ったけれど、彼の家に着くまで、迎えに来てくれた彼とケンカしてた。その頃から更にケンカの頻度が増えて、彼にしてみたら「常にケンカしてる」ような状態になってしまいました。そして、急降下で愛情も冷めていったんだと思う。

「君への気持ちが前とは違う」「もう夢中じゃない」「僕達はお互い違っているから、合ってないのかもしれない」

こういうことを彼が口にするようになったのはここ半年くらい。その間にもどんどん彼の気持ちが冷めていくのを感じながら、それを認めたくない気持ちでした。

そして・・・つい3,4日くらい前からかな、全く彼の愛情を感じなくなってしまいました。本当に、信じがたいことだけど。もう、私を見つめるどころか、顔すらもあまり見なくなって。時々私が存在していないかのように振舞って。KissやHug、手をつないだりのスキンシップもほとんどなくなって。時々私が勇気を出してHugしようとしても、「暑いから」「汗をかいてるから」という理由で避ける彼。私への気持ちや、何を考えてるのか聞いても、返事が返ってこないか、「分からない」というだけ。拒否され続けている気がして、すごく悲しい気分。一緒にいても、寂しさがつのるばかりになってしまいました。

それでも、私はまだ、彼の愛情を取り戻すというわずかな望みを持っています。この日記に、彼の愛情を取り戻すまで、・・・それとも別の道を見つけるまでの軌跡を記していきたいと思います。
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:happysmile2u
読者になる
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31