私について

July 05 [Thu], 2012, 2:43
私のブログにお越しくださいましてありがとうございます。
私はニューヨークでコンサルタントとして働いている、伊藤美蘭といいます。
このブログでは仕事も充実して、女としての美にも自信があり、自分の内面磨きにも余念がない、この私が、結婚という一種の「幸せ」を掴むまでの日記を綴っていきます。

私の自己紹介を詳しくさせていただきます。

年齢:30歳(2012年8月時点)
住所:マンハッタン
年収:約1,200万円(昨年度実績)
学歴:小学校〜高校 厳格だけどあまり頭の良くない女子校→横浜にある偏差値の低い女子大→早稲田MBA(夜間)
職歴:(コネなし入社です)丸の内にある総合商社投資部門(欧州担当後、エマージングマーケット担当)→転職してNYの米系コンサルティング会社→2014年になるまでには日本に帰国予定。
外見:1〜10の評価で、10を女優とするなら、8の評価です。(学生時代、社会人では副業として読者モデルのアルバイト経験があります。)
チャームポイント:白くてシミやシワ、吹き出物一つもないきめ細やかな肌、目
身長:165cm
体格:普通(痩せてもいなく、太ってもいない)
性格:明るくて前向きで精神的にも肉体的にもとてもタフ。女子会では必ず中心にいるようなタイプです。でも男性に対しては、ずっと女子校だったからか、うまい距離感の保ち方がわからない気がします。
そして日本人男性からはこの仕事と自分の見た目とタフさで引かれることがほとんどです。「out of reach」って何回聞いた言葉でしょうか・・・
雰囲気:松嶋菜々子に似ていると言われますが、一見天然系にも見られることもあります。あと少数派ですが時々、スカーレット・ヨハンソンに似ていると言われることもあります。(これはきっと冗談ですね。)
特技:ダンス、料理、英語
コメント:ニューヨークでは日本人社会とは一線を画して生きているので、現在は日本人会でお会いすることはないと思います。

気がつけば、昔の自分からすると目指していた自分が30歳になって出来上がっていたわけですが、でもあまりに完璧で、男性に引かれてしまうことが多くなってしまいました。
こんな自分でも幸せな結婚生活を迎えられる日が来るのでしょうか。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:伊藤美蘭
読者になる
「才色兼備」と言われ、日本から転職してニューヨークで米系コンサル会社に務める私。
でも男性からするとtoo muchなんです。「高嶺の花」と言われ続けてきました。
仕事も女としての美しさも人間磨きも自慢できるものはあるけれど、ある意味パーフェクトで「シンデレラ症候群」である私は無事結婚できるのでしょうか。ニューヨークで恋愛を通して感じたことを綴っていきます。
最新記事
カテゴリアーカイブ