ブラジリアンワックスとは?

August 23 [Thu], 2012, 11:22
ブラジリアンワックスとは、人気急上昇中のブラジリアンスタイル

(ハイジニーナスタイルとも言います)にするための脱毛ワックスの事か、

脱毛ワックスを使ったVIO部分の脱毛を行う方法の事を言います。

『ブラジリアンスタイル(ハイニジーナ)って何?』です。

ブラジリアンスタイル(ハイニジーナ)とはビキニラインであるVラインと

性器の周りの無駄毛を指すiライン、お尻の穴の周りの無駄毛を指すOライン

全ての無駄毛を脱毛するスタイルの事を言います。

元々ブラジルなど欧米諸国ではアンダーヘアの脱毛処理は当たり前の事で、

ブラジリアンワックスで脱毛も行っているサロンが非常に多くよく話題に

なっているアメリカのドラマSEX&シティーでも、登場人物がサロンで

ブラジリアンワックス脱毛を行っているシーンが登場しています。

そういった事情がずいぶん日本にも浸透してきて、日本国内のサロンでも

ブラジリアンワックスを行っているところが年々増えてきているのです。

介護に必要な物

August 23 [Thu], 2012, 11:14
介護の要因には、様々なものがあります。最も多いのは高齢化ですが、

中には心筋梗塞や脳梗塞、事故等による介護もあります。

そしてその介護は、ある日、突然やってきます。

そんなとき家族にとって大切なことは、まず、どんな介護用品があるの

かを知ることです。様々な介護経験から生まれた介護用品は、あらゆる

点において、介護生活を助けてくれます。そんな介護用品には、

多くの種類があります。家の外で使用するものには、車椅子や杖等の、

本人の移動や歩行に関わる用品です。またスロープや手すり等は、

その歩行を助けるための補助的な用品です。そして家中で使用する

一番大きな介護用品が介護ベッドです。介護が必要になった場合、

本人は、このベッド上で過ごす時間が一番長くなります。


ですから、介護ベッドの大きさや機能、マットレスの素材等については、

充分に検討することをお勧めします。小さな介護用品であれば、

すぐに取り替えることも可能です。

しかし、ベッドのように大きな介護用品を一旦使い始めてしまうと、

なかなか交換する切っ掛けが掴めなくなってしまいます。

ですから、大きな介護用品の購入やレンタルほど、充分な情報収集と

調査が必要です。ベッド以外の介護用品は、本人の要介護度等によって、

その内容が大きく異なります。例えば移動の場合、自立が可能であれば、

歩行器や杖を使用します。自立不可能であれば、車椅子が必要になります。

排泄も同じで、自立可能な場合は、トイレまたはポータブルトイレを

使用します。

自立不可能であれば、オムツ等の用品が必要になります。


食事時、入浴時も、介護に必要な用品等は、本人の要介護度によって

変ります。

しかし、家の外であっても、家中であっても、スロープや手すり等については、

その必要度は同じです。特に手すりについては、本人の移動経路、身体の

大きさに合わせて、場所や高さを決定する必要があります。

介護は、家族だけで行うものではありません。

現在、高齢者介護については、様々なサービスが展開されています。

ディサービスの様に、本人が施設へ出向いて受けるサービスがあれば、

施設そのものに入居して受けるサービスもあります。

またヘルバーが自宅まで来てくれる、訪問介護サービスもあります。

各地域の市町村役場、または社会福祉協議会等へ連絡をすれば、

それら詳細が分かります。その他にも、民間の介護事業者も数多くあります。

介護は、決して特定の人だけで、抱え込むものではありません。

介護に必要なものは、多くの情報や経験、そして周囲の施設や関係者との連係です。

昇降座椅子

August 23 [Thu], 2012, 11:06
住宅環境は、この数十年のあいだで、大きく変化しました。家中に和室しかなかった時代から、今や洋室が中心の生活です。玄関にはドアがあり、居間にはソファが置かれています。家中ではスリッパを履き、ベッドで眠ります。洋式のその生活は、足腰への負担も少なく、高齢者にとっては優しいものです。畳の部屋で使用する座卓やコタツ、そして座椅子での生活は、伝統ある日本の生活です。いくら住宅環境が変化したといっても、高齢者には、そう簡単に変えられるものではありません。座卓を囲んで、コタツに入って、そして縁側から庭を眺めるときにも、座椅子は手放せない必需品です。勿論、座椅子には、洋室用の座椅子もあります。フロアタイプの、ソファ感覚の座椅子で、外観もカラフルです。高齢者は、長年の生活環境から、どうしても和室や座椅子から離れたありません。和室での団らんが、生活の中で、一番の楽しみなのです。しかし足腰が弱くなってしまうと、そんな和室での生活も儘なりません。座るときや、立ち上がるときに、誰かの手助けが必要になってきます。そんな場面に役立つのが、電動昇降座椅子です。電動昇降座椅子には、高齢者や障害者向けの器具という、違和感が全くありません。外観は、何処にでもある、ごく普通の座椅子にしか見えません。ですから、これまでの慣れ親しんだ生活を、何一つ変化させることはありません。高齢者であっても、障害者であっても、電動昇降座椅子を使用すれば、いつも通りの生活を、ごく自然に続けていくことが可能です。団らんや、くつろぎのひとときには、誰もが座椅子を使用します。座椅子は、心身ともにリラックスできる、生活の必需品です。しかしその座椅子も、高齢になったり、障害を持っている人にとっては、簡単に使うことが出来ません。普通の椅子と違い、座面が低いのが、その使い辛さです。膝が曲げにくくなったり、足腰が弱くなっている分だけ、自分の体の重さを支え切れません。少し屈みこんでも、途中から、全体重が座板の上に落ち込んでしまいます。そうして一度、座椅子に座り込んでしまったら、今度はそう簡単には立ち上げれません。肘掛けに手を置き力を入れても、足腰に力が入らないのが、その原因です。それならば、いっそ椅子の生活をすれば良いと思われるでしょうが、そう簡単な問題ではありません。やはり慣れ親しんだ生活には、誰もが愛着を持っています。特に高齢の方は、何十年という長い年月、和室と座椅子の生活をしてきました。生活を変化させることよりも、いかにして同じ生活が続けられるかを、多くの方が望んでいます。そこで開発されたのが、電動昇降座椅子です。普段は座椅子として使用し、その高さは、普通の座椅子と同じ低位置です。しかし、座板に座り込む時と、立ち上がる時の高さは、普通の椅子と同じように、高位置に変化します。低位置から高位置までのあいだのストロークを、座板が、電動で移動するのです。この電動昇降座椅子の高位置は、設定を変えることが出来ます。身長等の個人差があっても、それそれの方々に対応することが充分に可能です。