介護に必要な物

August 23 [Thu], 2012, 11:14
介護の要因には、様々なものがあります。最も多いのは高齢化ですが、

中には心筋梗塞や脳梗塞、事故等による介護もあります。

そしてその介護は、ある日、突然やってきます。

そんなとき家族にとって大切なことは、まず、どんな介護用品があるの

かを知ることです。様々な介護経験から生まれた介護用品は、あらゆる

点において、介護生活を助けてくれます。そんな介護用品には、

多くの種類があります。家の外で使用するものには、車椅子や杖等の、

本人の移動や歩行に関わる用品です。またスロープや手すり等は、

その歩行を助けるための補助的な用品です。そして家中で使用する

一番大きな介護用品が介護ベッドです。介護が必要になった場合、

本人は、このベッド上で過ごす時間が一番長くなります。


ですから、介護ベッドの大きさや機能、マットレスの素材等については、

充分に検討することをお勧めします。小さな介護用品であれば、

すぐに取り替えることも可能です。

しかし、ベッドのように大きな介護用品を一旦使い始めてしまうと、

なかなか交換する切っ掛けが掴めなくなってしまいます。

ですから、大きな介護用品の購入やレンタルほど、充分な情報収集と

調査が必要です。ベッド以外の介護用品は、本人の要介護度等によって、

その内容が大きく異なります。例えば移動の場合、自立が可能であれば、

歩行器や杖を使用します。自立不可能であれば、車椅子が必要になります。

排泄も同じで、自立可能な場合は、トイレまたはポータブルトイレを

使用します。

自立不可能であれば、オムツ等の用品が必要になります。


食事時、入浴時も、介護に必要な用品等は、本人の要介護度によって

変ります。

しかし、家の外であっても、家中であっても、スロープや手すり等については、

その必要度は同じです。特に手すりについては、本人の移動経路、身体の

大きさに合わせて、場所や高さを決定する必要があります。

介護は、家族だけで行うものではありません。

現在、高齢者介護については、様々なサービスが展開されています。

ディサービスの様に、本人が施設へ出向いて受けるサービスがあれば、

施設そのものに入居して受けるサービスもあります。

またヘルバーが自宅まで来てくれる、訪問介護サービスもあります。

各地域の市町村役場、または社会福祉協議会等へ連絡をすれば、

それら詳細が分かります。その他にも、民間の介護事業者も数多くあります。

介護は、決して特定の人だけで、抱え込むものではありません。

介護に必要なものは、多くの情報や経験、そして周囲の施設や関係者との連係です。

  • URL:http://yaplog.jp/happykoki/archive/101
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。