ドッペルギャンガー/「自転車の個性」と「自分の個性」

April 30 [Mon], 2012, 14:18
私たちは、「外面的な、書面上の」事項だけで人間の優劣を決めることができない。

また決めてはならない、ということを知っています。


ドッペルギャンガーは自転車も同様に「個性」が存在するといいます。


その個性が「その自転車の性質」を決定します。


「モノ」を選ぶとき、従うべきは自分の価値観です。


言いたいのは、「自分が本当に乗りたいのはどんな自転車か」をしっかりと決めて、

自転車を選ぶ必要があると思います。


周囲に影響されるべきではないのです。


自分の楽しみのためだけに自転車を選ぶことが自分の価値観を

満足させることになるのではないでしょうか。


「他人は他人。自分は自分」なんです。


ドッペルギャンガーは考えています。

楽走