小島監督から『DEATH STRANDING』のさらなるヒント?―フィギュアとLEGOで何かを確認中

March 13 [Mon], 2017, 11:32
現在、新作ゲーム『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』を開発中の小島秀夫監督が、気になる写真をTwitterに投稿しました。


その写真にはゲームにも登場するマッツ・ミケルセンが出演した海外ドラマ「ハンニバル」のフィギュアと、ビートルズのアニメ映画「イエロー・サブマリン」をモチーフにしたLEGOの潜水艦が収められています。一見、お人形遊びのようにも見えますが、小島監督は「遊んでいる訳ではありません」と一言添えています。


小島監督は『METAL GEAR SOLID』開発時にLEGOブロックとCCDカメラを用いて研究を行ったという話が有名。今回の写真も『DEATH STRANDING』に関する何かを確認しているのかもしれません。



これまでにいくつかのトレイラーが公開されているものの、まだまだ謎多き『DEATH STRANDING』。ファンは様々な考察を楽しんでいることでしょう。