寝不足 

2005年04月21日(木) 22時54分
ここ1ヶ月くらいユウセイの夜が1時間から2時間おき
何で起きるんだろう・・・?ホント不思議・・・
眠ければ寝ればいいのになぁ。
ここ最近ずりばいが成長し、行動範囲が広がったはず。もともとよく動くし。
疲れないのかなぁ。タフガイになりそうだ

お買い物 

2005年03月23日(水) 22時42分
今日は姉と甥っ子とユウセイとで池袋に遊びに行った。
サンシャインの水族館、ナンジャタウンで餃子とアイスを食べ、
池袋東武へ子供服を買いに行った。
お気に入りのショップは姉に教えてもらったBooHomesとBackallayとfith。
今まではまだまだ赤ちゃんだったのでつなぎの服しか着られなかったけど
もうそろそろ上下別の服を着せられるので楽しみになって2枚かった。
Tシャツとつなぎ。結局つなぎを買ったけど、来年も着られるように80サイズを買った。
早く着せたいなー

でもアイスを食べ過ぎたせいで、胃がムカムカし、結局具合が悪くなり最悪だった

初寝返り! 

2005年01月15日(土) 19時58分
今日悠生がはじめて寝返りした。
私自身は直接目撃できなかったけど、パパが見ていたらしく、
おーうぉー!!と声をあげ、感動していた。
私も感動したけど、なんでいつも面倒見ている私に見せてくれないの?
とちょっと不満だった。でも寝返りは癖になると聞いているので
これからがますます目が離せなくなり心配だ。

お食いぞめ 

2005年01月10日(月) 20時55分
祝100日を迎えた。
お母さんがきてくれていたのでお赤飯と鯛を買って
お祝いした。でも本人はまったくわかっていないので、
泣いている中、鯛をちょっと口つけて終わった。
でももう100日たったのかぁと思うと
子供の成長の早さを感じた。

生後3日 

2004年10月06日(水) 9時55分
10:30より沐浴指導を受ける。
今はまだ普通に抱くのもおぼつかないのに
お風呂に入れるなんてまだまだだと感じる。
難しそうだし、お母さんがやってくれると
言っていたので甘えることにしよう。
無理は禁物だ。授乳中何度か体重を計るも、
3000グラムを切っている。2976とかだ。
日に日に体重が落ちているが
まぁこんなものらしい・・・
母乳も少しずつ出てはきているものの、
方乳1クール1グラムぐらいの計算となる。
夕方4:00頃より母子同室の部屋に移動。
ほかのお母さんも赤ちゃんと一緒なので
規則はこれまでより守らなければならない。
環境が初めてのせいか、赤ちゃんの授乳に
少してこずる。ご飯を食べていても
泣き出さないかとか今までは感じなかった
気を使うようになった。
でもパパは近くで見れてうれしそうだ。
写真をたくさんとった。
お母さんとお父さんも来て喜んでいた。
すごくしっかりした顔立ちだと言っていた。
智に似ているという。私もそう思う。
この子を取り上げてくれた助産婦さんも
パパを見てパパ似やねと言っていた。
目元はほんとにパパに似ている。
19:00体温を測る。37.0度、ちょうどである。
その後は21:00まで添い寝をするも、
私も本気で寝てしまい二人して爆睡してしまった・・
夜11時頃授乳に呼ばれる。
今日まだ1度もうんちをしてないこと伝えると、
看護婦さんが綿棒に薬をつけて、
お尻の穴を刺激した。すると直前まできていたのか、
どばーっとうんちがあふれてきた。
すごいたまっていたらしい。

生後2日 

2004年10月05日(火) 18時51分
朝、おっぱいの調子を看護婦さんが調べたら、
いきなりピューっと飛んだ。
そういえば昨日より明らかに胸が張っている。
少しずつ私の胸もミルクを出す準備に入ったのだ。
授乳中体重を量るも、3080グラムと体重が減っている。
冊子によると赤ちゃんは水筒とお弁当を抱えて
生まれてくるので、生まれたての体重よりも
10パーセントくらい減るのが通常らしいのでOKでしょう。
授乳からベッドへの寝かしつけが非常に難しく感じる。
ベッドにおいたと思ったらまた泣き出したりする始末。
この子はミルクがまだまだ足りないようだ。
他のママさんがすごく上手に見えるがみんなきっと
同じ気持ちだろう。焦らず自分のペースで頑張ろう。

生後1日 

2004年10月04日(月) 18時47分
夜中3:00頃初めて授乳に呼ばれる。
うんちをしていた。結構な量がこびりついているので
ごしごしととってあげた。そして授乳。
そしてまたうんち・・・さっき取り替えた
ばかりなのにもうしてる・・・さすが私の子?と
感じた瞬間だった。明け方5時頃まだ呼ばれる。
子育てとはこういうものなのだと悟る。
眠気はつらいがぜんぜんいやじゃないし、
むしろ呼ばれることで母親を実感できる。
昼間の授乳で新しい授乳の方法を教わった。
フットボール抱きという方法だ。
いつもとは違う方向から飲ませるやり方で
そうするとおっぱいもいつもと違う角度のため
痛くないし、腕もさほど疲れない。
でもこれを一人でトライするのはまだまだ
時間がかかりそうだ。看護婦さんは本当に
抱きなれていると感心した。

生後0日 

2004年10月03日(日) 18時31分
今日は生まれた日ということで夕方まで
分娩室で家族で過ごすことができた。
初めての授乳はベッドの上で横になって行った。
この子がおっぱいを加えてくれた時は
なんともいえない不思議な気持ちになった。
うれしはずかしとでも言うのか。

旦那がこの子を見た瞬間の気持ちは
どうだっただろう。11時ころ病室についた
彼の顔は少し感動気味に感じた、気のせいだろうか??
でもきっとうれしかっただろう。頑張ったね、
ありがとうと言ってくれた。すごくうれしかった。

我が家族にとっての初めてのオムツ換えはパパがやった。
生まれたての赤ちゃんのうんちは見た目が岩のりのようで、
臭いもほとんどない。結構な量をしているようで、
おしりにうんちがこびりついてなかなか取れないようだ。
看護婦さんの指導のもと、一生懸命おむつ換えをしている
パパを見てかわいらしいと思った。

夜8時頃、授乳指導を受けにベビー室へ。
座ってきちんとはじめておっぱいをあげた。
赤ちゃんは軽いようでなかなか重い。
支えた片手がすぐに痛くなったが、看護婦さんが親切に
指導をしてくれ、何とか終えることができた。

いざ出産 

2004年10月03日(日) 18時15分
06:30
いよいよ分娩台へ。陣痛の合間をぬって台に上がるが、
あっと言う間に陣痛の波は襲ってくる。
しかし上がってもなかなかイキむことができない。
まだ駄目だということ。足に色々セットしたり
いよいよ赤ちゃんを迎える準備をはじめた。

07:00
助産婦さんが髪の毛見えてるよーっと。
お母さんがそれを覗く。ふさふさで2センチくらいはあるよー
とのこと。聞こえてはいるもののそんなのおかまいなしに痛い。
イキみ方を教えてもらう。少し状態を起こし、
お臍を眼を見開いて思いっきり息を吐く。
眉間にしわを寄せてはいけないと。
そうすると全身の力を出口に集中させることが
出来ないためだと。なるほど!と思い、
頑張ってその行為を何度も試す。
再度より早く出てくるイキみ方を教えてもらう。
吐く息を長くすることだと。息が続く限り長くするも、
もう一息が出来ず赤ちゃんの頭が見え隠れする。
何度もトライし、いい感じいい感じと言ってもらえる。
と、思った瞬間「頭が出たー」の声。
そういえばその辺に生暖かい物体を感じる。
とまた思った瞬間すべてが終わった。

07:18
長男誕生。頭が出てからほんと一瞬の出来事だった。
元気な産声を上げて泣いている。
終わったー。全身の力が抜けホッと安堵につく。
隣でお母さんは感動していた。
赤ちゃんが出てきてすぐ、へその緒を切り
体を拭いてもらっている。そして母である私の胸へきた。
カンガルーケアである。いまいち実感が湧かないが
暖かい赤ちゃんの体が私の上にあり、モソモソと
動き出している。おっぱいを探しに行っているということ。
自然と笑顔が戻る。あーすごいなぁ、
本当に生まれたんだなぁと。
30分くらいカンガルーケアは続いた。
しかし、カンガルーケアから体重測定へ行くとき
この子は私の上に生まれて初のうんちをしていった(笑)
朝食はお母さんが食べさせてくれた。

   体重測定 体重:3144グラム 身長:49センチ

陣痛との戦い 

2004年10月03日(日) 18時06分
01:00
ウトウト寝ていたところへ、プチッという音。
起き上がると共にオシモの方から生暖かいものが流れる。
これは破水??
すぐに看護婦さんに確認すると破水ということ。

02:00
陣痛の痛みが少しずつ強くなる。
腰も結構痛いのでお母さんにきてもらうことにした。

03:00
かなり痛みが激しくなった。
陣痛の間隔が短く痛みも増し、陣痛が来るたび
あーきたきたとブルーになる。お母さんの手を
きつく握り締め腰をさすってもらう。
少しは痛みが楽になる気がした。
子宮口は約4センチになっているとのこと。
これ以降は長い痛みとの戦いが延々と続く・・・

06:00
子宮口が約9.5センチになり、いよいよお産の準備が始まる。
もうイキみたい気持ち全開!!
だがまだまだイキむなと言われ我慢するのがつらすぎる。

2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:happy_yulife
読者になる
Yapme!一覧
読者になる