信じるということ 

2008年01月16日(水) 15時40分
Brosis;


2008年のテーマは「信じる」にします

最近何かと「信じる」大切さを感じる毎日…
わたしはだいじょうぶなんだ!と信じること。
大切な人がだいじょうぶだ!と信じること。


世の中には信じられない出来事もいっぱいある
「信じられないこと」を探すのは簡単なのに
「信じられること」は探しても見つからない

わからないけど、宗教を信じている人たちは、
実在しない自分以外の絶対的なものを信じているのだと思う
(多分)


今年はまず、実在する一番身近な人を思いっきり信じてみよう。
そのために、素直な心を養うぞ



↓ 最後に信じがたいこんなお話

双子の男女が知らずに結婚、婚姻無効に(英国)
1月12日9時55分配信 産経新聞

http://backnumber.dailynews.yahoo.co.jp/?m=m20080112-008&e=uk

【ロンドン=木村正人】
英国で別々の両親の養子となった双子の男女が血のつながりを知らないまま結婚、
その後、双子と分かり裁判所から「近親結婚」にあたると婚姻を無効とされたケースが11日、
英上院の審議で報告された。英BBC放送などが伝えた。
ある上院議員が裁判官から聞いた話として紹介した。
双子の詳細については明らかにされなかったが、2人は「双子とは知らなかった。
お互いに避けがたい魅力を感じた」と結婚した理由を話しているという。
上院議員は「近親結婚の悲劇を事前に防ぐためにも、
養子となった子供たちには血のつながった親が誰なのか知る権利がある。
隠しても真実はいずれ分かるのだから」と話した。
専門家によると、双子の男女は血縁を知っていると拒絶反応を示すが、
知らないとお互いに強くひかれる傾向があるという。養子縁組だけでなく、
生殖医療が進む中で、子供たちに血のつながった親を知らせる方法が問題になりそうだ。

私の30代(happyの場合) 

2007年07月12日(木) 1時35分
気がつけば、私も31歳になっていました。
先日brosisさんより、私の30歳はどうだった??
って聞かれ、私なりにちょっと振り返ってみました。
私にとっての30歳。。。
29歳の私が思っていた30歳は、口ではポジティブな事を言っていたものの、
実際はかなりネガティブに30代を考えていたところがありました。
一番は、外見的に衰えてしまう不安。 そして、女性としての魅力が減るという不安。
でも、実際に30歳になったとき何かわからないですが、
ふっと身も心も軽くなったような気がします。
今まで恐れていたものが、素直に受け入れられるというか、
歳をとるということを楽しめるようになったというか。。。
いや、まだまだ、若造だと思っていた20代とはちがう、何かを垣間見たような・・・
でも、まだそれが何なのかははっきりしたものは見えていません。
ただ、歳をとるということがとても魅力あることなのだということが、
少しわかったような気がします。
少し、変な文章になってしまいましたね。
ごめんなさい。

31歳になっている今日も、変わらず思える事は、
40歳のときに笑ってむかえられる、女性になっていたいです。

2007年にしたいこと 

2007年05月20日(日) 17時00分
Brosis;
そういえば、「融合」をテーマに今年のはじにしたいことをいくつか上げていた
それぞれの進捗具合がどうなのか自分でチェックしてみた

@健康体をつくるための努力をする
 −散歩などできるだけ体を動かす、お風呂あがりに水を浴びる
⇒体を動かすようなるべく心がけている&水浴びはしている(85点)A持ち物を最小限にして身軽になる
 −軽くなった分、家族団らん・アイデア発想を大切にする
⇒身軽にはなったがその分、というところまではまだまだ(65点)B刺激ある毎日を目指す
 −買い物をしなくても街に出てみる、映画をたくさん観る、絵か物語をかく
(30歳になったとき植物か何かを育て始めたいな)
⇒絵か物語はまったくだけど映画はたくさん観るようにしている(70点)

思ったことは口に出して実行するのみ。
もう少ししたら今年も半年が過ぎる、30歳として2008年を迎えるころには
すべて90点越えの優等生として、自分を誉めてあげたい。



Happyさん、少し遅れたけどお誕生日おめでとう!!
新しい命と共に、この1年がますますHappyでありますように。

2番目に幸せなこと 

2007年02月13日(火) 12時03分
Brosis;

先週末、スカパーで「2番目に幸せなこと」(マドンナ主演)という映画を観た。
ずいぶん昔にもこの映画を観たことがあったのだけれど、
その頃に比べて、明らかに感性の変化に気づいた


【ストーリー】
完璧主義の妻についていけず、彼女の元から去ってしまう夫。
夫はゲイの親友と、お酒の勢いで一夜限りの関係を持ってしまう。
妻は、彼の子供を身ごもったという事実と共に、再び夫の前に現れる。
お互いは決して1番にはならない2人にとって“2番目に幸せなこと”。
それは、親友と愛する子供との奇妙な共同生活だった。




2人がお互いに大切にし合うのは、お互いにとっての1番目のこと。
つまり一生別れはこない、だからこそいつまでも強い絆が保たれる。
この関係を良い事だと思うのか、そうではないのか


一度目はあり得ないと強く思っていたけれど、
二度目は少しだけ複雑な心境だな…



子供にとって、良くない事だということがわかるようになったから?
みなさんはどう思いますか?


融合 

2007年01月09日(火) 11時37分
Brosis;

2007年度の目標は 「違いを隔てず融合させていくこと」
隔・融 この2文字は半分同じように書くのに大きく意味が違う

他人との共通点に喜ぶこともあるが違いを発見することもたくさんある

この違いを発見したときの受け止め方はすごく重要ではないか
子供社会では、この「違い」からいじめが起こり
大人社会では、宗教や競争さえ起こりうる

今年は、私にとって30歳になる節目の一年となる。
自分とは違ういろんなものをまだまだ吸収しながら、
ゆっくりでいいから、前にすすめるようにしたいと思う。

今年もよろしくお願いします!!

わたしのストレス解消方法 

2006年06月16日(金) 16時21分
Brosis;

@ 寝る・横たわる
A 好きな音楽を聴きながら妄想
B 映画を見て泣く
C 元気があったら料理を作って食べる
D まだ元気があったら走りにいく


全部1人でできることやね…
⇒誰かに迷惑をかけたくないからなんだと認識しているけれど、
もしかして「自分の殻に閉じこもり系」なのかも?!

わたしのストレスは重要な人とのエトセトラです。(恋人・家族などに限る)
ひどくおせっかいで、煩悩=夢中 になりすぎてしまいます。
言い換えれば、その他の人とはいい距離感を保ててしまっている
=クールなつきあいをしてしまっているのかも?  


人生のすべては、愛すること(と働くこと)
愛こそすべてとまでは言えないけれど、もし私が男だったら、
仕事より夢中になった人を大切にしすぎて、
大きな仕事はできないかもしれない。。。


最近、1番のストレス解消法である睡眠が妨害されてます。
暑さのせいか、なかなか眠れません。涙


みなさんはどんなストレス解消法をとっていますか?
または、どんな安眠法をとっていますか?


文化的に生きる 

2006年05月17日(水) 16時14分
Brosis;

つい先日、神主さんと話をする機会があり興味深いことをおっしゃられていた。

キリスト教において、神はたった一人の存在「GOD」(Sは絶対つけない)
それに比べてアジアはシントイズム=多神教。神棚に2種類の違う神様が並ぶことも普通である。


これは、大乗仏教と小乗仏教の違いらしい:
小乗仏教=小さな船をひとりで漕ぐ、どちらかというと厳しめな教え、キリスト教
大乗仏教=大きな船をみんなで漕ぐ、どちらかというと甘めな教え、シントイズム



ちなみに、西遊記の三蔵法師の台詞にこんなものがあった
「絶対生きたい!と願ったものには神様はちゃんと答えてくださるものです。」
(石に埋めらていた孫悟空のエピソードに対してのコメント)

うーん、非常に大乗仏教的。

わたしは幼稚園の教育で、どちらかというとキリスト教より。
理論からすると厳しめな教えを受けたはずなのに、「信じるものは救われる」と、
自分に都合よく神を存在させている。

「神様」皆さんは、どんな像を思い浮かべていますか?

(追伸)
Happyさんに触発されて、わたしも文化的に生きることを心がけてみます。
10年くらいに渡る肥やしが実を結ぶことをお祈りして。

そういう時期 

2006年04月06日(木) 16時50分
Brosis;

「恋人」の関係において、ちょっとしたタイミングのズレから
一方が寂しさを感じることは多い


大切な友達がこんなことを教えてくれた:


今のこの瞬間が寂しいだけで、何も得るものがないのか、
それとも、この寂しさは将来のためにあるものなのか
相手は自分だけのことを考えて、今の道を進んでいるのか、
それとも、2人のために今の道を選んでいるのか



「未来という長い道のりを同じ方向にすすんでいるふたり」

寂しさなんて、長い道のりにおいては一瞬…
”そういう時期”なのだ


相手のためにと言いつつ、相手のせいにしてはいないかな?
お互い自立できる道があることがお互いの潤滑油になる
たまに、自分自身を楽しむことを忘れていないのかな?
2人はライバルではなく、自分が変われば相手も変わる



これからの未来のこと、もっと話そう。
素直になれる相手、友達・親・恋人ともっと話そう
ワクワクするくらい…もっと話そう

永遠に続くもの 

2006年03月24日(金) 15時25分
Brosis;

先週末、友達の結婚式に行ってきた。
そこでの神父のお言葉に、こんな内容ものがあった。


永遠に続くもの、それは「希望」と「愛」と「信仰」である。
その中で、最も「愛」は大いなるものである。


苦しみや怒りや恨みは、いつしか消えるが
希望や信仰は消えないのである
愛もまた消えない


友達は、終始笑顔を絶やさず、それがまた感動的な1日でした
笑顔は、愛は、前向きな思想は、たくさんの人の心を温かくする


温かい心に触れて、わたし自身もまたそうありたいと思う

 

2006年01月27日(金) 18時54分
Brosis;


小さいときにあまり泣けなかった(泣かなかった)子は、
大人になったら、涙がぽろぽろでてくるんだよ。

↑最近なるほど感の高いお気に入りフレーズ

「最近歳のせいか涙もろくなったわ…」

これは、たまに耳にするフレーズだけど、
歳をとる⇒思い出が増える⇒情が深くなる
ということなのかな?


夢はいつだって見れるし、感動もいつだってできる!!
そう思っていられるのは今のうちだけなのかな?



顔の冷える寒い冬は特に、
温かい涙を流して、心の水を澄ませていたい

2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ネオニート
» 信じるということ (2008年01月19日)
アイコン画像0505
» わたしのストレス解消方法 (2006年06月30日)
アイコン画像Brosis;
» そういう時期 (2006年04月10日)
アイコン画像0505
» そういう時期 (2006年04月10日)
アイコン画像Happy
» 自信 (2005年10月31日)
アイコン画像0505
» 自信 (2005年10月28日)
アイコン画像tさんへ
» 自信 (2005年10月13日)
アイコン画像t
» 自信 (2005年10月12日)
アイコン画像Brosis;
» 本から見つけた素敵な文章 (2005年08月19日)
アイコン画像Happy
» プロセス重視 (2005年08月18日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:happy_brosis
読者になる
Yapme!一覧
読者になる