付き合おうか...

March 20 [Sun], 2011, 0:00
19
あの飲み会の日に約束してたデートの日

彼の仕事が終わってから、お迎えに行った。

ルクルでごはん食べて映画『SP』を観た

ずっと観たかったから、すっごい面白かった〜

映画の間もずっと手をつないでてこんなふうに映画を観るのは久しぶりだった。


日付が変わって、家に寄ってちょことご対面
彼の家に泊りに行くことになったから、準備してちょっとぎゅーってしてた

そしたら彼が。。。

『ちゃんと言ってなかったね。  付き合おうか』って言ってくれた

日付が変わったから、3月20日がお付き合いの日ねって


こういうのはちゃんと言っておかないと、後からごちゃごちゃなるからねって笑ってた。

えらいね〜
いや、当たり前なんだけどね。
でも最近の恋愛は、けっこういつの間にかっていいうのが多くて、いつが記念日が分からないとか、言葉がなくて何となくとかばかりだった。

ちゃんと男らしく言ってくれたのが嬉しかったし、新鮮だった


彼の家にお泊まりして、朝はのんびり過ごして、初の博多駅に遊びに行った

あいにくの雨で、寒かったうえに、人が多すぎてめっちゃ疲れた。
キャナルでお買い物して、夜はかっぱ寿司

クタクタで帰って、今日は我が家にお泊まり。


さすがにこれだけ一緒にいると、色んな面も見えて『んっ??』って思うこともあるけど、基本的に優しい人。
朝はいちゃいちゃして、早めに家を出て実家に帰りました


お付き合い記念日は、3月20日(日)大安です
これからも仲良く、思いやりをもって、ずっといれますように

新しい出会い

March 15 [Tue], 2011, 9:11
3月13日 新しい出会いがあった

県が主催する飲み会に1人で参加した。

今までも、婚活企画に何度か行ったけど、なかなか出会いはなくて、半分諦めていた

今回も応募はしたものの、夜勤明けだし、一人だし、行くの止めようかな〜って本気で思っていた
でもキャンセル料かかるしな〜と、意を決して参加した

今までと似たような感じで、パッと見いまいちだし、プロフィール書いて2分で何話せばいいか分からないし・・・
でも頑張って話した。

ただ、違うのはちょっとしたゲームがあったのと、食事があったこと
これは大きかった。

最後に同じテーブルになった人が、2次会に誘ってくれて、その友達と主催者さんと行くことにした


連絡先を何人かに聞かれたけど、意外な人からいいなって思ってた人まで、みんなに教えた



2次会は、主催者さん行きつけの居酒屋で少しだけ食べて。。。

ミツバチっていう中洲のオシャレなBarに連れて行ってくれた

まーくん、優介、谷畑さん、恵子さん(熊本日赤のひと)、私の5人で行ったけど、谷畑さんともっとお話ししたいなってずっと思ってて、ミツバチでは偶然隣の席になったから、ここで連絡先を交換しようと決心


お店はかなり雰囲気よくて、キャナルやハイアットが目の前の、那珂川を挟んだところにあって、お酒は飲まなかったけどとっても居心地良く過ごせた

最初は二人の距離が微妙に空いてたけど、だんだん仲良くなってトイレから戻ると、ソファの背もたれに手が置かれていて、私がもたれかかると、肩に手を回している感じになった

これは、どんなことされると嬉しいかっていう話の流れからだったけど、でもドキドキした

頭をポンポンしたり、よしよししたり、寒いと言ったら上着をかしたり。。。
誕生日やイベントの日は、こっそりサプライズが嬉しいこと、ケンカしても、嘘や言い訳でごまかさず、一言ごめんねって言ってぎゅって抱きしめてほしいとか・・・

酔ってもないのにそんな話して、彼はそれに乗ってくれていた


22時過ぎて、お店を出て、私と彼が天神方面だったから2人で帰れるようになった

時間も早いし、日赤まで歩いてお話ししようということになった。
すごく寒かったのもあって、『いま会いに行きますの映画で、ポケットの中で手を繋ぐの流行ったね〜』って言ったら、こんな感じ?って手を繋いでくれた

とっても暖かくて、そこからずっと手を繋いで病院まで帰った。

送ってくれたから、箱崎まで車で送ることにして車の中でも手を繋いだり触ったりしてかなりドキドキの空間でした。

家について少しおしゃべりしてたら、なんとなく静かになって、私が肩にもたれたら頭をよしよしってしてくれて、その手がまた優しくてキュンってなった

「1回だけぎゅってして」って言うと、いいよって抱きしめてくれた
ぎゅってしてもらったら帰ろうと思ってた。

でも、時間とaikoの曲と、雰囲気とに酔ってしまい、キスした
何度もキスをして、『好きになってしまう・・・』って言ったら『イイよ』って言った。
『もう好きになった?俺は。。。なった』って。
でも『会ったばかりやし、いいのかなっていう思いはあるよ。でももう帰したくない。帰してあげたいけど、帰さん』って

私も、雰囲気に流されているだけじゃないかと思ったら不安になるってことを話したら、そうよねって言いながらも、一緒にいたいと言ってくれた。

私にも、まだこんな風に思ってもらえる人がいたこと、それは魅力なのかもしれないと思ったら、それが嬉しくて。
女の子として優しく接してくれる気持ちが心地よかった

だから、私は結果としてどうなるかより、一緒にいたいと思う気持ちを大事にした。


一緒にコンビニで買い物して、SP見て、かっこいいね〜とか言いながら、くっついて一緒にいることが嬉しかった。


当たり前のことなんだけど、ちゃんと避妊してくれたし、本当に優しくて、後悔どころかこの選択は間違ってなかったと思えた。
いや、まだ私も恋愛ができるっていう確信が欲しかっただけなのかもしれない。
誰かに優しくされる時間を肌で感じて、安心したかったのかも。

当然だけど全然眠れなかった

朝出かける前に、お互いこの気持ちを確かめるみたいにギュってした
車のまえでも『人が見ててもいい』とか言って、じゃあねってぎゅーってしてくれた
それだけでホッとして落ち着いた。

まだ信じられない

実際、これでよかったのかな〜って思う部分はあるけど。。。
でも出会った

これからゆっくりお互いを知っていけたら。。。と思います

本当は。。。

October 16 [Sat], 2010, 19:54
2010年10月16日

本当だったら、順調に進んでたら、今日は私の結婚式だった

いろんな事があって、いま一人でいるけど。

式場を予約した日、まさか今日に一人でいるなんて、思いもしなかった。

しかも、もう別れて厄介なことになってるなんて、夢にも思わなかった

今日は仕事だったけど、朝から。。。いや昨日の夜から少し複雑な気持ちで過ごした。


あんなに素の自分を出せたのも、心を許せたのも、初めてだった。

人を大切に思ったり、つらい現実と向き合って自問自答したり、人生をかけた大きな決断をしたり。

私は、自分の人生を考えながらしっかり悩んで出した答えだったから、今こんな状況になって、かなり動揺する。

あ〜私は間違っていたんだって。
心を許した人は、私が思ってるような人じゃなかったんだって。

彼に対しても腹が立つけど、それを見抜けなかった自分にも腹が立つ


誰にだって間違いはあるし、結婚や入籍する前で良かったとも思う。

危うくバツイチになるところだった


きっと縁がなかった。

今日のお昼に見たTVで、出会うのも縁だけど、別れるのも縁だと言っていた。

そして、きっちり過去と決別したときに、初めて新しい出会いがあるのだと。


確かに今回のことは悔しいし、ムカつくし、何とかして仕返ししたいと思う。

怒りの感情以外出てこないし


でも、そんなくだらない男のために、時間を無駄にしたくないし、裁判とかで変に心や形に残っていくのも嫌だし。

親としては形としてあいつのやったことを突き付けて、ぎゃふんと言わせたいんだろうけど。

きっと裁判起こして、お金なり謝罪なりっていう形を残さないと気が済まないだろうけど。。。


私もそう。
誰よりも傷ついたし、誰よりも憎しみは大きくて深い。
信じていた分、なおさら。

だけど、私が新しい出会いの中で、本当に縁のある人と結ばれて幸せになること
その時初めて彼に対して、ざまーみろと思えるときなんだと思う。

だから私は前を向いて進む

絶対に幸せになる

今日のこんな気持ちがちっぽけなものに思えて、あ〜あの時結婚してなくてよかった、別れてよかったと思える日が必ず来る

そう思えるから、ちっとも寂しくない。

これから始まる出会いと、幸せへの時間を思うと、心がウキウキしてくるよ

どんな出会いが待っているのか、本当に楽しみ


私が真っ白なドレスを着てお父さんと腕を組んで歩くその日を夢見て。。。


私にはいま、追い風がふいているから、きっと大丈夫

何度でも。。。

June 03 [Thu], 2010, 10:13
2010年10月16日

結婚が決まったと喜んでいた。

実家にも挨拶に行き、顔合わせをどうしようか衣装合わせはいつ行くか。。。
話はどんどん進んでいた。

でも、事態は一変

彼が結婚を延期したいと言い出した。

借金の事やお店の事、今言わなくてもいっぱい考える時間も立ち止まる時間もあったはずなのに。。。

約1ヶ月、悩み考えイライラしながらも前向きに考えようと、彼の思いを尊重した

本当は一度決めた事を簡単にキャンセルしたり、変更したりするのはイヤだった。
ましてや結婚式だもん
人生の一大事

それでも、私は彼を信じ、彼に付いて行くと決めたんだから、二人の幸せのためなら時期にこだわってる場合じゃないって思うようにした


そんな矢先の

もう終わった。。。って人生真っ暗じゃないけど、そんな気分だった

あ〜信じた人に裏切られるって、こんなにツライんだって思ったし、全身が震えて泣いても泣いても涙が出る
信頼の気持ちって、簡単に築けるものじゃないし、いったんダメになると修復も難しい

長年看護師をやってきて、信頼の気持ちがどれだけ大切かっていう場面を何度も見てきた

親族への信頼はもちろん。
医者や看護師は他人だけど、信頼がないと命は預けられない。
病気の人は心も一緒に患ってしまうから、全身で私たちに信頼を寄せている

もうそれは絶対的なもの。

だから絶対に裏切れないし、精一杯の気持ちで返さないといけない。

そんな環境にいるからこそ、人を裏切るって事に対しては理解ができない。
それも、これから一生を共にしていこうと決めた大切な人に対してだから、ますます怖かった

もう私には縁のなかった話なんだって思わないと、心のバランスがとれないし、それはそれで、なんで私なの?っていう怒りも出てくるし。。。

彼は何度も何度も謝った。
私を失うかもしれないと思ったんだろう。

私はどうしたいんだろう。
失いたくない、寂しくなるからなのか。
大事な人だから、なのか。
考えても考えても、答えは分からず、泣いて悩んで迷って凹んでの繰り返し

一番ピークの時、西さんとしほが家に来てくれて一緒に過ごしてくれた。
テンション高くて、私の気持ちとは180℃違って、うるさかったけど、あり難かった

どっちにしても会って話さないといけないし、落ち着いて話せると思ったときに家に来た。

心にあるモヤモヤと、怒りと、不満と、不安と、今までの我慢を全部ぶちまけた
これは言わないって思ってたことも、もうイイって思ってたことも、ここぞとばかりにぜーんぶ

泣かずにちゃんと心を見せた。

きっと彼はびっくりしただろうと思う。
言わないって決めたんじゃなく、ただ言えなくて聞けなくて、タイミング逃して、溜めてストレスになってただけ。
理解してたわけでも、信じてたわけでもなく、ずーっと疑いをもって、むりやり蓋してただけ

結局今回のことで、みんなが傷ついた

彼は、言わない方がいいと思って言わなかった事も全部話してくれた。
良かれと思ったことが裏目に出て、結果的に私を傷つけてしまった事を謝った。
ギリギリまで悩んだけど、もう一度だけ信じてみると伝えた

それで良かったのかは分からない。
今回私は全てを受け入れて、彼を信じると言った。
そう思おうとしただけかもしれないし、そう言い聞かせてるだけかもしれない。

でも、私を想う気持ちが不器用に伝わったから、今回だけは100歩譲って。
人は間違いも起こすし、迷ったり回り道したりもする。
私も今後そうならないとは言えないし。

ここで突き放す事もできたし、彼も『今日会ったら最後になるかもしれないって覚悟してきた』と言ってたし。
でも、1回くらいは許せる心を持っていたいと思った。
これから先、大事なことを決めたり選んだりする場面はたくさんある。
その時は絶対に一人で考えて決めるのではなく、一緒に考えて話し合って決めようって約束した。

大事なことだからこそ、一緒に考えればきっと色んな道が開けるはずだから

今回別れなくてよかったと思える日がきっと来ると信じて

何十年も先になるかもしれないけど。。。
彼を信じた自分を信じて

他人である彼に、ここまで心を見せられたのは、やっぱり信じてるからなのかな?
腹を割って話せる人じゃないと、結婚なんてできないって改めて実感した

言いにくい事もたくさんあるし、親しき仲にも礼儀ありだから、何でも話せばいいってもんじゃないけど。


10000回ダメで 望みなくなっても10001回目は来る
明日がその10001回目かもしれない。。。

☆Happy Birthday☆

December 28 [Mon], 2009, 17:29
今日は回目の誕生日

日付が変わってすぐ、リエと紗代からおめでとうが届いた。

マコも一足遅れて、電話でおめでとうって言ってくれた

そして、この忙しい年末なのに、遅くなるけど行くからねって、本当に2時くらいにきてくれた

誕生日くらいは一緒にいようって、いーっぱいチューしてくれた(いつもだけど)


久しぶりに一緒に寝た。
マコはあったかい。

Hの時も、ぎゅーって抱きしめてくれて、いっぱい頑張ってくれた


代から代になるって、けっこう複雑だった。
女は30からとか言うけど、やっぱり20代でやっておきたかった事、出来なかった事がいっぱいあって・・・

でも、大好きな人と30歳のスタートに一緒に過ごせた事は本当に幸せだな〜

プロポーズ期待してたけど、言われなかった。。。

そこは残念だったけど、でもきっと彼なりに考えてくれてるはずだからね。


昼までゆっくりして、彼を送り届けた。
他の友達からもたくさんお祝いのもらって、幸せだった。


30代はきっと色んな事があって、環境も変わることとおもう。
でも、きっと傍には大切な人が居て、ずっと笑顔で楽しくすごしてると思える。


1日1日を大切に
人に優しく、あったかい大人になろう

私の人生これから

絶対に輝いてみせる〜〜

☆クリスマスプレゼント☆

December 25 [Fri], 2009, 21:35
この1ヶ月いろんな事があった
連絡が途絶えたり、彼が分からなくなったり、このままで本当にいいのか悩んだり

荒武先生に相談にのってもらって、目からウロコだった。

お父さんも言ってたけど、

彼を失う事で自分はどうなるのか・・・
寂しいとかつまらないとか、そういう感情ではなく、彼の存在意義をしっかり考えなさいって。

私は正直分からなかった。

確かに、彼と別れたとしてももう次がないとか言うわけではないと思う。
でも、別れる勇気はない。
それがなんなのか・・・

傷つきたくないとか悲しいからとか、確かにそんな気持ちはある。

私は、彼が本当に必要な人なのか、彼じゃないとダメだっていう『何か』があるのか、しっかり見極めようと思う。
それは彼から見た私もそうだと思うし。

まずは、相手を信じる事
疑いの気持ちを持って接するのを辞める事
自分の気持ちに正直になること

もちろん簡単ではないけれど、結婚して生涯寄り添っていくうえで、これができない人とはまずムリだと思う。

そして、電話はもちろんだけど、彼と会った時も笑顔で居ること。
無駄な心配をかけないこと。

彼とは電話で話して逢わないことがしょっちゅう。

だからこそ、笑顔で話せば声のトーンも上がるし、そしたら彼も嬉しいし、話す内容も必然と楽しくなる。
結果として、楽しく電話も終われるし、場合によってはほんの少しの時間でも会おうかってなる。

彼が心地よく居れて、余計な心配や負担がなくなってモチベーションが上がるなら仕事も頑張ろうって思えるだろうし。

私の役目はそこかな〜って思った


ムリやストレスにならないように、私の心がけ一つでお互いの関係が良くなるならその努力は続けられる。


そう心がけてから、彼とは楽しく過ごせるようになった

この忙しい年末でも、仕事の合間に時間を見つけては会いに来てくれる

ただゴハン食べるだけだったりもするけど、それでも楽しくて元気になる。


そして今日はクリスマス
2時間もなかったけど、夕方買い物に付き合ってくれて、なんと指輪を買ってくれた

ピアスが欲しいと言って色々お店を見て回って、本当は欲しかった指輪も出してもらった。
いくつか着けてみて、二人で選んだものを買ってくれた

婚約指輪とまではいかなかったけど、車の中で左手の薬指にはめてくれた

まだまだプロポーズしてくれる気配はないけど、少しずつ前に進んでる気がする。

指輪をプレゼントするのは初めてって言ってたから、ちょっと嬉しかった。
そんな嬉しそうにしている私を見て、マコも嬉しそうだった

きっと、私が笑顔でいることが、マコにとっては嬉しいんだろうなって感じがした。

私はマコに何をしてあげられるだろうって、なんだか難しく考えちゃったりしてたけど、二人で居る時にいかに楽しくすごせるかっていう根本的なことを忘れてたんだね。

何もいらない。
一緒にいて、笑顔で楽しく過ごせるなら、それが一番だと思った。

サンタさん、ありがとう

              

☆なんだろう☆

November 25 [Wed], 2009, 21:36
先週とつぜん夜に呼び出され、ゴハンに付き合って家に泊まった。
次の日が保育実習だったし、休みがないまま働いてたから正直疲れてた。
マコが来ると嬉しいけどゆっくり寝れないし・・・

でもイヤだと言えず、すぐに寝るからという条件で家に来た。

あまり眠れなかったけど、朝から案の定Hだったけど、一緒に家を出て実習に行った。
マコも少し早いけどと、タクシーで市場に行った。

それっきり、連絡してない。

電話は数回あったけど、タイミングも悪くて話せてない。


なんだろう?
明らかにおかしい。

たまに、ん?って思うことがあるけど、ハッキリ言って原因が分からない事が多い。
普通にバイバイしても、突然こんな風に連絡がこなくなる。

夏にお別れの手紙を受け取った時もそうだった。

何がダメだったのか、何を考えているのか、よく分からない。


1度や2度じゃないから、ちょっと困る。
気まずく別れたのなら分かるけど、こういうの意味わかんないから性質が悪い

黙って一人で考えて決めちゃうから、それも性質が悪い。


こんなんで結婚して上手くいくのかなァ・・・・・


同棲してなくてよかった、婚約してなくてよかった・・・と思ってしまう自分が怖い。


男は彼だけじゃないって言われ、これでダメになっても次は絶対あるからって言われ、そうなのかな〜とか思ってしまう自分が・・・


年末になって仕事が忙しいだけかもしれない。
紗代が言うように、意外と『な〜んだ!考えすぎだった』ってことかもしれない。

でも、こんな状況になると必ず過去の彼のウソが思い出される。

メールもmixiも、家の事も。
未だに家には呼んでくれないし。

一緒に住む話もどうなったのか分からないし。

先週来た時は、一緒にお風呂に入ってて『狭いから一緒に入るのがいやだ』という話しから『一緒に住むときは広いお風呂があるところじゃないとダメやね〜』とか言ってたけど。

とつぜん、結婚式には宮越さんも呼ばなきゃとか言い出したりする割りに具体的な話は出ない。

誕生日にプロポーズする様子もないし。


本気じゃないなら、夢みたいに話すだけなら、そんな事言わないで欲しい。


こんど会ったら、今年中にハッキリさせようと言うつもり。


もしそれでハッキリした結果がなかったら、今後の事も含めて考え直そうと思う。



日々プラスとマイナスの波がきて、1年どころか1週間先の状態がわからない。

疲れる。

いつになったら落ち着くんだろう。

私はどうしたいんだろう。

彼は何を考えているんだろう。どうしたいんだろう。


☆感謝されること☆

November 20 [Fri], 2009, 17:43
西6から北3に異動して8ヶ月。
お産にもたくさん立ち会ったし、赤ちゃんにも癒されて、同じ病院とは思えないくらい心身の負担から開放されてる

18日、リエが入院してきた。
4年位前からフォローしてきて、ずっとスメアVクラスだったからレーザー蒸散術に踏み切ると。
診断名は『子宮頚部異型性』だけど、カルテには『子宮頚癌疑い』で書かれる

一度リセットしようって言われての入院だったけど、ずっと色んな事を考えて悩んで泣いて過ごしてきたみたい。
松尾さんからは聞いてはいたけど、りえからはとうとう話してもらえなかった。

でも、部屋で泣きながら二人で話して、OP終わってからも様子を見に行って、無事に終わったことにホッとした

今までレーザーは外来でもできる簡単な処置だし、サクッと終わるからラク〜くらいにしかおもってなくて、今回の事をきっかけに婦人科でOPする人の計り知れない思いを今まで無視してきた事が自分でショックだった。

もちろん、一回一回そんな風に人の思いを全部受け止めるのはムリだし、冷静に対応できていいという利点もあるけど、その背景くらいもっとしっかり見ないといけないなって思った。


ついこの前も、外科で転棟してきた迫川さんから退院する時に手紙をもらった

十二指腸穿孔の保存的治療で、もう安定して食事の調整くらいだったし、北3にいたのは1週間くらい。
私は普段どおりに食事が摂れない人には食事の調整をして、退院に向けて不安な事がないか聞いて、余裕があるからこそ、スツールに座ってゆっくり話を聞くという姿勢で対応した。

それがとても嬉しかったと、感謝の言葉がいっぱい書かれていた

そして、私を見たときにイメージして描いたと、ゆりの花のデッサンもつけられていた

私と出逢えて良かったと、おかげさまと言われ、自分の仕事を改めて誇りに思った。
私は誰かの役に立ちたいとかじゃなく、この仕事が好きだから続けてる。
でも、きっと普段から何気ないことにも『ありがとう』『助かりました』と感謝の言葉をもらう事が多くて、そんな現状に慣れてしまってたな〜って思う

北3は基本的におめでたい病棟で、赤ちゃんもいるし癒しの空間だと思ってた。

表面的にはそうなんだけど、お産一つにしても背景はドラマ以上に複雑で・・・圧倒されてしまうことが少なくない自分の人生がいかに平凡なのかと思う。

稽留流産で子宮全摘する人、私より若いのに卵巣癌になった人、ケモで苦しんでいる人、生まれてすぐに赤ちゃんがlowアプガーで搬送される人、悪性かもしれないと説明を受けてOPに臨む人・・・・

たくさんの感情が渦巻いて、時々さすがに精神的にきつくなる時がある

病院で勤務する以上、こんな事は当たり前だし、仕事だからと割り切って気持ちを高いところで意識して持っていないと、こっちがダメになる現実

でも、人の生と死を隣りあわせで見るこの病棟は、どこよりも特殊な環境だと思った。

人は生まれたときから死に向かって生きているとTVで言ってたけど、本当にそうだと思った。
だからこそ悔いのないように、精一杯みんなに助けられながらも生きていかないといけない。

現実を受け入れる勇気、立ち向かう勇気、挫折や希望の光を繰り返しながら人は生きている。
私は今のところ健康で、自分の好きなように生きていける。
でも、それは当たり前じゃない

いつ自分の身に降りかかってくるか分からない。

だからこそ、患者さんからの元気をもらって、しっかり生きていこう


看護師生活も、残り少ないかもしれない。
もう病院で勤める事はないかもしれない。
後悔しないように、どんな道をえらんでも精一杯頑張っていこうと思う。


全ての事は縁だと思うから、人との出会いは大切に過ごしていきたいなと思った

☆デート☆

November 04 [Wed], 2009, 23:31
昨日は久々に。。。というか初めての普通デート

数日前に、火曜日は予定ある?ってメールしたら『どこか行くなら予定を入れないようにするよ。前の日も飲まないようにして、早起きもするし』って言ってくれた

それだけでも嬉しかった。

昨日はお昼前から会って、マコの買い物に付き合った。

ドンキーに行こうと言うからついていったら、なんとHなグッズを買うためだった
この前オープンになったばかりに、もうこんなに進んでしまって・・・

でも私も興味あったし、いいタイミングだったかも。

おもちゃと、クリスマス用の白いサンタの衣装を買った。
そして、マコの友達が働いてる眼鏡屋さんにいって、めがねを購入

前から、めがね買ってあげるとは言われてたけど、オシャレのためだけじゃなく、エロかわいさを求めるためだったらしい。
私に変装させて、コスプレをしたかったみたい

眼鏡屋さんで、散々いろんなものを試した中で、マコが選んでくれた赤い縁のかわいいだてメガネが完成しました。
ちゃんとしたものだから、15000円もした

マコのパンツも買いに行ったから、そこでは私が好みのパンツを選んで買ってくれた。


帰って久々にゆっくりじっくり愛し合って最後にイクことができた

最近はちゃんとマコに気持ちよくしてもらって、心もオープンになってきた証拠だな〜って思う。


おもちゃは使わなかったけど、コスプレでHだったからちょっと燃えちゃった



買い物の移動中、マコが『かあちゃんが、早く結婚しろって言うんよね。いつするんねって聞かれたから、そのうちって言っておいた』って言ってた。
そこまで話してても、肝心な事は言わないんだよね

なのに、一緒に居たら何もしなくても楽しいとか、もう離れられないとか、結婚したくなった?とか聞いたり言ったりする。
わたしが同意すると嬉しそうにしてるけど・・・自信がないのかな〜と思うときもある。

プロポーズして、私が受け入れないと思ってるのかな
実際やっぱりマコと結婚する事に迷いがでたりするけど、分からなくなったりもするけど・・・
でも一緒に居たいと思う気持ちは本当だし、そんなもんなのかなって思う。

はやく子供もほしいしね


昨日は夜また約束を入れてたみたいで、20時前にお店まで送って行った。

帰りに買い物して帰ったけど、一人の部屋がやけに寂しくてちょっと胸が苦しくなった。
こんな感情は久々だった。

すごく楽しく過ごした後だから・・・?
昨日はTVで寂しさをごまかしながら過ごしたけど、やっぱり結婚したらこんな事はないのかな〜ってふと考えさせられた夜でした。

私はマコと結婚するんだろうね
マコとだったら、きっと楽しいだろうな〜って思う。

でも、マコの変態さが、ちょっとずつ明らかになっていくのがドキドキ。

次はおもちゃも使うのかな〜とか思ったら楽しみなようで、怖いようで・・・

あまり激しくなりませんように

☆妊娠☆

October 27 [Tue], 2009, 11:17
産婦人科で働き出して、妊娠や出産について考える機会が増えた。

女として、生理周期やホルモンのことは知っていたつもりだけど、やっぱり勉強になる

いま妊娠したら、いつが予定日か・・・この時期は避けたい・・・排卵日は・・・

色んな事を考える。

私たちは、避妊をしていない。
結婚も真剣に考えてるし、妊娠してもいいと思ってる。

だから避妊しないのとは違う気がするけど、マコはゴムの臭いがダメだと言う。
中で出さないのは、決して避妊ではない。

排卵日に中で出したりもした。
避妊せずに、排卵日も関係なくしたりもする。

今月、28日周期の生理として逆算した『生理が始まる日』に、おりものに血が混じるようなものが出た。

生理の前触れかと思ったけど、それっっきり出血はない。

次の日も、ほんのちょっと血がつくくらいで、生理ではなさそう。

紗代と昌子に相談。

『妊娠の可能性があるなら、切迫流産かも』って。

hCG検査をやってみた。    結果はマイナス

ショックと安心が半々だった。

できてて欲しかった でも、マコはなんて言うかな。
このまま妊娠してたら結婚・・・本当に大丈夫かな・・・

色んな思いが駆け巡った。

夜になって、本格的に出血した。

マコからあって、体調が悪いと言ったら『できてるんやない』って即答。

何で??

きっと、熊本に行ったとき大丈夫と言って中出ししたから・・・と思ってるんだろうな〜。
妊娠の仕組みについて知らなすぎ


めずらしく結婚式で京都に行ったときにお土産を買ってきたと言われた。
それも渡したいしってことで、少し心配しながら昨日来てくれた。

うどんが食べたいと言ったら、鶏肉やらいなりやら買ってきて、家で作ってくれた
美味しかった

妊娠してたかもしれない・・・でも出血したから・・・と話したら、ビックリしながらも残念そうだった。
妊娠してても困らないし、また挨拶に行かないとねとか言ってたけど。

でも、やっぱり女の子の体のことや、妊娠の経過については無知だった。

いろんなやり取りがあって、まだ妊娠の可能性があるよってことにしておいた

来週にはハッキリするだろうから、病院に行ってみるって言った。


彼がどんな反応するのか知りたかった。

できてるかもしれないってことには、動揺することもなく・・・いや本当はドキドキだったかもしれないけど。
中でちょびっと出た精子で妊娠したなら、そいつはすごい優秀なやつだとか、のんきな事を言ってた。


私は、妊娠してるかもと分かった時点で、やっぱり結婚の事を話して欲しかった。

できてたら結婚、できてなかったらまだ保留ってこと


それもどうかと思うけど。

彼は順番が違うけど、できてるならちゃんと産もうねって言った。
避妊しない、できてもいいと思うなら、順番が違わないように結婚すればいいこと。

でも、そうは言わない。

なんだか心配になってきた。


結局は、ふたりとも変なテンションで。
マコは「Hスキだし毎日でもできる。でもまだ本気の1割しか出してない。本気を出したらマイコは変態って引くと思う」っていう。
だから「本気出していいよ。じゃないと楽しくない」とか言って。

縛ったり、いじくったり、いろんな事したいみたい。
痛いのはイヤだとか、熱いのはどう?とか、ちょっとマニアック。

お尻に入れるのはいやだから、ちょっとならイイとか。

きょうのHは、血が出るのも気にせず、けっこう激しい感じだった。
マコも力が強かったし、どうして欲しいの?って聞いてくれて、恥ずかしいながらも答えたり。
初めての感覚だった。

オープンになったら、けっこうすごそう


これから、どうしよう。

わたし大丈夫かな?

どうしたいのか・・・  次の排卵日に頑張ってみたりしようかな・・・

妊娠って簡単にできるもんじゃないんだって思った。

神様はちゃんと見てて、本当に必要な時にしか授けてくれないんだろうな。


今じゃないってことなのかな
2011年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:happy_bell
読者になる