闇のBAROQUE−バロックー 

2006年12月18日(月) 16時23分
光閉ざす BAROQUE−バロックー 美しきノイズとなれ
黒い罠のささやき 揺りかごで 永遠に眠れ

ゆっくりと めざめてく
内なる心の影よ
真紅のバラを飾り 真珠を凍らせて

さぁ・・・ともに 願いを一つにして
大いなる暗黒に 身をゆだねて

心盗む BAROQUE−バロックー マイナスの波に抱かれ
信じていた世界は一瞬で 音もなく消える

ゆっくりと 向かってる
終わりーcodaーの時を 祝おう
氷の微笑みたたえ 真珠を灰にして

あぁ・・・友よ。 希望の光あれば
滲みだす 絶望というオマージュ

光閉ざす BAROQUE−バロックー 美しきノイズとなれ
黒い罠のささやき 揺りかごで 永遠に眠れ
閉ざされた楽園・・・

さぁ・・・ともに 願いを一つにして
大いなる暗黒に 身をゆだねて

変わり果てた世界で 運命の危さを知る
あてのない悲しみが 心を 砕く前に
光閉ざす BAROQQUE−バロックー 美しきノイズとなれ
黒い罠のささやき 未来を目指し ともにゆこう・・・

花と蝶のセレナーデ 

2006年12月17日(日) 17時41分
月夜に咲いた 蘭花ーはなーの香りは かぐわしく
紫色の 夜明けに光る 蜜の味

この世のすべてを 私にくれたら
夜ごとの宴は 楽しき夢の宴

踊り 踊れ! 今宵は・・・花に酔う アゲハの舞

下弦の月を 堅琴にして 奏でよう
千の鈴音 笛の音色を 研ぎすます

私にかしずく 可愛い僕よ
きらめく刺繍の 羽衣 授けよう

ひ・ら・り ふ・わ・り 踊れば つま先こぼれる 花びら
優美なるセレナーデ すべてを忘れて 踊れ!

いっそ息の根を 止めてあげようか・・・
ずっと 美しい 姿のまま

私にかしずく 可愛い僕よ
きらめく刺繍の 羽衣 授けよう

金と銀の羽根 舞う
一夜の夢の泡沫よ
踊り 踊れ! 今宵は・・・花に酔う アゲハの舞

月夜に咲いた 蘭花ーはなーの香りは かぐわしく
紫色の 夜明けに光る 蜜の味

ひ・ら・り ふ・わ・り 踊れば つま先こぼれる 花びら
優美なるセレナーデ すべてを忘れて 踊れ!

金と銀の羽根 舞う
一夜の夢の泡沫よ
踊り 踊れ!今宵は・・・花に酔う アゲハの舞

君がいるだけで 

2006年12月16日(土) 17時32分
たとえば 君がいるだけで 心が強くなること
何より大切なもの 気づかせてくれたね

ありがちな罠に つい引き込まれ
思いもよらない くやしい涙よ
自分の弱さも 知らないくせに
強がりの汽車を走らせていた
めぐり逢った時のように
いつまでも 変わらず いられたら
WOW WOW True Heart

たとえば 君がいるだけで 心が強くなれること
何より大切なものを 気づかせてくれたね

裏切りの鏡に 映しだされた
笑顔につられて 流されてた日々
儚いものへの 憧れだけで
すぐ目の前にあることを 忘れてた
なぜもっと
素直になれなかったのだろう 君にまで
WOW WOW True Heart

たとえば 君がいるだけで 心が強くなれること
何より大切なものを 気付かせてくれたね

True Heart 伝えられない True Heart わかって
True heart 見えないものを True Heart 見つめて

たとえば君がいるだけで 心が強くなれること
いつでもいつの時も二人はお互いを見つめてる

たとえば君がいるだけで 心が強くなれること
いつでもいつの時も二人はお互いを見つめてる

ララララ・・・(F,O,) 

PRIDE 

2006年12月15日(金) 17時23分
私は今 南の一つ星を 見上げて誓った
どんな時も 微笑みを絶やさずに 歩いて行こうと

貴方を想うと ただせつなくて 涙を流しては
星に願いを 月に祈りを 捧げるために生きてきた Uh・・・

だけど今は 貴方への愛こそが 私のプライド

やさしさとは 許し合うことを知る 最後の真実
わがままさえ 愛しく思えたなら 本当に幸せ

貴方は私に 自由と孤独を 教えてくれた人
夜が来るたびに無口になって 震える肩を抱きしめていた Uh・・・

だけど今は 貴方への愛こそが 私のプライド

いつか私も 空を飛べるはず ずっと信じていた

翼があったら飛んでゆくのに 貴方の胸に今すぐにでも Uh・・・

見上げてみて 南の一つ星を 素敵な空でしょう
私は今 貴方への愛だけに 笑って 泣いてる

長い間 

2006年12月14日(木) 16時52分
長い間 待たせてごめん
また急に仕事が入った
いつも一緒にいられなくて
淋しい思いをさせたね

逢えないと
受話器からきこえる
君の声がかすれてる
久しぶりに逢った時の
君の笑顔が胸をさらっていく

気づいたのあなたがこんなに
胸の中にいること
愛してる
まさかねそんな事言えない

あなたのその言葉だけで信じて
今日まで待っていた私を
笑顔だけは 忘れないように
あなたのそばにいたいから

笑ってるあなたの側では
素直になれるの
愛してる
まさかねそんな事言えない

気づいたのあなたがこんなに
胸の中にいること
愛してる
でもまさかねそんな事言えない

笑っているあなたの側で
素直になれるの
愛してる 
でもまさかねそんな事言えない

気づいたのあなたがこんなに
胸の中にいること
愛してる
まさかねそんな事言えない

笑ってるあなたの側では
素直になれるの
愛してる
でもまさかねそんな事言えない

First LOVE 

2006年12月13日(水) 16時41分
最後のキスは
タバコの flavorがした
ニガくてせつない香り

明日の今頃には
あなたはどこにいるんだろう
誰を想ってるんだろう

You are alwas gonna be my love
いつか誰かとまた恋に落ちても
I'll remember to love
You tanght mehow
You are always gonna be the one
今はまだ悲しい love song
新しい歌 うたえるまで

立ち止まる時間が
動き出そうとしてる
忘れたくないことばかり

明日の今頃には
わたしはきっと泣いてる
あなたを想ってるんだろう

You will always be inside my heart
いつもあなただけの場所があるから
I hope that I have a place in your heart too
Now and forever you are still the one
今はまだ悲しい love song
新しい歌 うたえるまで

You are always gonna be my love
いつか誰かとまた恋に落ちても
I'll remembey to love
You taught me how
You are always gonna be the one
今はまだ悲しい love song
新しい歌 うたえるまで

TOMORROW 

2006年12月12日(火) 11時57分
涙の数だけ強くなれるよ
アスファルトに咲く花のように
見るものすべてに おびえないで
明日は来るよ 君のために

突然会いたいなんて
夜更けに何があったの
あわててジョークにしても
その笑顔が悲しい

ビルの上には ほら月明り
抱きしめてる 思い出とか
プライドとか 捨てたらまた
いい事あるから

涙の数だけ強くなれるよ
アスファルトに咲く花のように
見るものすべてに おびえないで
明日は来るよ 君のために

季節を忘れるくらい
いろんな事があるけど
二人でただ歩いてる
この感じがいとしい

頼りにしてる だけど時には
夢の荷物 放り投げて
泣いてもいいよ つきあうから
カッコつけないで

涙の数だけ強くなれるよ
風に揺れている花のように
自分をそのまま 信じていてね
明日は来るよ どんな時も

涙の数だけ強くなれるよ
アスファルトに咲く花のように
見るものすべてに おびえないで
明日は来るよ 君のために

涙の数だけ強くなれるよ
風に揺れている花のように
自分をそのまま 信じていてね
明日は来るよ どんな時も

明日は来るよ 君のために 

I believe 

2006年12月11日(月) 11時48分
この胸の中に隠れてる 不安のうず
目の前にある 自分の進むべき
道はどれか

人に流されてた日々 そんな自分に「さよなら」

I believe myself 信じることで
全てが始まる気がするの
I believe myself あたたかい光は
まちがっちゃいない 歩いて行こう
I belive

偽りの中でウソの微笑み浮かべて 生きる人を
幼き自分と重ねて見て
ため息つく

どんんあ色にも染まらない「黒」になろうと誓った

I believe myself 信じることで
全てが始まる気がするの
I believe myself あたたかい光は
まちがっちゃいない 歩いて行こう
I believe

今 目に映る この広い空も
素直に生きる この気持ちも

I believe myself 信じることで
全てが始まる気がするの
I believe myself あたたかい光は
まちがっちゃいない 歩いて行こう
I believe

赤パプリカのうっとりムース 

2006年12月10日(日) 16時35分
材料(4人分):赤パプリカ・・・1個
         ■A
          はちみつ・・・大さじ1  グラニュー糖・・・大さじ1
          レモン汁・・・大さじ1弱  水・・・100ml
         ■B
           牛乳・・・200ml  グラニュー糖・・・大さじ4
           クリームチーズ・・・150g   グラニュー糖・・・大さじ2
           生クリーム・・・200ml  板ゼラチン・・・5枚(1枚=1.5g)
         ■飾り
           ミント・・・少々  クリームチーズ・・・50g位  
           レモン汁・・・小さじ1  生クリーム・・・小さじ1

作り方
1、ゼラチンは水につけてやわらかくして絞っておく。

2、パプリカは1/4位にカットして皮ををコンロで真っ黒に焦がし、流水で皮を
 むき小さめに切り、鍋にAと合わせて煮てグラッセにする。一部は飾り用に
 刻んでおく(1/8枚分、シロップも少し煮詰めてかけると良い)。

3、別の鍋にBを入れて火にかけて溶かし、その一部をとってAのパプリカをミキサーにかける(この時バーミックスを使用すると便利。)こしながら、もとの牛乳
 と合わせ、ゼラチンを加えて溶かし、再度こし器にかけて氷水で冷まして熱を
 とる。

4、室温でやわらかくしたクリームチーズにグラニュー糖大さじ2を入れてよく混ぜ、 Bを少しずつ加えて、さらに生クリームを加えてこし器にかけてから、器に
 分けて冷ます。

5、飾りとして、クリームチーズにレモン汁を加えたものを生クリームで絞れる程度の固さにのばし、ムースの上にのせミントとAで刻んでおいたパプリカと一緒に
 飾る。

MEMO
iは、552i。調理時間は40分です。    

豚肉と春雨のピリ辛ミルク炒め 

2006年12月09日(土) 16時22分
材料(4人分):■A
           牛乳・・・400ml   鶏がらスープの素・・・小さじ1
           酒・・・大さじ2   
         豚こま切れ肉・・・250g   チンゲンサイ・・・2株
         長ネギ・・・1本    春雨・・・60g   豆板醤・・・小さじ1〜2
         塩・こしょう・ごま油・しょうゆ

作り方
1、Aを合わせて混ぜておく。

2、豚肉に塩・こしょう各少々をふる。チンゲンサイは葉と茎に分けて茎は縦に
 細かく切る。ねぎは斜め切りにする。春雨はざるに入れて熱湯をかけ、食べ
 やすく切る。

3、ごま油大さじ2を熱して豆板醤(とうばんじゃん)、豚肉、ねぎ、ちんげんさい
 の茎を炒め、@、春雨を加えて煮る。

4、チンゲンサイの葉を入れてさっと煮、しょうゆ小さじ1、塩・こしょう各少々で味を
 ととのえる。

POINT
炒め汁が煮立ったら春雨を入れ、汁を吸わせるように混ぜながら約3分煮ます。

MEMO
青味は小松菜、さやえんどう、ピーマンでも。汁ごとご飯にのせてもおいしい!
ちなみにiは347iで、調理時間は、10分です。