たまに見失う 

2016年10月21日(金) 13時25分
たまに、ふと”自分は今どこにいるんだろう?”
と思うことがあります。

いつも、寝る時間じゃない時間(お昼寝とか、風邪をひいたりとか)に
寝ていて「あれ!!今何時?ここどこ!?」と、
はっ!!
とするような、寝ぼけのようなものだったり

何かをしようとして、そこに来たのに
「あれ?今何しようとしてここにきたんだっけ(キッチンとか多いです)だったり
そんな場合は
我に帰った時に、ふっ、と笑えていいのだけれど

突然、自分は今どこにいて、何をしたくて、
何をするべきなのか。今の時間をどうするべきなのかって
すぐ「これだ」って、わからなくなるときがそれです。

化粧をしてみたり、お洗濯物を干してみたり
テレビの前に座ってみたり、爪を研いてみたり
携帯をいじってみたり、パソコンを開いてみたり
手帳を開いて、何かを書こうとしてみたり

でもなぜか、しっくりこなくて部屋をうろうろしてみたり。

そんな時決まって、時計を見ています。

何をしていても、時間は必ず過ぎて行って
今日っていう日のリミットが、黙っていても進んでいく。

最低限今日はこれをしてしまいたい
と思う時間まで、私はどこにいるのか分からない時があります。

時計を見る癖、なんとかならないかなぁ。

時間が過ぎてしまう、っていうことに、焦っているから
落ち着いて、これをやろう、って思えないんだろうな。

学生の時は、授業が終わるのが待ち遠しくて
仕事をしていれば、はやく就業時間にならないかなって思うのに

今自分が見えないときは、時間が過ぎるのがうんと早い。

ちょっと心のパワーが、落ちているかもしれないな。

以上、つぶやきでした。

2008年の私 

2016年10月03日(月) 14時57分
手帳探してみましたが、見つかりませんでした
学研から毎年のように出てた『ハッピープランスケジュール』というスケジュール帳ですが・・
同じように、このスケジュール帳を探されていた方のyahoo知恵袋を見つけてしまった。
2010年あたりから、もう販売されていないんですね、とほほ。残念。
学研さんのHPも見てみたけど、なさそう。7年の月日を感じます・・(笑)

気を取り直して、手帳を開いていきます。

手帳のマンスリー、デイリーなページをすっとばして、
フリーページのようなところに
”2008年の私”が、箇条書きされていました。
前述したとおり「死ぬほど辛かった時代」です。
仕事に押しつぶされそうになっていた頃の自分を振り返っていました。

9/3 デッカイミス
9/29 やる気なし、さみしい気分
10/2 吐き気(意味不明)、首のコリ、ハリ
     自信ない、不安、自責、イライラ
     心臓バクバク、むくみ、イラっとしたりミスするとドキドキひどくなる、不眠、不安
10/3 ジビ科 左耳の聞こえが悪い
10/5 ねむれない
10/13 イライラ 会社の飲み会で、なんか否定される
10/14 連休 虚脱感 否定されたり励まされるとムキになる
      母の言葉(TEL)に救われて泣く
      そばにいれなくてゴメンって言われる
      認めて欲しい、わかって欲しいって気持ち強い
10/30 人のミスが私のミスになる。フォローのなさに失望。
11/2  パーマかける
11/3  心の重い休み 寝ても起きても会社のこと考えてる。食欲なし。吐く。
11/4 耐えられない。気持ちのコントロール難しくなる
11/5 元会社の先輩にメール&TEL
11/7 休日出勤
11/12 忙しさピーク 
11/18 仙台。気持ち紛れない
11/後半 晩酌ストップ(何故か急に) 血便→初胃カメラ
      気持ちは少し軽くなる→みんなが少し、近く感じる

・・・・
壮絶。
自分のことながら壮絶に感じます。
これならちょっと、ココロや体を崩していたんじゃないかって思いますが
いや、病んでたのは確かかもしれませんが。

この頃はちゃんと会社に行き、重たい気持ちを引きずりながらでも
ちゃんと働けていたような気がします。

こんな自分が出会ったのが、ハッピープランスケジュール帳だったんだろうな。
そして、2008年の10月から、この手帳を使い始め
8月には今の旦那さんと出会っていました。

私は過去に1度、ココロが壊れて休職していたことがあります。
世に言う”うつ病”というものですが、この2008年ではありません。
今読み返すと、2008年も寸前まで、あるいは気づかないだけで
結構ヤラレていたのかもな〜・・・・・と思いつつ。

ちょいと脱線しましたが、この次のページに得意の付箋が貼ったページがありました。

この時は、独身でしたから、時間が沢山ありました。
休日、うつうついろんな思いになりながらも時間は自分のために
たっぷりあった。
だから
うつ病という存在を忘れて、かなり自分を掘り下げていた頃なのかもしれません。
書いたことも覚えています(だからこの手帳を今になって探したくらいですから)

付箋に書いてあるのは自分の経験してきたことと
経験していないこと。
確か、その時の経験をブログでまとめたい、と思って
思い出すだけメモに書いて貼っておいたんだったと思います。

今事情があって、少し時間が裂けるようになりました。
7年たって、時来たり!Time has come!、なのかもしれません(笑)





2009年の私 

2016年10月03日(月) 14時19分
今は2016年なので・・・えと、2016-2009=7年前(数字に弱い)

日記はしばらく、その頃の私の手帳に基づいてしたためていきますが
当時使っていた手帳が”夢を叶える手帳”のようなもので、
アサーティブや幸せの14の法則なんかがスクラッピングされているわけですが
この手帳の冒頭に
"Make your dream come true with Happy Power!"
と、英語で応援メッセージが書かれていました。

幸せな力で、あなたの夢をかなえよう

という感じでしょうか?直訳すぎ?

そして、ページを繰ると、
"Warming up for imaging my dream"というページがあって
いくつかの質問に、当時の自分が答えています。

今、心からしたいことはなんですか?
心を落ち着けて考えてみましょう

・仕事を辞めたい
・結婚、出産、・・・に近づく出会いがしたい
・●●(←当時自分が持っていた夢の仕事)を実現する

心からしたいことは

・ストレスのない仕事(多少はあるけど今ほどじゃなく)
・結婚、出産、自分の子供に会いたい
・友達がそばにいて、SATCみたいに過ごしたい
・●●、ウェブ、英語を使った仕事がしたい
・みんなで幸せに過ごしたい
・家族で海外旅行(←当時は独身だったので、結婚前の自分の家族、だと思われる)
・引越し
・仕事を辞める
・英語の勉強

子供の頃に興味があったこと

・レジスター
・美容師さん
・看護師さん
・英語、アメリカ生活、字を書く事、文房具

いま興味があること
・パソコンを使ってやれる仕事
 (ライター、編集、ウェブデザイナー、エッセイスト)
・海外に住みたい
・●●の仕事

行ってみたい場所
・沖縄、ハワイ、NYで1週間過ごしたい

欲しいもの

・薄型テレビ
・DVDデッキ
・旦那さんと子供
・電子辞書

へぇ・・・
今、既に叶っている事と、変わったこと、それと
未だに漠然と思っていること(未だにそうしたい、と思っていること)が
いろいろ出てきました。

このページにはピンクの付箋が貼ってあって
その名も
”死ぬまでにしたい10のこと 2009”
当時の映画の影響でしょうか。自分の死ぬまでにしたい10のことが
手書きメモで貼られていました。

1.英語ペラペラになる
2.家族と海外旅行
3.過去の自分を懺悔
4.この性格を懺悔
5.それを分かってくれる人探し
6.結婚
7.出産
8.自分の大切な人のそばにいること
9.みんなにありがとう、みんなからありがとう
10.運命の人に会いたい、気づきたい

・・・死ぬまでに、しては、結構現実的というか
かなったらもういいのか?って、当時の自分に問いたい(笑)
意味不明なものもある(いや、過去の自分を責めまい・・)

今明らかに叶ったのは、この10のうち
7つ、は叶っているかな?

ちなみに当時、やりたいことを書いて、
それが実現したり、叶ったら””王冠マークを書いていたらしい。

この手帳、今も売っているんだろうか。
7年たって読み返すと、こういう自分を掘り下げる道具としては
数年後のための自分に、毎年買っておいてもいいかもしれないな。

今は子供の行事が増えたので、とりあえず書き込めればいいやっていう、
100均の手帳を使ったり、書くのすら(持っていることすら)忘れたり・・。

10月スタートの今、このシリーズの手帳があるかどうかを探してみようかな。


わたしのこと 

2016年10月03日(月) 14時10分
順番がバラバラのような気がしますが
私のことを、少しだけ。

ブログのごあいさつで、”これは私の日記”と書きましたが
なにかのご縁でここをご覧頂いている皆さんと
ちょっと距離を縮める材料としてです。

既婚者、女性、双子の母(只今育児奮闘中)
フルタイムの会社員、一戸建てに家族4人で暮らしています。

以上!
(笑)
たったこれだけです。

どうぞよろしくお願い致します。

昨日の水平線 

2016年10月03日(月) 11時16分
昨日はお天気よくて


船に乗ってきました








水平線がくっきりみえました

精神レベルを上げる14の法則 

2016年10月01日(土) 16時15分
これも、アサーティブ同様、
2009年の手帳の見開きページに貼っていたなにかの記事です。
14の法則。
1.毎日笑顔で過ごす
2.周りの人に優しくする
3.礼儀正しくする
4.自分の部屋や身の回りを整理する
5心の中で家族に「ありがとう」と思う
6.まわりのことを穏やかな気持ちで眺める
7.日々のどうでもいいことにイライラしない
8.人の悪口を言わない
9.自分の心がウキウキワクワク感じることをする、考える
10.そのとき目の前にあることを一生懸命する
11.憂鬱になること、イヤな気分になることを考えない
12.本当になって欲しくないことは口に出さない
13.心配しない
14.プラス思考で明るく過ごす

・・これが実行できれば、苦労はしないなぁ、と
後ろ向きに読んでしまう時、私は自分の気持ちのレベルが落ちているなって
思うようにしています。

これを実行するには、2の周りの人に優しくする心の余裕とか、
4の部屋を片付ける時間、10のそのことをいっしょうけんめいこなせるパワー
なんかが必要だったりしますよね。

これにはポイント、という追記があって
”以上14の習慣を毎日繰り返すことによって、自然に考え方も変わり、
運もタイミングも上がって行きます。
こんなことでモチベーションがあがるはずがない!と思っているあなた、
たったの1週間でもいいので、実践してみてください。
そうすると自分の生活がハッキリ変わるのがわかるはずです。
「たまたま」ではなく、必ず自分のしたことが別の形で跳ね返ってくることを
体感してください”

プラスをパワーを溜めるための14の習慣ですが、
無理してそうすることもないような気もするし、
落ちたい時は落ちたらいいし、
礼儀正しくしても、優しくしても無駄な人には、しなくていいと思うし。

参考程度、かな、って、7年たった今は思っちゃいますね(笑)



アサーティブって知ってる? 

2016年10月01日(土) 15時46分
アサーティブとは?

「アサーティブ(Assertive)」の訳語は、「自己主張すること」。
しかし、アサーティブであることは、自分の意見を押し通すことではありません。
自分の要求や意見を、相手の権利を侵害することなく、
誠実に、率直に、対等に表現することを意味します。
以上、アサーティブジャパンさんから引用
アサーティブジャパンさん
・・・
わかりづらいな。

私が独身の時に、仕事をしていて一番辛かったのが2008年。
なぜだったか、ちょっと忘れてしまった(忘れるほど時間がたったということ?)けれど
当時の手帳には
辛さが沢山書かれてあるから、間違いない。
確かに仕事がめちゃくちゃ忙しく、寝るためだけに家に帰っていた位。
しがない事務職だというのに、ね。

いつも帰宅が23:00をまわり、ご飯代わりに簡単に作れるパスタをつまみに
焼酎をお茶で割ってがぶ飲み、シャワーを浴びて寝る、
そんな毎日でした。
お付き合いしている人もいなかったような。

その時の手帳が、このブログのメインになってくるんだろうけれど
その手帳の見開きに、どっかの雑誌から切り取ったような
”心にとどめておきたい私たちのアサーティブ権”という
切り抜きが貼ってある。
それによると・・

1.他人の悩みを自分の責任にしなくてもいい権利がある
2.自分の気持ちを言葉にし、耳を傾けてもらう権利がある
3.人の期待や要求に自分を合わせるのではなく、人生の主人公として生きる権利がある
4.「イエス」「ノー」を自分で決めて話す権利がある
5.物事の優先順位を自分で決める権利がある
6.失敗したり、間違えたりする権利がある

と書いてある。

いつも生活に流されてばかりいて、心が沈むと
上の6つがどこかへ行ってしまう気がする。
とどめておきたい、というのはこのためか。

忘れた時に、忘れかけた時に、読み返すために
これは毎回手帳に貼っておくべき、6つの権利としておこうと思います。

はじめまして 

2016年10月01日(土) 15時07分
初めまして

昔英語の教科書で「New Horizon」という教材がありました。
私が中学時代に使用していたのがこれだったと思います。

縁あって、この"Horizon"という言葉を自身のブログタイトルに選びました。


水平線。

人生の中で、いい時と悪い時を表す時、
天と地、といったような上と下、最高潮、どん底、といったような上と下、
のような表現を使うことが、生きていれば誰にでもあると思います。

私はブログを通して、自分の経験してきた天と地、最高潮とどん底、を
自分のために書き留めたいと思いブログを開設しました。
とくに、どん底のあたりを。

もっと最高の人、もっとどん底の人、
最高の経験をしてきた人、どん底の経験をしてきた人も
沢山いると思いますが

これは私だけの、ブログ。

自分が人生を終えるとき、読み返せるような備忘録です。

天と地、最高潮どん底の交わる点。
水平線。
自分がどこにいても、どんな状況であっても
必ずそのすべては、ずっと続くものではなく

水平線上でずっとつながっているものだと思っています。

いわゆる、一番中性な場所です。

時々そこに立ち返り、どんな自分も受け入れることや
たまにそこで立ち止まって、振り返ったり自分と対峙する大切さ。

そのために、水平線はあるのだと思っています。

どうぞよろしくお願い致します。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:New horizons
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる