天地翔太×主人公 

August 24 [Sun], 2008, 20:42
先輩は知ってる? 僕がオトコ、だって事…。
おとぼけさんの先輩は… 僕の気持ちなんか知らないよね。


「イチゴショートケーキ」


香先輩と付き合い始めてもう3ヶ月経つ今日。
僕たちはすっごくラブラブなんだけど…
一つだけ、不満がある。

僕たちは、もう付き合って長いのに…
香先輩はキス…してくれない。

RRRRRR…

電話がかかってきた…

「はい、天地です。」

「あ、天地くん? 私、香だけど」

「あっ!先輩っ♪ おっはよー!何なに?何か用っ??」

「うん…今日ね、家でケーキ焼こうと思ってるんだけど、来ない??」

「もちろんっ!…わぁ〜、先輩の手作りケーキかぁ〜!たのしみだなぁ♪」

「ふふっ。 あ、じゃあ、2時ごろ、家に来て? 待ってるね!」

「はーい!」


ガチャッ…

…なーんてね。 
そりゃ、僕だってホントに楽しみにしてるよ?先輩の家へ行くことも、ケーキ食べれることも…。
でも…どーせ、また今日も先輩はキス、さしてくれないから。

ま、期待はしてないけど。

―――何だかんだで先輩の家。

「せーんぱいっ!まだぁ〜〜??」

「ご、ごめ…天地くん; 生クリームを…きゃっ!!」

ガシャーンッ!

あ…先輩、おまぬけさん発揮…。
生クリームひっくり返してる。

僕は傍によってって、手伝うことに。

「大丈夫ー?先輩?…もー、先輩は、ほんっとにおまぬけさんだよねー…」

「うぅっ…」

顔が近い。先輩、ちょっと恥ずかしがってるみたい。
…ううん…、僕のこと…ひょっとして…嫌い、だとか…??

「先輩…」

僕は先輩にもっと寄ってみた。

「あ、天地くんっ…近いよ…!!」

やっぱり先輩は逃げるんだ…。

「ひどいよ、先輩…。 僕のこと、嫌い…?」


先輩のバカ…。
もう先輩なんて…

「き、嫌いなんかじゃないよぉっ!!」

え…。

目の前には、顔を赤らめながらも、必死な顔をした先輩がいた。

「嫌いじゃないけど…その…恥ずかしいの…。天地くん…私、もう少し大人にならなきゃだよね//」

「せん…ぱい…」

先輩は照れ屋さんでもあったんだね…
そう思ったら、何だか急に先輩が愛おしく見えた。

「ねぇ…先輩?…僕とさ?ショートケーキより甘いこと、してみない…?」

「え…あ、あまちく…」

ちゅ。

僕は、優しく唇を重ねた。
先輩、大好き。 これからも僕と…よろしくね?

――――――――――――――――――――

ぎゃああああああっ←
こんなんでいいのかぁぁぁぁ←
この天地くん…
白天地?黒天地?どっちなんでしょうかね??(←ぉい
はぁぁぁ、何だか変に力入れてしまったぁー

針谷 幸之進×主人公 

August 24 [Sun], 2008, 15:41
―――いつも傍に… 俺の隣りに居て欲しい。
こーんなセリフ、アイツになんか死んでも言えねぇ。
…っつーか、アイツが居なくなる、なんて、考えたこともなかったから。

「俺の隣りに」


照りつけるような太陽。 あんまり暑いから、俺はアイツを海へ誘った。
…嘘。 久しぶりにアイツの水着姿、見たくなったっつーか…。

「ねぇ、ハリー? 海…。泳げないんじゃ…」

「うっせ!!ちっと海が見たくなっただけだよ!文句あっか!?」

そーだよ、どーせ俺は泳げないですよーーっだ!!
…でも、場所なんか何処だっていい。…アイツと一緒なら。

「あ、えっと…じゃあ、着替えてくるね? 10分後、ココ集合、だよね!」

「おうっ! あ、迷子になるんじゃねーぞ?」

‘迷子になるんじゃねーぞ?‘ 軽い冗談だった。
10分後… アイツの姿が見当たらなかった。

「チッ…アイツ、水着着んの手こずってんのか? 場所間違えて…ンなワケねぇか…」

でも、しばらく待ってもアイツは来ねぇ…。
俺は必死になって探した。

「かおるっ…!…香ーッ!!…くそ…何処行っちまったんだ…」

アイツが隣りに居ない。 それだけで怖い。
いつも傍にいるアイツが… 俺の傍に…いない。

俺は…
お前が居なくなったら…
どうすればいい…?

「こ…困りますっ…!!」

その声は、確かに水着姿の香だった。 
男に囲まれ…困って…

「か、香ッ!!! 何やってんだよ!お前っ…」

「は…ハリーっ…」

泣きそうになりながら、香は俺に抱きついてきた。

「ちぇ、なーんだ、彼氏持ちかよー」

「ま、いっか!他、ナンパしに行くぞ?」

そういいながら、男たちはどこかへ行ってしまった。


「か…香…大丈夫だったか!?ヘンなことされてねぇか!?」

俺は香を急いで岩陰へ連れて行き、香の顔を覗き込み、そう聞いた。

「う、うん…。ハリー…私…心配かけちゃって…ごめんなさい…」

香は涙をぬぐいながらそう言った。

ばぁか…。ンなことどーだっていい…
俺は… お前さえ居てくれれば…

「バカ…!オメェ…。もう俺から離れんな…ずっと隣りに居ろよ…」

俺は香をギュッ、と抱きしめ、そう言った。

「は、ハリー…?」

香は困ったように、俺の名前を呼んだ。

「オメェには…いつも俺の傍に居て欲しいんだよッ…悪ぃか?」

「ううん…。悪くない。」

愛してる。ずっとずっと、離さねぇ。
海の水が、キラキラ輝いて…すげぇ綺麗だった。

――――――――――――――――――

うっひゃあああ;; こんなのでいいんだろーか…!!!
ハリー…かっこよす…←
こんなの妄想してます。ハイ。←
よければコメお願いしますっ!!

初めまして。 

August 24 [Sun], 2008, 15:39
こんにちはー(。・ω・)ノ゙

タイトルどおり、ときメモキャラの短編夢小説を書きたいと思ってます☆

ときメモ好きな人も、そうでない人も、私の作品でキュンしてもらえたら光栄です!

ではではヾ(。・ω・。)ヾ(。・Д・。)ヾ(。・ρ・。)
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:香
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1994年4月25日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 職業:小中高生
  • アイコン画像 趣味:
    ・ゲーム-えーと。「ときめきメモリアル〜girls side 」にハマってまつ。
読者になる
ときメモ大好きです!!←
とくにハリー、天地くん、若王子先生LOVE!

1st loveもよかったけど、やっぱ
2nd seasonがサイコー!!←
2008年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像url
» 天地翔太×主人公 (2012年01月24日)
アイコン画像
» 針谷 幸之進×主人公 (2010年08月25日)
アイコン画像盗賊
» 天地翔太×主人公 (2008年10月19日)
アイコン画像真那斗
» 天地翔太×主人公 (2008年10月16日)
アイコン画像猫男爵
» 天地翔太×主人公 (2008年10月12日)
アイコン画像めーたん
» 天地翔太×主人公 (2008年10月10日)
アイコン画像ぷるん
» 天地翔太×主人公 (2008年10月05日)
アイコン画像りぃこ
» 天地翔太×主人公 (2008年10月03日)
アイコン画像よしと
» 天地翔太×主人公 (2008年09月30日)
アイコン画像ハム太郎
» 天地翔太×主人公 (2008年09月27日)
Yapme!一覧
読者になる