あいさつに代えて

May 02 [Mon], 2016, 13:06


国境街から少し離れたところに、その街はあった。
中央に街道が通る街、フーヴ。
旅人が休んだり、補給をするには国境街に近すぎ、かと言って街道を通しているため寂れてもいない、そんなふしぎな街だった。
そこへ、一人の少女が大荷物を引いた台車とともに乗合馬車から降りてきた。
眩しそうに空を見上げてから辺りを見回して、にっこりと微笑んだ。






「ここが……これからわたしが暮らす街かぁ」






これは、一人の錬金術士のものがたり。











プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:高遠 椿
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/happy-cake/index1_0.rdf