なまえ

June 30 [Sat], 2007, 22:14
遅刻してきたキミ。
ドアをあけたら偶然出くわして、すかさず
タイムカード押すよう頼まれた。あたりまえのように、
前みたいに、気さくに頼んでくれて、それだけで嬉しく思った。

私の休憩がおくれた。
2時間半くらいもらえなくて、でも別に
辛くもなかったから大丈夫だったけど
キミは

「つかれた?」

って聞いてくれた。

「ごめん、遅くなって」

そういってくれた。優しい、ホントに、優しい。

休憩中、事件があった。私のミス。。。
周りに迷惑かかったことがほんとに申し訳なくて、
それなのに私のせいじゃない、大丈夫、と
慰めてくれる周りに涙が出ちゃった。
泣き顔のまま休憩あがった。
キミにはバレナイと思ったけど、

「なんでそんな泣きそうな顔してんだよ」

って言われた。

「泣いたんだもん」

つった。

泣いた時にソバにいた友達が事情を説明したみたいで

「そんくらいで泣くなよ」
って笑いながら言われた。

「だって」
だなんて私はガキみたいに言ってたらまた泣きそうになった。

そのあともまた私の休憩がおした。

「つかれた?」

って何度も私の顔を覗き込んで聞いてくる。

「うんー」

だなんて言ってみたら

「ごめんな」

って言ってくれた。

「遅くなって、ごめんね」

そう何度も今日だけで言われた。

やっとのことで休憩もらって事務所で1人ぽつりと
休憩とっていたら、君がやってきた。

「ゆっくり休憩とっていいよ!」

って笑顔でいってきた。

優しいね、ホントに、心から優しいね。

最後にふさわしく、
おわりのおわりころに、遠くにいた私をキミが

「あっこー」

って呼んでくれた。

すぐさま振り向いたら、やっぱりキミが呼んでいた、
私のことを。名前を。前みたいに。当たり前のように。

嬉しくて、すぐに裏へいったら頬が緩んだ。

嬉しくて、嬉しくて、嬉しくて、ホント、待ち望んでいたんだよ。

ありがとう。

1年とちょっとだけど、
キミと一緒に働けて、それだけで嬉しかった。楽しかった。

なにより仲良くなれて、周りには仲良すぎて
付き合ってんじゃないかと勘違いされたり、
シフトわざと一緒にしたり、入れよ!って言われたり、
お茶しにいったり、飲みにいったり、カラオケいったり、
なぐさめてもらったり、元気もらったり、ドライブしたり、
いっぱいいっぱい笑った。

楽しかった。

キミの横に常に立てる彼女という名前はもらえなかった。

キミはまだ、あの人を好きなんだろうか。

分からないけど、私はまだキミが好き。

いつ会えるか分かんないけど、
バイト仲間として出会えて、友達になれて、
キミのいいとこいっぱい見れて、知れて、
好きになってよかったって思う。

ありがとう。

まだ会えるよね。
  • URL:http://yaplog.jp/happiness7/archive/11
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2007年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Acco
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
Yapme!一覧
読者になる