またね 

September 24 [Mon], 2007, 16:08
約2ヶ月ぶりくらいに会った。

部屋に入ってすぐに目で探してしまった。
見つけた。髪切ってた。かっこよくなってた。

でもキミの右にショートカットの見た事ない可愛らしい女の子。

だれ?

私の大事な仲間の中にいる、あのこ、だれ。

もやもや。いらいら。むずむず。

ねえ、いつも男だらけのみんなの中に紅一点で居たのは私だったはずなのに。
あそこにいる可愛い子だれ?

しかも酔ってんのかしんないけどベタベタ。
腕やら足やら触って首かたむけて。ホントに女の子っていう女の子。

リモコンちょーだいって言われてムカついて思いっきり投げつけてやった。

近くに来たとき、

「おお、あっこー」

だって。

気安くよんでんじゃねーし。

「なんだよーそのかっこうー」

「仕事つづいてんの?」

「あ?なに?うっせー」

思ってもないのに、いつものこの男言葉がでてきちゃう、キミの前だと。
後悔して後で近くに座りに行ってなんだかんだ隣になれたら
話しかけてくれて、やっぱり嬉しかった。

「あんな、ハワイいったんだよ」

「ハレクラニみてきた!すげーな」

なんなの、なんなのもう。惑わせないで。

「あんまみんなと話せてないっしょ?」

そだよ。

「ねえ、あっちいこうよ、ねー」

思い切ってキミの腕たたいて、つかんで連れてこうとしたけど
来てくれなかった。バカ。そういうとこやだ。


気付いたらいつもとおんなじ顔して寝てやがるし。

バイバイもいえなくて、

またねもいえなくて、

次いつ会えるんだろうね。

5ヶ月経ったのに、なんでまだ気になんだろね。

なまえ 

June 30 [Sat], 2007, 22:14
遅刻してきたキミ。
ドアをあけたら偶然出くわして、すかさず
タイムカード押すよう頼まれた。あたりまえのように、
前みたいに、気さくに頼んでくれて、それだけで嬉しく思った。

私の休憩がおくれた。
2時間半くらいもらえなくて、でも別に
辛くもなかったから大丈夫だったけど
キミは

「つかれた?」

って聞いてくれた。

「ごめん、遅くなって」

そういってくれた。優しい、ホントに、優しい。

休憩中、事件があった。私のミス。。。
周りに迷惑かかったことがほんとに申し訳なくて、
それなのに私のせいじゃない、大丈夫、と
慰めてくれる周りに涙が出ちゃった。
泣き顔のまま休憩あがった。
キミにはバレナイと思ったけど、

「なんでそんな泣きそうな顔してんだよ」

って言われた。

「泣いたんだもん」

つった。

泣いた時にソバにいた友達が事情を説明したみたいで

「そんくらいで泣くなよ」
って笑いながら言われた。

「だって」
だなんて私はガキみたいに言ってたらまた泣きそうになった。

そのあともまた私の休憩がおした。

「つかれた?」

って何度も私の顔を覗き込んで聞いてくる。

「うんー」

だなんて言ってみたら

「ごめんな」

って言ってくれた。

「遅くなって、ごめんね」

そう何度も今日だけで言われた。

やっとのことで休憩もらって事務所で1人ぽつりと
休憩とっていたら、君がやってきた。

「ゆっくり休憩とっていいよ!」

って笑顔でいってきた。

優しいね、ホントに、心から優しいね。

最後にふさわしく、
おわりのおわりころに、遠くにいた私をキミが

「あっこー」

って呼んでくれた。

すぐさま振り向いたら、やっぱりキミが呼んでいた、
私のことを。名前を。前みたいに。当たり前のように。

嬉しくて、すぐに裏へいったら頬が緩んだ。

嬉しくて、嬉しくて、嬉しくて、ホント、待ち望んでいたんだよ。

ありがとう。

1年とちょっとだけど、
キミと一緒に働けて、それだけで嬉しかった。楽しかった。

なにより仲良くなれて、周りには仲良すぎて
付き合ってんじゃないかと勘違いされたり、
シフトわざと一緒にしたり、入れよ!って言われたり、
お茶しにいったり、飲みにいったり、カラオケいったり、
なぐさめてもらったり、元気もらったり、ドライブしたり、
いっぱいいっぱい笑った。

楽しかった。

キミの横に常に立てる彼女という名前はもらえなかった。

キミはまだ、あの人を好きなんだろうか。

分からないけど、私はまだキミが好き。

いつ会えるか分かんないけど、
バイト仲間として出会えて、友達になれて、
キミのいいとこいっぱい見れて、知れて、
好きになってよかったって思う。

ありがとう。

まだ会えるよね。

いつも 

June 27 [Wed], 2007, 22:42
ちょっと久々に会った。

やっぱりすぐに話しかけるのはムリ。
前みたいに気軽には話しかけられないし、話しかけてこない。

もう、私のことも下の名前で呼ばない。

男の子の中で1番最初っから私のこと
下の名前で呼んでくれてたのキミだけたったのにな。
さん付けなんかしないで。なんだか遠くに感じる。。。

最後の最後の休憩が一緒になった。

2人きり。

隣の隣に座ってみた。

キミから話しかけてくれた。
そしたら、すんなり私も話せた、やっぱ安心する。

しばらくはバイトの話。
しだいにキミが愚痴をこぼしだした。

嬉しかった。

誰にだって平等に優しくて気遣いができて文句なんか言わないキミ。
だけど私には愚痴ってくれた。

「他のやつには言えないけど、お前なら分かるとおもって」

って言って思ってることを話してくれたあの時、ホント嬉しかったな。

前みたいに、キミが私に愚痴をこぼしてきた。

たいがいは、うんうん、って聞く私。
同感できれば同感。笑ってあげたり。
ひたすらキミの愚痴を聞いてあげる。

キミが心の中にためてるもの、吐き出せる場所であればいいや、もう。
とりあえずキミにとって必要な存在でいたいや。

久々にキミがずっと愚痴ってる間、キミの目を見てた。

なんだか最近目みて話せなかったから。

私が今度バイトのこととか話してたら、
キミがこっちに体むけて、ずっと見てくれてた。

嬉しかった。それだけでね。

明日には、忘れよう。
明日には、友達と見よう。
明日には、前と同じ関係になろう。

そう思えど思えど、君に会えば、よみがえるこの気持ち。

やっぱ大好きなんだよ、

その優しさも、けだるさも、バカさも、笑顔も、顔も、動作も、言葉も、声も、

キミにまつわる全てが、まだ大好きで、
単なる友達には思えなくて。ドキドキが止まらんよ。

やさしさ 

June 07 [Thu], 2007, 22:30
なんだか最近、よく会うね。

シフトかぶるね。

うそ、私がかぶせてる。

君に逢いたくて。少しでもいいから。
だってまだ大好きなんだもん、しょうがないじゃん。

距離、縮まらないの分かってる。

でも、前みたいにせめて、戻りたい。戻したいから。

でもまだどこかぎこちなくて、目を合わせてくれなかったり
合わせられなかったり、ドギマギしてしまったり・・・

君が提供するために真横にくるだけで、こんなにドキドキする。

他の人ならなんとも思わないのに、やっぱ好きだ。

私が洗浄してたら

「ドオオォオン!!」

って音がなった。え?客が怒ってる?

って思ったら、君がいた。

「わービックリしたー!」

つったらちょっと笑ってた。

私を見つけてシカトしないで居てくれたのが嬉しかった。

あれから君は私の事、名前で呼んでくれない。

「ねえ」

とか

「おい」

とか

ばっかり。まえは呼んでくれたのに。。。なんで?

「どうしたの?」

って聞いたら、なんで来たのか教えてくれた。
ささって下げ台を片してくれた。私服なのに。優しいね。

「イライラしてるっしょ?」

すぐに気付いてくれた。なんで分かってくれんの?

確かにイライラしてた。いろいろ。君のこと社員に勘違いされてたり
1人で必死に動いてる自分に嫌気がさしたりしてた。

「今日何時まで?」

「六時までだよ。」

なんで聞いたの?


休憩にいったら君が居た。

隣の隣に座った。
違う人と話した。気を紛らわそうとした。
気付いたら間の人がいなくなってて
君は隣に移動してきた。

なんで?

なんのため?

なんで私の心をそんなに揺さぶるの?

結局急遽働くことになった君。
君がやりやすいようにバンバンオーダー通した。
手のばしてくれば、すぐ気付いて取るようにした。
大きな声で言ってた。

でも、真横にきて、

「きこえねーんだよ」

って言った。

こんやろうって思ったけど、なんだか嬉しかった、その口調。
いつもみたいになってきたかもしれない。

君がホットを間違えてアイスで作った。

「ホットだよ!!!」

っていったら、

久々に見た。
私に笑いかけてくれた。あの、いつもの笑顔。

やっぱこうじゃなくっちゃね、

うちらは友達で大正解なのかもしれないね、君の言うとおりかな。




でも、どこか君を求めてしまう私は

諦めが悪く、いつまでも君を引きづる。


その優しさは罪だ、いぢわるだ、卑怯だ

もう、泣きたくなんかない。

まだ、すき。 

June 03 [Sun], 2007, 1:31
二週間ぶりに会った。

キミがくる30分前から私はソワソワしてて。
普通に接せるかな?目見て話せるかな?
私、ちゃんといつもどおりの顔でいれるかな?
また、前みたいに仲良くできるかな?

不安がいっぱいだった。

だからかな、最近まったく寝付けないの。

キミが歩いてきた。わかった。あの歩き方で。
でも、まだ見たくなかった。
泣いちゃいそうな気がした。目で追ってしまいそうな気がした。

思わず近くに来たとき、裏へ逃げてしまった。

ごめん、私から約束したはずなのに・・・普通にするって。

「髪の毛、色、暗くしたでしょ?なんで?」

って気付いたらキミから話しかけてくれた。
いつもの優しい笑顔で。こっち見てた。真横にいた。

「え?うん。なんか落ち着こうと思って。もう20だしね」

ホントは気分かえたかっただけ。
なんか自分を変えたかった。キミが私をフッた理由は
私を彼女としては考えられないからだろうけど
それって私に魅力がないわけでしょう、女として。
だから私、変わろうと思ったんだよね。

それから、ほとんど会話はしてないけど、
近くにくれば、ドキドキ。
視界に入れば、ドキドキ。

だって、変わらず優しい。

私から求めたはず、普通に接して欲しいと。

でも、なんか泣きたくなるくらいにいつもみたいに優しくて・・・

トレイ受け取ってくれたり、引き出しさっと開けてくれたり、
フォローしてくれたり、、、、

なんで、なんでそんなに優しいんよ。

私、まだ諦められないよ。

まだ、すき。

まだ、大好きなんだけど、どうすりゃいいの。

なみだ 

May 25 [Fri], 2007, 13:36
人生初めての告白。

失敗。大失敗。

言うのが恥ずかしくなった。恐くなった。

ちゃんと直接言いたかったよ。ねえ。ちゃんと目見て言いたかった。

キミから電話やメールは来るの嬉しかったはずなのに
こんなにも恐くなるなんて・・・

だいすきだよ。
今まで何人か好きになった。気になった。
でもここまでキモチ伝えたいって思えるほど
好きになったのは、初めてだよ。
積極的になりたくて頑張ってメールした。
でも、結局キミは振り向いてくれなくて。

前の彼女をひきずっているのか、
私の事は妹にしか見えないのか分かんないけど
でもちゃんと理由聞きたかったな。

最後まで私に優しくって気を遣ってくれたのは
嬉しいなって思う。思うべきなんだよね。

でも今じゃその優しさが辛くって。

なんでそんなに優しくするの。

気がないなら、無駄に優しくしないでよ。
そんな笑顔で話しかけないでよ。名前呼ばないで。
触ってこないでよ。愚痴こぼしてこないでよ。
ヒミツとか私に話さないでよ。かまわないでよ。



うそ。

すきだよ。ひきずってるのは私のほうだよ。

だいすき。こんなに涙でるくらい大好き。


忘れらんないよ。

楽しかった思い出も何もかも全部。

キミは今、何を思ってるんだろう。


私と付き合えるって昔は言ってたのに冗談か。


嬉しかったのに。バカじゃん、わたし。


ねえ、もう、わたし、誰も好きになりたくない。


今は、誰も好きになりたくないし、なれない。

バカ 

April 02 [Mon], 2007, 13:37
一週間ぶりに会った。
でもなかなか忙しかったりポジションが遠くて
話せなくて・・・しょんぼり。。。(´;ω;`)
しかも強力ライバルがいるし。くそおおおお

でもついに!ついに近くに!
めっちゃ頑張った!ドリンク!
でも強力ライバルがヒマなくせして何も手伝ってくんなくて
イライライライライライライライラ
でもちょいちょい話しかけてくるから気つかいながらも
ドリンク・・・・疲れる。精神面のがめっちゃ疲れる
ムカついてロイヤルの入れ物どーんって置いたら
びっしゃーん!って4分の3くらいこぼれちゃった・・・
でもすぐ横のキミがそれに気付いて
めっちゃ笑顔でこっち見てた・・・(*´ー`)

「ごめーん。えへへ〜〜」

つったらやっと見れたキミの私の大好きなあの笑顔で

「てっめ〜!」

って言われた(*´д`*)
でもすぐに心配にかわって

「顔かかった?」

って聞いてくれた。優しいね、やっぱ。いつだって。

でも、疲れてただろうけど
私がした失敗だけど、それでも笑ってくれて
ホント嬉しかった。はぁ〜よかった♡っておもったよ。

私がニガテなアイツにこん前、
「寒いわ〜」つったら
「暖めてあげようか?」
って言われてドン引きしたって話をしたら

冗談で私んとこやってきて

「寒い?寒い?暖めてあげようか?」

とかいって。
キミに言われたらなんか全然引かないでむしろ照れるわ、ボケ。

上のやつがいなくなったら
子供みたいに大騒ぎして。ガッツポーズまでして
マジ無邪気すぎる。パンがなくて騒いでて
後ろに急いでみにいって
「パン前にもない?うしろ?な〜〜い!」
とかいって。マジ馬鹿だろ、あいつ。子供すぎる。

でも可愛いんじゃ、ばか。

だいすき 

March 26 [Mon], 2007, 18:48
昨日でいつものメンツと働けるのも最後。
でもなんか実感が全然わかなくって、普通に
いつもどおりに働いていた気がする。
もっと最後ってことかみ締めて働くべきだったのかなあ。
でも、普通にいつものようにみんなが接してくるし
それが嬉しくて、楽しくて、ホントに笑い声が絶えないね。

キミとはそんなに話さなかったけど、
まあ最後だし、あなたと話したかった。少しでも多く、長く、いっぱい。

別にキミを好きじゃなくなったわけではないけど、
昨日だけは、あなたを目で追っていたかもしれない。

私のためをおもって、あいつを叱ってくれて、
ホントに頼りになって、かげがえのない人に出会えたな、とおもうよ。

「ホントおもしろいな、おまえ」

かわいいとか、キレイとか、そんなん
言われたことないけど、おもしろいだけで充分うれしいよ。

なにより私が嬉しくて仕方なかったのは、
私が洗浄にいて、社員が下げ台で食器をさげてくれてて。
その時、手がすべったのか、グラスがたおれてそのまま
キレイに粉々に割れて私の方へグラスが散りばめられた。
ビックリして、声もでなくて、恐くて、止まった。
何が起こったか、なんだかすぐに理解ができなくて。
落とした本人の社員が私に
「大丈夫?」
っていうもっともっと前に、
ドリンクだったあなたが音と共に一瞬にして
こっちにすっ飛んできて
「大丈夫?ケガしてない?」
って言って真横に来た。嬉しくて、ホントはドキドキした。
「うん、大丈夫・・・」
っていったけど、ホントは若干恐かった。
破片がホントに色んなトコに飛びちったんだもん。
運よく血とか出なかったけどなんとなく痛くて
手を洗って破片を取ろうとしたけど
あなたが全部やってくれて。
何度か「大丈夫?」っていつもと違う優しい顔して言ってきた。

いっぱい「ありがとう」って言いたい事あった。
いつも気にかけてくれて、助けてくれて、背中おしてくれて、
話きいてくれて、支えてくれて、優しくしてくれて、笑わせてくれて、
気をつかってくれて、なにより、友達になんかなってくれて
ホント、ありがとう。

ありがとうね。

なんであなたを好きになったか今になって分かった気がする。
完璧だよ、あなたは。完璧すぎる。
でも私とは差が大きすぎて釣り合わない。釣り合えない。
どんなに私が背伸びをしたって届かない。
でもね、でも、友達になれたそれだけでホントに幸せ。嬉しい。

忘れないから・・・

みんなと週1くらいで朝まで語り合ったこと。飲んだこと。
学校のこと親身になって聞いてくれて意見いってくれたこと。
友達の死で落ち込んだ私を理解してくれたこと。
駅まで2人で帰って喋ったこと。一緒に山の手のって
池袋まで座っていろんなこと話したこと。
19の誕生日に一緒に過ごしたこと。もらった大事なピアス。
何通も交わしたメール。眠れない私を朝までかまってくれたこと。
一緒にみんなでラーメンたべたこと。アイスたべたこと。
店で語ったこと。クリスマスに一緒にドライブして遊んだこと。
運転してた姿。密着して座って話したこと。
マフラーで首しめられたこと。タバコ買いに行かされたこと。
車がきて私を歩道側にそっと押してくれたこと。
タバコの火が飛んできてさっと守ってくれたこと。
一緒にうちにきて鍋たべたこと。買物いったこと。
私の部屋で一緒にアルバムみたこと。
一緒に元旦朝まで働いたこと。そのままみんなと
明治神宮まで初詣に行ったこと。
靴下の臭いかがされかけたこと。頭つかまれたこと。
進路の相談して、泣いたこと。それでもまだ心配してくれるとこ。

憎いけど、だいすき。

ムカツクけど、だいすき。

冷たいけど、だいすき。

だいきらいだけど、だいすき。

ホントはクールを装ってるだけで
優しくて、友達が大好きで、友達思いで
気遣い屋で、心配してくれたり、助けてくれたり

なんでもかんでもね、
好きになんないほうがおかしいよ。

こんだけ一緒にいて。
こんだけ良いとこたくさん見てきて。

いっぱい言いあったりもしたし、
くっそムカついたこともあったし、傷ついたこともあった。

でも、

めーーーーーーーーーっちゃすき。だいすきだわ。

ありがとう。

出会えたこと、友達になれたことに、ホントに感謝。

なにより、存在に感謝。

あんま会えなくても良い。せめて、連絡はいつでも取れる友達でいて。

さびしいよ 

March 22 [Thu], 2007, 16:51
すき。
だから、友達もいなくなっちゃうし一次会で帰ろうと思ったけど
キミが
「かえんの?なんで?」
って言って引き止めてくれたから。。。
だから、残った。
でも全然そばになんか居てくれなくて。
声すらかけてくれなくて。ムカついた。
なんだよって思った。

でも、私がドリンクを他の友達に頼んで
キミはそんなん何もしらんと思ったのにドリンクが
来た時にすぐに私の飲み物をもってきてくれて
「ほれ、あっこ」
って。
せこい。せこいでしょ、それ。

周りの後押しによって隣に座れた。たった15分くらいだったかもしれんけど。

「なにーつまらんってかー?」
って真横に密着するくらいに座ってきて笑顔でいうキミ。
ふくれっつらで
「ひまやー」
っていったら笑ってくれた。

せっかく隣に来たんだ、なんか話そうって思って
アイスの話したら、私の体重の話になって。
最終的に言い合いになって
「また太ももつかんでいってやろーか」とか
「この豚女が!」
って言われた。
傷つくよ、人の気もしらないで、この鈍感バカ男が。

でもやっぱ優しくて時折話しかけてくれて・・・
間隣で歌う君の声、めっちゃドキドキした。
顔あんま見れなかった気がする。
「あんね、このPVね・・・・・」
とか
「なんか飲む?」
とか
「さっきあの子に抱きしめられてたでしょ」
とか
なんよ、みてたんかい、人の事。勘違いしてまうよ。

社員の人に取られて、もう話せなくなって
聞きたくないような話しだしたから
目つぶってうつむいた。。。

しだいにゲームしだして
その社員とチューとかしてた。
目なんか意地でもあけたくなかった。
狂ってしまいそうだったから。
社員のこと、どうかしてしまうかもしれないから。

寂しいよ

飲み会の度にみんなとの距離を感じるよ

所詮やっぱり私はバイト仲間のうちの1人なんでしょ
そうやっていつも優しくみんながしてくれるのは上辺だけなの

ねえ、どうして。
私ばっかりがみんなのことを大好きで大好きで大好きで
追いかけてばかり。後を早足でいつも追ってるばっかり。

きっと今度の日曜にお別れになったら
二度と会えないんだよね。連絡もくれないんだよね。

そんならこんなに仲良くならんかったらよかったんかね。

一方通行の友情なんか、嬉しくない。

やっと、あの子ぶりにこんなに信頼できる、
しかも初めての男友達だと思ってたんだけども。

ちがったのかな、、、寂しいな、

ありがと 

March 19 [Mon], 2007, 11:41
一週間ぶりに会った。
いつもは必ず週2では会えてたから、楽しみで楽しみで、仕方なかった

正直、私は元気がなくて。みんなになんか
八つ当たりとかしてしまったらやだなって思った。
でも、みんなの笑った顔みたら、そんなんホントにすぐ吹っ飛んだ。
いつもの私に戻れた。
大好きなキミともたくさんたくさん話せた。
また新たなキミの姿も見れた。
卵が大好きで半熟卵つくるのも得意で好きなんだけど
成功して食べるといつも気持ち悪くなるっていう。
典型的なバカだ、こいつって思ったけど、
なんでかな、その前に可愛いなって思った。
きっとコイツ、私とおんなじくらいバカなんだなーって。
ほんとに年上だったっけ?なんて思っちゃいそう。

でもやっぱホントにホントに優しくって。
すぐに私の真似するし。子供みたい。
休憩あがって私んとこやってきて「代わるぬん!」
とかいって。バカだなーホント。
私から言わなくてもあっちから
「あ!矯正とったっしょー」
って言ってくれたし。
コンタクトとって「メの大きさちがうっしょ?」つって
めっちゃ近くで見つめられて、ドキドキしちゃった。
私が体調悪いのすぐ気付いてくれて。気にかけてくれて。
「洗浄できる?代わってあげようか?」
って。強がりだから
「ううん、いいよ、大丈夫」
っていったのに、黙って手伝ってくれた。
そんで
「いいよ、代わるから」
って。なんでそんなに優しいんよ。


コンタクトが合わなくてゴロゴロ。
花粉症なんだかわかんないけど鼻がムズムズ。涙がボロボロ。

ついこの前まで見つめていたアナタは
すぐに涙ふいてる私に気付いて。。。
「どうした?
って。

ドキドキした。久しぶりにアナタにドキドキした。
忘れてたわけじゃないし、忘れようとしたわけでもない。
確かに、確かに私はアナタが大好きだった。
でも先が見えなくて。不安になることが多くて。
友達でいようと心に決めた。気持ちに区切りをつけた。
そして私は違う人に恋をした。

でも、やっぱりドキドキした。
こんがり焼けたアナタに私の事みて笑うあのくしゃったのした顔。
「髪かえたでしょ?」
「ねえ、ちょっと太ったでしょ?」
よく見てくれてるってだけでなんか嬉しくて。
アナタとは2週間ぶりに会ったから余計になのかな。
大好き・・・でした。
その笑顔、笑い声、気配り、優しさ、、、、
でもやっぱ今のこの関係が居心地いいと思うんだ、うちら。
これからも大事な大事な私にとっては背中を押してくれて
一緒にいると成長できる大事な男友達でいてね。。。

やっぱみんなに会うと元気になれるよ
辛かったことも、なんだか笑って話せる。
ちゃんとみんな聞いてくれるし。
いちいち私のつまらん話も覚えててくれる。
大事な友達。
出会えて良かった。
仲良くなれてよかった。
卒業しても、離れていかないで。
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Acco
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
Yapme!一覧
読者になる