wearing out 

February 03 [Thu], 2011, 21:58
I hate the fact that I'm coming back home at 10 pm.
I hate the fact that I need to get on the clammed train full of stinky ugly people.
I hate the fact that I feel like I have to talk with my mom and dad when I get home.
I hate the fact that tears coming out from my eyes when I'm being negative.
But I just can't stop this and feel weird.
I don't regularly spit all these feelings out, but when I'm stressed out, I usually feel like this inside.
And I hate it.
It's just so screwed.
Never getting better, just become worse and worse.
Until I go to sleep and forget everything.

It's not that there are any reasons.
It just happens repeatedly when I don't have enough space in my mind.
That's all.
Nobody's fault.
I just want everyone, every single person, to leave me alone.
Or one person to hold me tight and never leave me alone.
Not furious, not angry.
Just upset and stressed and I have no idea where this emotion can go.

So.
Right now I have no idea what I'm talking about,
and why my brain is working in English,
but one thing I can say is that I should eat and sleep tight,
for not to feel the same way tomorrow night.

Isn't it childish?
That I'll become 25 this year and still can't figure out
how to deal with my own body condition, emotion, thought and behavior.
Dear dear...
Must be weary... really.

泣きたくなる理由 

January 03 [Mon], 2011, 22:55
明けましておめでとうございます。
細々とこのブログも書いて行くので、
よろしくお願いします。

お正月休みは映画を沢山見た。
私は映画を見ると必ずと言っていい程泣く。
感動ものでも、アクションものでも、ホラーものでも、
それぞれに伴う感情は別だけれど、結果として泣く。
正直理由は二つある。
@私がただ単に感情移入し易い人間だということ。
A自分が育ってきた環境があまりにも恵まれているために、
映画の中で起こっている出来事に対して免疫がないということ。

@は単純で、
例えば別れのシーンでは悲しくて泣き、
再会のシーンや成功のシーンでは嬉しくて泣き、
何かを捨てなくてはならないシーンでは切なくて泣く。

Aは、
例えば戦争や喧嘩や血を見る場面に
自分は今まで生きてきた中で出くわしたことがないので、
それらの行為を自分の中では『異常なもの』だと判断してしまう。
『異常なもの』は私の生活に必要なく、
むしろ幸せを乱す邪魔なものなので排除したがる。
要らないから怖くなって泣く。
別に実際に身の回りで起きていることじゃないと分かっていても、
@のように感情移入し易いために、
しばらくその世界から抜け出すことができない。
だから、例えばベッドの下から幽霊が出て来るなんていうシーンがある映画を見たら、
その夜は実際にベッドの下から幽霊が出て来るんじゃないかと思ってしまって
全く寝付けなくなる。
ハリーポッターでさえ、
見た直後には「魔法が使えるかも」と思ってしまう。
もちろん時間を置いてしばらく現実を目にすれば全くなんともないんだけど。
ディズニーランドを出た後の電車の中で、
しばらくぼーっとしてしまうのもこの一種かもしれない。

ということで、
泣き顔を見せられない人とは映画は一緒に見れない。
アクションものは苦手だし、ホラーなんてもってのほか。
@で泣くならまだしも、Aで泣くと厄介。
映画を見た後しばらく、ぼーっとしてるから。

なんか前どこかにも書いた気がするけど、
私には反抗期がなかったそうな。
家の中で怒鳴ったりしたのも私が知る限り一度きりだし、
母親が妹を怒鳴ってたら家から逃げ出したくなるし、
物に当たったこともなければ、感情に任せて壊したこともない。
ようするにキレたことがない。
キレたって何かが良くなるわけでもないし、
物に当たれば壊れてあとで後悔するのは私だし、
感情的になる時は一人で枕に顔を埋めてひたすら泣くんだ。
泣いたってなんの解決にもならないけど、
それが自分の感情を処理するための一番の方法なんだ。
泣いて寝た後はスッキリしてるもの。
だから何かイヤな事があると泣く、
という習慣が自分の中に身に付いているのかもしれない。

だけどそんな泣き顔を自分で見たくない。
だから鏡は見ない様にする。
泣くという行為は感情の出口であると同時に、
loserを意味する。
自分が泣いているということを認めたくない、というエゴから
鏡を見ない。
恥ずかしい。
恥ずかしいから人に見せたくない。
だから人前では泣かない様に努力する。

理音には自分を包み隠さずさらけ出せるから、
初めは恥ずかしがったけど今は甘えてしまう。
逆にそれが良くないのかもしれない、と
今日ちょっと思った。
何かある度に無言で泣きつかれても困るよね。
だけど、他にどうしたらいいか分かんないから、
やっぱり私は泣いてしまうんだと思う。
その場で我慢できても、
家で一人で泣いてると思う。
誰を傷つけるわけでもないから、
無理に我慢する必要もないと思ってる。

ヘンかなぁ・・・。

結婚 

November 13 [Sat], 2010, 20:50
理音と一緒に住みたい。
ざっくり計算してみよう↓

・住んだ時にかかる初期費用・
@家賃・・・¥120,000
A敷金・・・¥240,000
B礼金・・・¥120,000
C光熱費・・¥30,000
D通信費・・¥30,000
E食費・・・¥50,000
F交際費・・¥30,000
G必需品・・¥10,000
H家電・・・¥200,000
I家具類・・¥300,000

計・・・・・¥1,130,000

光熱費と通信費は、理音が家にずっといること想定してるのでちょっと高め。
あと、彼夏に冷房ガンガンつけるしね。

ひゃ、ひゃくじゅうさんまん・・・。
一人¥565,000

この額で行くとひと月に必要なのは¥260,000。
一人月¥130,000で生活できるってことか。
うむ、それは可能だな。

つまり私はこの@〜Iの総額くらい貯金がないと、
理音と住めないってことか・・・。
アメリカ行けちゃうぜ。

今二人とも実家暮らしだからこんなに初期費用がかかるんだな。
どっちかが既に一人暮らしだったらもっと安いもんな。
って考えるとやっぱり、二人とも現状のままがいいんだろうな。
一緒に住むのは結婚してからだろう。
それが一番現実的だ。

結婚したらまず、お祝い貰えるから家電費が浮く。
籍入れるだけなら、手数料位でそこまではお金かからんもんね。
式は後で挙げればいい。

結論。
やっぱり結婚するのが一緒に住むための一番の近道だ。
もちょっと我慢しよ。
あとすこし・・・。

no title 

November 10 [Wed], 2010, 1:57
気付けば前に書いたブログが4月で驚いた。
この半年、何も考えていなかったわけでも、
何も感じていなかったわけでもない。
ただ物事は成るがままに前に進み、
感情は全て理音に向いていたため、
特にブログに自分の状況を書き込む必要がなかっただけ。

ただ、物事を深く考える時間は学生の時に比べて減った。
それが良いのか悪いのかは別として。
手書きの日記や過去のブログ等を見ると、
「あぁ、ちょっとしたことなのにこんなこと考えてたんだなぁ」
と、懐かしむw
だってちっちゃいんだもん。
「○○がどう言ったからきっとこう思ってるんだろうけど、私は・・・」
とか。
なんて内向きなんだろうw
そういう風に周りを意識していた時期があったからこそ、
今のざっくりした自分があるのだろうけれど。

良く言えば器が大きくなった。
悪く言えば細かいことに気が回らなくなった。

仕事では思ったら即行動だから溜め込むことはないし、
理音には容赦なく甘えているので全くストレスにならない。
つまり今の自分は真っ裸なのだ。
隠し事もなければ溜め込んでいることもない。
今はこの状態がすごくラク。

理音の存在は大きい。
今理音と会っている時間が前までは一人の時間だったから、
余計色々なことを考えていたのかもしれない。
その中で自分で結果を出して落ち着ける。

ということなので、結論、このブログに書く話題がない!
今、私はとても幸せで、充実していて満たされている。
疑問に思うことや、自分を説得させるような状況ではない。

 

April 05 [Mon], 2010, 13:04
最近今迄好きだった音楽を聞いてもしっくりこない。
頑張っていた昔の自分はどこへやら。
素直な歌詞って結構なくて、「切ないけど頑張る」とか「どうしてかなわないの?」的な内容のものが多い。
でも、そういうのは私の今の気持ちじゃない。
ってのろけになるけどw
好きな宇多田ヒカルの曲でなんかないかなぁって思ってたら、
昔のでいいのがあるじゃないか。
最近の彼女の曲はもう、十分に経験した後に感じることなんだろうな、と思う。
ということで、今の私のブームは「光」かな。
正に、という感じ。
この気持ち、大事にしたいから何かに残しておきたい。
だけどちょっと恥ずかしいから、こっちに書いておこうと思う。


「光」 宇多田ヒカル

どんな時だって
たった一人で
運命忘れて
生きてきたのに
突然の光の中、目が覚める
真夜中に

静かに出口に立って
暗闇に光を撃て

今時約束なんて不安にさせるだけかな
願いを口にしたいだけさ
家族にも紹介するよ
きっとうまくいくよ

どんな時だって
ずっと二人で
どんな時だって
側にいるから
君という光が私を見つける
真夜中に

うるさい通りに入って
運命の仮面をとれ

先読みのし過ぎなんて意味のないことは止めて
今日はおいしい物を食べようよ
未来はずっと先だよ
僕にも分からない

完成させないで
もっと良くして
ワンシーンずつ撮って
いけばいいから
君という光が私のシナリオ
映し出す

もっと話そうよ
目前の明日の事も
テレビ消して
私の事だけを見ていてよ

どんなに良くったって
信じきれないね
そんな時だって
側にいるから
君という光が私を見つける
真夜中に

もっと話そうよ
目前の明日の事も
テレビ消して
私の事だけを見ていてよ
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mariko Hamada
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1986年7月24日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・ファッション-moussy, ZARA, MNG がお気に入り
    ・旅行-Barcelona is the BEST so far
読者になる
<簡易履歴>
仙台('87-'94)→横浜('94-'97)→バルセロナ('97-'00)→ロンドン('00-'02)→東京('02-'05)→メキシコシティ('05)→東京('05-現在)

<学校>
バルセロナ日本人学校
Kensington School of Barcelona
ロンドン日本人学校25期生
ICU high school 25期生
工学院大学 工学部建築学科 木下庸子研究室

<人物>
・明るい
・前向き
・考え過ぎる
・大雑把
・なんでも楽しむ
・楽しめないことはしない
・真面目
・たまに冗談通じない
・ウソつけない
・全部顔に出る
・独り言多い
・結果にするのが苦手
・だから自信ない
・でも毎日充実大忙し
・だから楽しい
・計画とか立てるの苦手
・なので常に行き当たりばったり
・運も実力の内とか思ってる
・つまり自分に甘い
・のくせして結構な負けず嫌い
・まだまだ感情操作下手
・だからカッとなると子供
・そして冷静になると自己嫌悪
・でも一晩寝ると忘れてる
・だからいつも「私」は「私」
・度胸あるって言われる
・それか、怖いもの知らず
・考えて喋ってるつもりなんだけど
・考える時間長い
・つまり回転は遅い
・だからテンポを求められると無口
・だって余計な事を言うよりいい
・沈黙は金
・とか思ってる所は時々日本人
・だけど日本人の中にいると浮く
・結構飽きっぽい
・ということに最近気づく
・長続きしないわけじゃない
・ただ色んなことをしてみたいだけ
・好奇心はある
・探究心が追いつかない
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28