お散歩

2006年02月28日(火) 21時26分
工事のため、午前中断水になった。
断水になる前に、簡単に家事を済ませ
お天気もいいので、散歩に出かける事にした。

寝起きの相方に「どこか行かない?」
相方、答える[天気いいし、ちょっと歩こうか?]
私的には、ドライブしてランチかな、と思っていたが
(最近、太りぎみになってきたし、歩くのも(・∀・)イイ!!かも)
たいてい、2人が休みの時は 忙しい相方に合わせる事になる。

行き先を聞いて、びっくり。ちょことじゃないじゃんか。無理━ヽ( *゚Д゚)ノ━無理
小学生の遠足でもあるまいし、そんな頑張らなくても
もーすでに行くモードになっている相方に、言葉もかけられず従った。

家を一歩でたら、北風が強く体感温度が低、かなり〜さむ〜
たくさん歩くので、そのうち温かくなる事を信じて いざ出発!

商店街を抜け、橋を渡り、階段を上る、全然、温まらない。
おまけに、足がうん、痛〜い(。´Д⊂)
春先取りで、ピカピカの一年生のように、
newのスニーカーを嬉しそうに履いて来てしまった。
寒いし、痛いし、悲しい。

寒がりの相方も、かなり身体にきている様子。
ブルーな感じで、口数少なく黙々と歩く。
そんなときに、ブルーを挑発するような事は、言えない じっと我慢。

帰りは、デパ地下の買い物もそこそこに、2人バスに乗る。
あ〜〜、つかれた。

面接

2006年02月22日(水) 21時59分
以前の仕事は、11ヶ月間の雇用で
期間が終了すると、また、振り出しに戻る。
で、今日面接に行く。
何だか、試験管の人を、知っているだけに
改まると、顔を合わせて話す事が妙に照れくさい、
不思議な気持ちになり、行きにくい。

行く前に、Tさんから
『時間厳守で、知っている人がいても決してしゃべらない』と
面接の極意を、教わった。
早めに、家を出たので10分前に着いた。
会場控え場には、すでに何人かの人が居て
その中に、知っている人が2、3人
愛想だけが取り柄の私は、
極意を忘れ、声をかけそうになるが
会釈でかわした。(危ないX2)
(ここまでは、うまくいってるな〜)
席について、即メールでごあいさつ。

時間が来て、予め説明があったら
いざ、個人面接。
名前が呼ばれ知らない人が、一人退室。
(いよいよ〜だ、緊張して来たぞ〜)
その瞬間、ざわざわざわ、話が始まる。
(えっ、話して(・∀・)イイ!!の)
知ってる人までも、
(何で?)
聞いてみると、私が知らないだけで
全員もとの職場の人らしい
そうと聞けば、休みの過ごし方などで話が盛り上がる
盛り上がりすぎて、
自分の順番までに考えをまとめるておくはずが
すっかり、どこかに飛んで行ってしまい、緊張もどこへやら

名前を呼ばれ、びっくり!エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?焦る
頭の中は、真っ白。
たくさん質問されたけど、ただただ
『この仕事がしたくて、好きなので』の一点張り
他に、言わなくてはと思っていた事が出てこない
チンプンカンプンで終わる。
思い出したくもない
私にとって、悲しい時間だった。

途中まで、上手くいっていたにもかかわらず。
Tさんから、面接極意を教わっていたにもかかわらず。
なんてこと〜〜
おしゃべりは、禁物だね。

大阪より帰る

2006年02月19日(日) 9時00分
今回の、大阪のつかの間の独身になった旅は、
都会のリズムに着いて行けない事始め、いろんなことで
やはり、私は田舎者という事を改めて、実感した。

たくさんのきらびやかな世界、都会のそんな所が好きで
刺激を求めたり、憧れたり。

でも、今は違う。
きらびやかな物を見ても、始めだけ。
珍しい物好きの癖で、興味はあるがすぐ飽きる
必要な物を、手にすれば、もう〜それはそれで満足。

私が一番大切なのは、今すんでいる所。
ストレスを忘れさせてくれる、家。
待っていてくれる、家人。

離れてみればみる程、当たり前もの、当たり前の事
が見えて、しあわせヾ(;´▽`A``を実感する。
こんな事を感じた、2泊3日のたびでした。

大阪の親戚の皆さん、たくさんの心ずかいをありがとうございます。

歳のせい

2006年02月18日(土) 8時36分
歳のせいかな。
寒さの体感を、今頃感じる。
朝から、手足ぶるぶる
使い捨てカイロを、身体中に貼っても
いっこうに暖まらない。

昼食は、ホテルの中華
TVのゴチを思わせる、豪華なランチ
暖かいスープを飲み、やっと復活した。
美味しかったな〜
連れて来てくれて、ありがとう。

今まで寒さには、かなり敏感な私が
なれない、都会の空気を吸って
身体中、麻痺してしまい、本来の自分を見失うとは

やはり、慣れないことは、よく考えて行動しなくてわ。
若くないのだから、自分をも〜ちょこっと知らないとね。
反省

大阪の行く

2006年02月17日(金) 8時12分
子供が出かけ、慌ただしく準備する。
親戚の家を訪ねるため、2泊3日、家を留守にする。

娘が手がかからなくなった事や、
休職中で、時間があることなど
今回が、絶好のチャンス
自分の時間を、楽しもう 独身の復活

前日の天気予報で、大阪は晴天
2月の寒さ、歳も忘れて
田舎者の私は、かなり薄着で大坂ヘ出掛けた。
かなり興奮していたのだろう、
雪がちらちらしていても、全く寒さを感じないのだ。
身体が麻痺しているとも、気がつかず…

ランチ

2006年02月15日(水) 23時18分
家から少し離れた、レストランにランチに行く。
おばちゃまで、いつも込み合うというので予約して行った。
で、着くなりびっ〜〜くり。
隣の席に、近所でも評判のおばちゃまが……
別に、気にする事はないのだが、やはり気になる。
意識しないようにとすると、よけいに意識して
変な会話で小声でこそこそと話す。

私は、とろとろオムライスを選んだ。
デミグラスソースもたっぷりかかった物で、カロリー高そうなオムライス。
ボリュームもたっぷり、途中でお腹がいっぱいになる。
隣の近所のおばちゃまも、私と同じオムライスを食べていた。
それも、かなり早いペースで・・・。
大丈夫なのかな?と、人ごとながら、心配する。
デザートはティラミス。。。
締めのデザートのはずが、途中でかなり辛くなって来た;9
もったいないけれど、、残しちゃった(藁

図書館

2006年02月14日(火) 21時30分
私は、図書館が大好き。
娘が小さいときは、絵本、紙しばいをよく借りた。
今は、もっぱら情報収集に利用している。
雑誌を5、6冊選び、とにかく流し見する。
で、気に入った記事はしっかりと手帳に記入。
こうしていると、時間があっという間に過ぎてしまう。
私の、とても大切な時間である。

最近よく行くので、図書館の常連さんとも顔を会わせる事が多い。
知らなかったが、決まった席が有るみたいで
その時間になると、暗黙の了解で席が空く。
(そんな気が、するだけかもしれないが)
おやつ持参のおじさんや、いろんな新聞をすみからすみと読むおばさん。
いろんな人がいて、本を見ながら観察すると、又違う楽しさが有る。

さすが常連さんと思うのは、
本を読みながら、人が居ようと居ないとも関係なく
ぶ〜と平気で、しでかす。
でも、辺りをうかがっても、みんな知らぬ顔。
私だけが聞こえたのかな?
又、別のおばさんが連発で
ぶ〜〜〜 ぶ〜〜 ぶり
ここは、笑うとこでしょう。(心の声)
辺りを見る、だれも反応無し?
なんで〜〜〜
分かった これも暗黙の了解か〜!

常連さんは、凄すぎる。

女優 黒木瞳

2006年02月13日(月) 20時46分
仕事休職中の私は久しぶりに
ほかの、休職中の仲間と職場を訪ねる。
辛い事も、楽しい事も分かち合って来た友。
久しぶりに会うと、たくさんの事を話がしたくて
ただでさえ、:*:コン――☆゚+.ヽ(?????)ノ☆゚+.――チャァ.:*
こんがらがっているのに
頭の中は、もうぐちゃぐちゃ。
変にテンパっていて、自分でもおかしい。

いつも、落ち着いた知的な女性を目指しているけど
自分の理想とは、全くとも、かけ離れて行く。
うるさい、おばちゃん化している。
こんなはずじゃ〜ない、いつかはきっとなるはず。
夢は、思い続けていれば叶うと、誰か言ってたぞ。

娘、『だめだね。その図々しい所が、既にダメじゃん〜〜
じは、目指しいても叶はないからね』
(。´Д⊂)
あきらめない、私は、女優黒木瞳を目指すのである。

工事

2006年02月10日(金) 22時40分

家の前の橋が、歩道になる為、今晩から工事が始まった。
夜9:00からの工事なので、施工会社はご苦労様である。
我が家も、ご苦労様です。
工事の、もの凄い騒音と地震のような激しい揺れ
明け方まで続くので、家が壊れるんじゃないかと心配。

が、我が家の愛犬と、娘は違うみたい。
珍しい物好きな娘は、
ショベルカーのおっちゃんがこちらを見ていても、
全然平気で、デジカメ片手に身を乗り出して激写。
一つ一つの作業に、大きく反応しきゃ〜きゃ〜わめく。
愛犬ミーも、ショベルカーの騒音が、友の声に聞こえるのか
興奮気味。

君たち、そんなにショベルカーが好きなのか?
おっちゃんは、きっと勘違いしてるよ。

外も、家の中もうるさい我が家。

爪楊枝 サムライ参上

2006年02月09日(木) 20時08分
職場の男性陣には日頃から、
大変お世話になっているという事で
この季節、やはりチョコで気持ちを返そうという事になり
女性陣代表2名で、デパ−トに買いに行って来た。
随分、バレンタインコーナーに入っていなくて
行ってまず驚いた。
県内有名ケーキ屋さんの、お店がたくさん有り
又、そのお店のおすすめチョコが可愛く並んでいる。

いきなり迷う〜〜
立ち止まり、目をこらして見ていると
『こちらの商品は、これになります。試食の方どうぞ!』
差し出されると、食いしん坊の私は
断る理由もなく、爪楊枝をとる。
おいしい〜〜〜(・∀・)イイ!!ね
爪楊枝片手に、次々と店に行く。

最初は、ちょいと遠慮気味にしていたものの
だんだん、おばちゃんの地が出て来て
図々しく、店員さんに声をかけ試食する。
爪楊枝サムライ 参上(○・`∀・)ノ !!
きっと、どの店員さんからも、
怖がられていたに違いないよな〜

で、男性陣には、もちろんその人らしい
チョコを選べたのである、めでたし。
P R
2006年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アイコン画像akemi
» 念願のクレープ (2006年01月23日)
アイコン画像☆かな☆
» 念願のクレープ (2006年01月22日)
アイコン画像*つっちぃママ*
» 念願のクレープ (2006年01月22日)
アイコン画像akemi
» おねーちゃん (2006年01月19日)
アイコン画像KaEdE
» おねーちゃん (2006年01月18日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hapiraki
読者になる
Yapme!一覧
読者になる