ホテルで使う英語

April 20 [Wed], 2016, 10:41
聞き取れるようになるべき英語、逆に話せるように(相手に伝わるように)なるべき英語を明確に区別してレッスンしていくHapaトラベル英会話は、
耳に入ってきた英会話フレーズを自然と理解できるようにはならないものの、海外旅行を快適に過ごせるだけの英会話力を短期間に伸ばすことができます。

海外に行くと、当たり前と言えば当たり前なんですがネイティブたちは教科書通りの話し方なんてしません。
砕けた言いまわしのスラングを多用しているし、書き言葉にはないいろんな会話のくせを身に着けていたりするものです。

それに対して私たちは教科書的な英語しか頭の中にありません。相手の言っていることを教科書通りに理解しようとしても、遅かれ早かれ上手くいかなくなるのは当然です。
私たちは知識はあるものの、その知識をうまく使えないからこそ、英会話につまづいてしまうわけです。

Hapaトラベル英会話ではそこで、私たちが身に着けている英語知識をどんな風に使うと良いのか?というのを教えてくれます。
知識をフレーズとして活用できるようになると、相手の言いたいことをフレーズ単位で解釈したり、自分の主張もフレーズに乗せるように相手に伝えることができます。

あなたも1日30分で良いので用意されたシチュエーションに沿ったフレーズを練習していけば、下のような結果を手に入れることができますよ。


やればやるだけ英語が上達する

■日本人の英語に違和感を感じるようになる

英語を身に着けた充実感を味わえる

相手とスムーズに会話ができる


英語が話せない劣等感はさっさと捨てて、早口の英語でまくしたてられても、気後れせずに聞き返したり自分の要求を伝えられるようになるにはこちら

海外旅行 空港 英語

April 20 [Wed], 2016, 10:40
現地についてから旅行会社の手配に不備があることが発覚したものの、英語で交渉できず泣き寝入りせざるを得なかった経験があったとしても、
日本語を聞く感覚で英語に触れられるようになり、体格の良い黒人にも気後れすることなく普通に会話ができるようになります。

以前に海外旅行先でトラブルにあってしまい、それ以来、英語も話せないのに海外に行くことに不安を覚えていたとしても、
旅行中にありがちなシチュエーションの予習をすることができ、グループで海外旅行に行けば入国審査から帰国するまでずっと通訳として頼られるようになります。

日本人の英語が通じない原因の一つは、頭でっかちに考えてしまうからです。要するに、教科書に出てくるような堅苦しいフレーズになっているわけです。
話し言葉と書き言葉は、その柔らかさみたいなものが全然違いますよね。日本語でも「重たい」を「重てぇ〜!」なんて言いますが、書き言葉では絶対に「重てぇ〜!」なんて書きませんよね。

発音がひどく下手な上に話している内容もひどく堅苦しいからこそ、あなたの英会話は今まで何度も聞き返されたり、わからない素振りをされていたわけです。
発音を正しく矯正するにはさすがに感覚を養う必要があるので時間がかかりますが、相手が使い慣れている話し言葉(フレーズ)を覚えるのは、単純に練習量に比例します。

短期間の練習でも何度も繰り返し練習をすれば嫌でも覚えます。1日30分だけでもHapaトラベル英会話なら覚えるべきことを一通り覚えることができます。
旅行英会話に特化したフレーズを集中的に身に着けることができるので、入国審査でさっそくつまづくような、そんな事態もなくせます。

英会話をきちんと身に着けようと思ったら、それこそ1年とか2年といった期間は覚悟しなければいけないものの、旅行英会話ならそこまでの苦労をする必要はありません。
あなたも、あらかじめ想定されるシチュエーションに沿って、考えられる会話パターンを繰り返し練習していれば、現地で思い通りに過ごせるようになりますよ。

英語に不安を抱えるのは今日で終わりにして、現地の人と溶け込むように海外旅行を楽しめるようになるにはこちら

ハワイで使える英語

April 20 [Wed], 2016, 10:40
つまらないトラブルで旅の思い出を台無しにさせられることがなくなるHapaトラベル英会話とは、


カフェで、店員さんからの質問をされないように注文する方法。

料理が運ばれてきた時の定員とのやり取りの流れ。

チェックアウトの時の会話の流れ。

これだけは覚えておきたい!旅行英会話100フレーズ


こうした内容となっていて、1日30分・1ヶ月が標準的な学習期間となっています。1度に30分じゃなくとも10分を3回に分けるとかそういったやり方でも構いません。
自分で実際に口を動かして話してみるのも欠かせないものの、だからと言って大声でフレーズを読み上げる必要はありません。

唇をわずかに動かして、息を吐くくらいの音でも構いません。なので混雑している電車やバスの中でも十分にレッスンすることができます。
旅行中はとにかく、店員さんとのやり取りが中心となります。何かのお店に行ったり観光地に行って係りの人とやり取りするのがメインとなります。

英会話教室に行っても、なかなかこういったシーンの会話パターンを練習することはできません。Hapaトラベル英会話はその点、費用も労力もやるべきことに集中させることができます。
もし旅行日まで1か月も猶予がなかったとしても、単純に1日当たりの練習量を増やせばOKです。それに飛行機内で練習したって構わないし、現地に行ってからホテルで夜寝るときにレッスンしても良いわけです。

私たちはどうしても英会話を難しいと考えてしまいがちですが、実際には言葉なんて練習すればするほど上手くなるものです。頭の回転とかに関係なく身につくものだからです。
旅行英会話に限定すれば、覚えること・やるべきことがずいぶんとコンパクトになりますから、あなたも学校英語のような苦労をすることなく英会話スキルをのばすことができますよ。

せっかくの海外旅行で苦い思い出を作ってしまう前に、ロストバゲージに遭遇しても英語で交渉して無事に滞在先のホテルに荷物が届くように手配できるようになるにはこちら

P R
カテゴリアーカイブ


ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット
ブログランキング


PVランキング