半身浴中に寒いと感じたら 

January 14 [Wed], 2009, 2:32
半身浴はぬるめのお湯が入った湯船の中に、おヘソ辺りまでの下半身だけ浸かります。そのため上半身が少し寒いと感じることがあるかもしれません。特に冬のような寒い時期の半身浴はなおさらです。
せっかく半身浴を行ったのに風邪をひいてしまっては元も子もありません。しっかりと寒さ対策をする必要があります。

まずはお風呂場を暖めましょう。冬のような季節ではお風呂場自体がかなり冷え切っています。ですから半身浴を始める前に体や髪の毛を洗ったりして、シャワーの蒸気や湯船の蒸気などでお風呂場全体を暖めるようにすると良いです。

また自分の体も半身浴の前に一度暖めた方がいいですね。ですが、半身浴を始める時は上半身はしっかり拭いたほうがいいです。風邪をひいてしまうかもしれませんから。

それでも寒いと感じる場合は、乾いたバスタオルを上半身に羽織ったりTシャツを着たりして、暖まるまで工夫をしてみて下さい。

半身浴を始めたばかりの頃は寒いと感じるかもしれませんが、何回も行っているうちにそれは解決してきます。半身浴によって新陳代謝もよくなってきますし、暖まるまでの時間も徐々に短くなってくるからです。

半身浴の様々な効果はすぐには現れないかもしれません。
少し気長に半身浴に取り組んでみたらいかがでしょうか。



⇒オススメの半身浴グッズを見る



半身浴で汗が出ない 

January 14 [Wed], 2009, 2:29
半身浴の入浴時間は一般的に20分〜30分くらいと言われています。体が暖まって発汗するまでに15分くらいかかりますから、このくらいの入浴時間は必要になります。
しかし半身浴を30分行っても全然汗をかかないという人もいます。新陳代謝は人それぞれ違いますから、このような方は少し工夫をする必要があります。

まずは時間を少し長めにしてみましょう。10分程度延ばすだけでも大分発汗してきます。
または温度を少しだけ高めに設定してみます。汗が出始めたら水を少し入れたりして温度を調整するといいでしょう。

他には半身浴をする前に水を飲むというのも効果があります。

なかなか汗が出ないという方は新陳代謝が悪く汗腺が退化しています。しかし半身浴を繰り返し行っていくうちに血液の循環がよくなり、徐々に代謝も上がってきます。

ですから、自分のペースで半身浴を楽しむくらいの気持ちで続けてみるのがいいでしょう。



⇒人気の半身浴グッズの口コミを見る



半身浴の正しい入浴方法 

December 31 [Wed], 2008, 15:09
日本の浴槽は深めになっていますから、本格的な半身浴をするのには適さないかもしれません。それでも正しい方法で半身浴をすることで高い効果が期待できます。

半身浴をする時には38度から40度くらいのぬるま湯にします。みぞおちよりも少し下までの湯船にしたら、30分ほど入るのです。
40度以上になってしまうと、心臓に負担がかかります。お湯の位置が高ければ、いすに座って高さを調整するようにしてください。

そして肩や腕を濡らさないのは風邪をひかないようにするためです。負担もかけずに済みます。
シャワーを浴びたあとに湯船に入る時には、半身浴で出る部分を拭いてから入るようにしましょう。寒いと感じたら、濡れていないバスタオルをかけるといいでしょう。

食後の30分間も入浴を控えるようにしてください。消化器官に行くはずの血液がいかなくなり、消化不良を起こしてしまいます。
半身浴の効果が出るのは20分からとされています。それ以下では汗の出る量も少なくなります。体から十分に毒素が出ていかなくなりますから、30分以上は入るようにしてください。
楽な姿勢になったらあとはリラックスして、ゆっくり過ごしましょう。半身浴の効果がどんどん出てくるようになります。

半身浴で注意した方がいい人 

December 31 [Wed], 2008, 15:04
体質改善効果のある半身浴ですが、注意点がいくつかあります。

まず食後すぐは入浴しないことです。毎日半身浴をしていても体の調子が良くならない、ということがないようにしましょう。
食後はゆっくり休んでいたほうが消化の働きを助けます。食後すぐに半身浴をしてしまうことで、上手に消化されることができなくなってしまいます。

アルコールを摂取した時にも気をつけるようにしましょう。アルコールで循環が良くなっている血液の流れが、半身浴をすることによってますますアルコールを体内に吸収することになってしまいます。

体調が悪い時にも半身浴はしないほうがいいでしょう。体が温まるためには長時間入浴することになります。
半身浴で貧血になったり、のぼせたりすることがあります。短時間の入浴にして、元気になったらゆっくり半身浴を楽しむようにしてください。

それから脱水症状にならないために、飲み物をもっていくようにしましょう。汗と一緒に体の必要なビタミンミネラルも出て行ってしまいます。半身浴の前にも水分をしっかりととると汗が出やすくなります。

高血圧の人や心臓の弱い人も気をつけてください。いくら負担の少ない半身浴でも、気分が悪くなるかもしれません。家族の人がいる間に入浴をするようにして、具合が悪くなっても気づいてもらえるようにしておきましょう。

半身浴に向いていない人 

December 20 [Sat], 2008, 1:36
体に持病がある人は半身浴をしないほうがいいという人もいます。病院で薬をもらっている人なら医師に相談してから半身浴を始めるほうがいいでしょう。

半身浴はぬるいお湯に入り体に負担をかけない入浴方法になっています。全身浴に比べると楽な入浴です。しかし、長時間入るのが難しくなっている高齢者や妊娠中の人はやはり避けたほうがいいでしょう。
その場合には時間を短くするようにしたり、毎日入らないようにするなど工夫してみてください。
そしていつも短時間の入浴で、長く入ることになる半身浴は苦痛という人も逆にストレスがたまりやすくなります。試してみてやっぱり駄目だという人はしないほうがいいでしょう。

汗をかきにくくなっている人は半身浴だけでは効果が期待できなくなっていると考えられます。新陳代謝が悪く汗も出にくくなっています。サウナに行っても汗が出ないという人も同じことがいえます。
半身浴だけではなく、運動をして食事にも気をつけましょう。ほかにもしなくてはいけないことが出てきます。
内臓機能の働きを良くするためによくかんで食事をとるようにしてみましょう。運動は軽くウォーキングから始めてはいかがでしょうか。
慣れてきたらジョギングに変更してみると、だんだん汗が出やすくなるでしょう。半身浴の効果も高いものになってきます。
    ★お勧め商材★


☆モデ痩せ - 芸能人と女優が実践するモデルのキレイ痩せダイエットの方法