明日のために 

2009年08月07日(金) 22時16分
明日を目指し もう一度だけがんばってみようよ 遥かな未来    
目の前のデカイ壁 ぶち壊し進むんだ それだけが僕らにできること

新しいことに出会う時 怖いかもしれないけど
チャレンジしようとした君が そこに居るそれだけで最強
つまづいて転んだこと思い出しても もうすでに過去のこと
時間は前にしか進まないさ 立ち止まる暇はもったいない
逃げたくて 泣きたくて 投げ出したいときも
足元の影を超え 一歩を刻むのさ

そこにはかつて見たこともない世界が広がっているに決まってる
新しい世界を 見てみたいと思わないか それならばやることはひとつだけさ

ときには失敗することもあるかもしれない でも皆同じなのさ
大切なのはいつまでもクヨクヨせずに 次につなげることさ
苦しくて 悔しくて 自分を責めても
周りの友達がきっと元気をくれる OH YEAH!!

逃げたくて 泣きたくて 投げ出したいときも
足元の影を超え 一歩を刻むのさ

明日を目指し もう一度だけがんばってみようよ 遥かな未来    
目の前のデカイ壁 ぶち壊し進むんだ それだけが僕らにできること
そこにはかつて見たこともない世界が広がっているに決まってる
新しい世界を 見てみたいと思わないか それならばやることはひとつだけさ

久しぶりに 

2009年07月09日(木) 23時02分
こちらを更新。ミクシーばっかだけど、こっちで新たな方と絡みたいので再回します!!

資格取らなきゃ強迫 

2009年05月19日(火) 21時18分
今必要なのは就職活動・国家試験の勉強・実習への準備。
なのに、関係ない数学とかパソコンとかの資格を取らなきゃって観念があたまから離れない・・・。
今必要なことをしようとしても集中できない。どうしよう。

Let me break 

2009年04月03日(金) 21時41分
恋なんて一生しない
そう心に決めてから
どのくらい時がたっただろう

過去のたくさんの思い出たちに
封をして鍵をかけたはずなのに
天使は突然keyを持って舞い降りた

目覚めた朝に一番に
頭に浮かんでくるのは君の事
本当はだるそうにしてるけど

実は楽しんでいるんじゃない?
そう思われても仕方ないくらい
顔に出ちゃうこの性格

退屈な日々
いつ何の前触れもなく
君は僕の目の前に舞い降りたね
僕は君のとりこなったよ

あえない日が続くと
無性に不安になるのは
僕だけかなそうだよね
だって君はまだ僕のことを知らない

きっと他の女子のこと
好きだと思ってるだろうけど
そんなことこれっぽっちもないんだよ

好きとカワイイは=だと思ってた
無邪気な僕
その考えぶち壊してくれたのは
紛れもない君なんだよ

ただ目が合うだけで
ただ話しかけるだけで
僕のHEARTはHEAT寸前さ

絶対君を誰にも渡したくない
絶対君を僕の彼女にしたい
この世のすばらしさ
それは君がいること

ALIVE!! 

2009年03月28日(土) 22時40分
たった一度きりの人生楽しく過ごせ
決まりきった言葉言われなくてもわかってる
窓の外くらい空まるで俺の心のよう
こんな時代のどこに希望などあるのだろうか

毎日毎日同じことのくり返しの日々
その中で何かみつけろとでもいうのか
周りはバカばかり 歩くデータレス
無知な政治家 バカな外交 迷走必死

Stop!your foolish  今のうちにやめておけ
さもないと取り返しつかないぜ
Do!your best now 言い訳ばかりしないで
やれるとこまでやってみよう Go ahead!!


今日もまた朝早くに目が覚めた
人に話したところで誰も聞く耳持たない
朝日が眩しすぎて直視することできない
いつか見た世界の終わりにもにたこの空

自分の居場所探し始めて数十年
やっとみつけては裏切られてのくり返し
懲りない自分 また同じことのくり返し
無知なこの俺 他人事 自業自得

Stop!my mind 感情よなくなれ
どうしてこんなにも心が重いのか
Wake me!up now 何度も言わないで
わかっているからほうっておいて

ここにいる意味誰もが知ってる
ここいる意味みんなが目を背ける
でも俺はあえて向き合いたい

Don't be late またやったのか
何回言い聞かせても わからない奴らばかり
Shut down 出口なんてない
ここでいきるんだ だまって生きろ

To be free!!

10 years 

2009年03月27日(金) 18時05分
「10年たったらまた会いましょう」
その約束君はまだ覚えているかな

初めての恋だった
胸の奥がズキュンと打ち抜かれたように
時がとまったようだった
今まで経験したことのないあの感じ

この世が目に映る全てが輝いて見えた
今の自分では考えられないくらい積極的だった俺
この上なくアプローチ
髪型をほめたり 文化祭一緒に回ったり

いつしかどちらからとでもなく
一緒に帰るようになった
周りから見たらカップルだったろう
俺たちはそんなこと関係なく愛を育てた


ある雨の日バスを待つ
いつもの真っ赤な傘からかすかに見える髪
すぐに君だとわかった
同時にいつもと何か違うと感じた

君から別れを切り出されるのが辛くて
わざと僕のほうから言った
「俺たち終わりにしよう」
泣き崩れる君 雨に隠して僕も泣いた

別れ際に君はいった
「好きあってるのに別れるなんて変だよ」
その言葉は聞えているけど理解できない
そのままお互い別の道を歩き始めた


今年が10年目
何事もなく今じゃただの他人
連絡先すら知らない
あの頃は携帯なんてなく
家に電話するのがとても緊張した

苦い恋の思い出 またいつか
きっとどこかで笑って逢いたいな

Be there again 

2009年03月27日(金) 17時32分
不意に「今会えない?」俺もそう思っていた
狭い部屋でいつも 二人愛を育てたね
こうやって日々二人 寄り添い暖めあい
やがて互いなしでは生きていけないくらいに

今日のような幸せを 明日からの人生にも
ずっとこれからも二人で手を取り合って
俺は決めた 苦しみを全て包もうと
そして君の頑張りを応援したいと思う

1年後また迎えに行くよ
そのときは何も考えずに
二人で町を歩こう 陽のあたる坂道を
その日まで また会う日まで oh


こんな約束君を不安にさせるに決まってる
俺に今できること 決めたことを信じて
今まで優柔不断 フラフラしてたけど
君と出会ってから人を愛する意味を知った

こんな人生の中で育んだ心だけど
君がかなしいとき辛いのがよくわかる
絶対俺じゃなきゃダメだから
君もいつしかきづくだろう

真面目に考えてるよ
目はうそをつかないから
しっかり見て欲しい 真っ直ぐ見て欲しい
今も君が幸せかどうか思っているから

その日まで また会う日まで Endless for ...

傷と愛 

2009年03月26日(木) 21時34分
出会った頃は 果てしなく好きだった
時が経つにつれて 云いたくも無いことを云い合った

一番大切な人をどうして傷つけてしまうのか
良き理解者になろうとしてくれている人を
どうして愛することができないのか
別れを口にする 君は泣き出す

君は愛を与えてくれるのに
オレが与えるものは深い悲しみ
君がオレを好きな理由は見当たらない
言葉に出来ないほうがキレイなにもかもしれない

言葉にして伝えなければ
右も左もわからない君は
路頭に迷うに決まっている
そんなことは分かっていても

オレには優しさのかけらもない
いつからこんな心をもち始めたのだろう

もう誰も愛せない 愛さない
思いを纏い 羽をはためかせたい

辛く当たってゴメンね
自分がすげぇダメな人間だってことに気づいて
だから 君を不幸にするんじゃないか
俺といたら不幸になるって考えて

わざと嫌われるようにしむけた
俺といるより 今を貫いたほうが幸せだと思ったんだ

やっぱり俺は君の事忘れられないよ
俺のこの病的な性格を理解しようとしてくれた
世界一優しい君を
絶対手放したくない

for You 

2009年03月26日(木) 21時28分
大切な人の苦しみ
それは自分の苦しみ
その人が苦しいと自分も苦しい

好きっていう気持ち
今まで経験したことがなかったこの想い
愛する人の幸になりたい
愛する人の生きがいになりたい

大好きだからこそ不安になる
大好きだからこそ期待する
だから踏み出せない
あと一歩踏み込めない

強引に来て欲しい時だってあるだろう
あの人のすべてになりたい
頭の中をいっぱいにしたい
自分がそうであるように
こんなにも人を愛しく思えるなんて
このまま思い出としてなんて終わらせない

すべてを独り占めしたい
あなたの理想になりたい・・・

他の人の話題でると悲しくなる
その分自分で頭の中を
いっぱいにしてやろうと決意に燃える

これから先何が起ころうと
この気持ちに変化はしない
いやさせてくない

きっとどこまでも続く空のように
俺たちは共に歩んでいく
何かが俺たちを引き裂こうとしても
きっと乗り越えていけるさ

神に導かれし二人ならきっと

End of the World 

2009年03月22日(日) 20時16分
どれくらいの時間が経ったのだろう
そうだ俺は何かを感じて気を失った
あたりを見回してみる 
そこには変わらぬ世界が広がっていた

動物たちが騒ぎ出している
雲が静かに散り始めた
彼らは知っていた もうすぐ終わりがくるのだと

太陽が迫ってくるのがわかる 
他に人間は残っていないのか 地下に逃げたのか
いやちがう 自分は残された戦士なんだ

今頃は宇宙ロケットにのって違う星へ逃げているだろう
あたりが不気味なほどに静まり返っている

もうすぐ始まる この星の終わりが
終幕というのは儚いもので一瞬で終わるのだろうか

今気づいたが俺はどこにいるんだ
全てが砂と化しここがどこだかわからない

地面に亀裂が入り 波が引いていく
もうすぐ消えるね 俺たちの地球
2009年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
NEW COMMENTS☆
アイコン画像六兵衛
» 明日のために (2010年06月06日)
アイコン画像美優
» 久しぶりに (2009年07月12日)
アイコン画像ヘンゼル
» 資格取らなきゃ強迫 (2009年07月09日)
アイコン画像美優
» 資格取らなきゃ強迫 (2009年07月09日)
アイコン画像ヘンゼル渡邊
» 資格取らなきゃ強迫 (2009年07月08日)
アイコン画像美優
» 資格取らなきゃ強迫 (2009年07月08日)
アイコン画像さくら
» 希望を消せば。 (2008年06月19日)
アイコン画像さくら
» 自己肯定感 (2008年06月18日)
アイコン画像ヘンゼル
» 今日はよくやったぞσ(・・) (2008年06月17日)
アイコン画像さくら
» 今日はよくやったぞσ(・・) (2008年06月17日)
http://yaplog.jp/hanselglayteru/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヘンゼル
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1984年
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
高校1年(2000年)から強迫性障害の治療をしています。
Yapme!一覧
読者になる