ワガママでごめんなさい 

2005年09月27日(火) 10時34分
待つのはイヤなので、開院前に病院に着くように行ったのに
今日は、5番目だった〜あら・・・残念。
診察の順番がやってきて、先生と話していたら院内電話がなりました。
分娩が始まったってことなんで、先生一時退席。
どれくらい待つのかな〜と思っていたら、15分しないで先生戻る。
そんなもんで終わるんだ〜と遠い昔を思い出してしまった。

CTの画像見ながら「まん丸でビックリしました」とか軽く話してから核心へ・・・
ここで、先生がやたら「心配だったら大きな病院を紹介してもいいよ」と言い出しました。
いや〜別に心配してはいないんだけど・・・
わたし的には、自分の仕事の段取りとか全部セッティングしたので
希望日に切ってくれるのだったらどこの病院でもいいんですけどと申しました。
もっと深刻になんなきゃダメなのかな〜

そうしたら先生は、「いや、次の週あたりに切っても、ちゃんと出てこれると思うよ」と言うのです。
ひょっとして、先生切りたくない?などと思っていたら先生が「○○病院に聞いてあげようか?」と言うのです。
どうも懇意にしている先生がいるらしい・・・
○○病院だったら知り合いが手術したことあるから、わたしも安心(いや、現在が不安ではないのだけど)
診察時間で、患者さんもいっぱい待っているというのに、すぐに電話してくれましてね・・・
その結果、○○病院は手術日はめいっぱいで、わたしの入り込む余地はないのでした。
そりゃそうだよな〜急に言ってもね〜と思ってたら
○○病院の先生がこっちに来てくれて切ってくれるとのこと。ま〜ナンテやさしい先生。
考えてみたら、とってもワガママな患者ですね。えへっ

だんだんお腹が重くなる 

2005年09月26日(月) 10時30分
本日は仕事の日。
午後1時から、座りっぱなしでいると・・・
6時ごろには、なんかお腹が張ってくる。う〜〜重いって感じ。
明日は婦人科に行くのです。内科の結果をうけての手術本決定〜
しかし、怒涛の2週間だったような気がいたします。

ヒカリのくせして 

2005年09月25日(日) 22時33分
それでヤフーさんのヒカリに変えようと思ったのです。
なんでヤフーさんかというと、そのほうがめんどくないかと考えたわけです。
ところが、ヤフーさんってば仕事する気ないみたいで、まだもいらいらいらいら・・・
それで、ヤフーさんをキャンセルして別のところのヒカリにしたのです。
ところがですね〜このヒカリがヒカリのくせして遅い。
回線速度のチェックやったらば、今日なんてYBBのときより遅いでやんの。
ヒカリはADSLの60倍早いなんて聞いてたものですからね
このガックリ感は大きいです。
カスタマーセンターに電話して、とりあえず調査してもらうことにはなりましたけど
遅いのイヤだ〜

検査結果〜 

2005年09月24日(土) 23時27分
今日は朝から先週の検査結果を聞くのと心電図とレントゲンとりに行ってきました。
ゆっくり出かけたら、混んじゃってイヤだから朝一番ですよ。まったくね〜
とってもマジメな患者さんみたいです。

検査結果はですね・・・
2週間前の血液検査が肝臓の数値でひっかかってて
こんな数値が出たのはなぁぜ?ということでの再検査だったのですけど
あはは・・・肝臓の数値問題なしになってました。
で、どうしてあのような数値が出たのかとお医者さんが説明してくれたところによると
「ウィルス性の肝炎の数値も出ていないし、考えられるのは脂肪肝ですね。」だって
あ〜発覚してから、粗食だものね、わたし・・・
人間の体って一週間でも変化するんだ。ふしぎ・・・

CTスキャンも他の臓器に異常はみられない、心電図も正常・・・などなどで
内科的には手術問題なしとのことでした。
ということは・・・予定通り10月7日。割腹になるのですね・・・
自分で段取りつけたんだけど〜〜〜決心したんだけど〜〜
わかっているつもりでも、グラグラしちゃう。
ま、こんなもんなんでしょうね。
次は火曜日に婦人科です。ここで本決まりかな〜

思い起こせば・・・ 

2005年09月23日(金) 11時45分
明日は病院なんですけどね・・・
火曜日の検査結果を聞きに行くのです。で、来週はその結果をもって婦人科です。
わたしの人生の中で、こんなに足しげく病院に行ったことなんてあったかな〜ないな〜
だって、病院キライだし〜待ち時間がキライなのよね。
でも、仕方ないですね・・・自分で健康管理していなかったんだし〜

お腹が気になり始めたのが、いったいいつからだったんだろ〜と考えてみましたら
昨年の春には「あれ〜」とは思っていたのです。なんだか、お腹が出てきたぞって感じでしたね。
それで、ガードルなんてのを買ったりしたのでした。
しかし、ガードルはいたら苦しくて、苦しくて・・・(決してキツメのは買ってません)
はいてられなかったんだった。
今までにない苦しさ、圧迫感があったんだったよな〜
普通のぷよぷよお肉だったら、あんなに苦しいはずはないはずだもんね。
でもさ〜気がつかないものなのですね。
は〜知識や情報ってのが欠落してると、人間イタイ目にあうってことですね。

でも、昨年の春でそんなのだったんだから、実は・・・もっと前から育っていたってこと・・・だよね。
お〜始まりはいつからだったんだろう。考えたらコワクなるからやめとこうっと。
シルクのパジャマは2着届いたのです。で、今度は前開きのネグリジェ探し。
気分が暗くならないようなカワイイのを探さなくちゃ〜

シルクのパジャマ 

2005年09月22日(木) 23時32分
入院準備にいそしんでいるわたし〜
寝返りうつのに、シルクのパジャマがいいとのことだったので
さっそく注文して、本日届きました。今日は1枚届いたの。あと1枚頼んでいるもんね。
これでねがえりスムーズだ。お腹にひびいたらイタイもん。それはやだもん。
血栓防止用のストッキングも注文したし〜う〜ん着々と準備中でございます。
携帯とパソつなぐケープルも買ってこなくちゃ・・・
2週間もオコモリなんてしたことないもの、拷問のようじゃないかな〜
いや・・・キズが痛くてそんなバカなこと考えてる余裕ないかも。
土曜日はこの間の検査結果と追加検査ために、また病院なのよね。

こてこてのカレー 

2005年09月21日(水) 23時07分
ちょっと前に新聞に「カレーやさん」の紹介記事があったのです。
うちのダンナはカレーが大好き。
最近話題になる「スープカレー」よりも、「カレーライス」のカレーがスキなのです。
だものですから、新聞の紹介記事を見つけて「今度行こう」と言ってたのです。
それで、本日のお昼ご飯はそちらのお店でカレーだったのでした。

いやいや・・・感想はですね〜「一度でいいかな〜」でした。
おいしくないってわけじゃないんだけど、足しげく通いたいようなのでもなくて
う〜ん、こてこてのカレーのルゥでね・・・いっぱいスパイスやら果物が入ってるぞってわかるんだけど
ま・・・味覚は人間違いますから仕方ないですね。はっはっは〜

筋腫が発覚してから粗食だったわたしはですね、本日10日ぶりくらいに、肉を食べました。
あはは・・・久しぶりだもんで、なんかお腹がビックリしちゃったみたいです。

まんまるだった・・・ 

2005年09月20日(火) 20時52分
よくもあんなのが体の中に入ってるわよね〜っていうくらいの代物だった。
もうね〜あんなの見たらシリアスぶりも、ぶっ飛んでしまう。うん・・・

え〜本日は「一週間後に決めてきて」と言われた一週間後でございました。
とにかく、もやもやの気分を早く終わらせたかったから9時前から病院に行くという
医者キライのわたしにはあるまじき行為をとってしまったもんね。

診察室に入って、先週の血液検査の結果を聞きながら
「とります」
「ま〜そらとるしかないよね。」
「10月7日がいいんですけど・・・仕事の段取りもつけましたし〜」
「じゃあ5日くらいから入院になるよ」
「えっ・・・7日に来て7日じゃないんですか・・・」
「そりゃ〜お腹切るんだから、そんなカンタンなもんじゃないからね。」
盲腸切ったときは、病院行ってすぐ切ったもんだから、そんなもんかと思ってたんだけど
そうなんだ〜としみじみしつつも・・・
「6日にちょろっと帰るなんてことはできますかね。」
あくまで自分の段取りを優先させてしまうわたし・・・きゃ〜シリアスぶってた昨日までとは別人だ。
「うん、大丈夫だと思うよ。ただ肝臓の値がね、ちょっと悪いからね・・・」

ということだったのと、もう日にちがないのとで、同系列の隣の病院に行って、そのまま精密検査となりました。
CTスキャンなんてのはじめて〜へんなの〜とか思っているうちに終わってしまった。
できあがってきた自分の体内の映像見てビックリ。
まん丸なのがお腹の中に入ってるんだもん。なんだ、こりゃ〜だった。
これはね〜早く出すべきだな。うん・・・グダグダ考えている場合じゃないな。
あとは、土曜日に肝臓の検査の結果をうけて、7日に向けて動き出すのでした。
きっと、だちょうの卵がお腹の中に入ってるんだ・・・

あ〜一週間 

2005年09月19日(月) 19時26分
怒涛の一週間が過ぎました。
なんだか・・・いや〜な時間が一週間続いたって感じなんでございます。
考えていないようでも、やっぱり考えちゃうし、違うことしてても、そこに戻ってしまうし
なんていうんですかね〜ぐるぐる同じところをまわっているみたい。
まわっても仕方ないのにね・・・あはは。

ダンナに話した2日後かな〜朝出かけるときに
「切りたくなかったら、保険がきかない方法でもいいよ。」と言ってくれたのが、とても嬉しかったりさ〜
ま〜とりあえず、悶々と考え込んでいた一週間が終わって
明日病院行って、自分の決定事項を伝えるんだもんね〜〜
そこからがホントのスタートなんだろうな。うん。

やっぱ、子宮筋腫だった 

2005年09月18日(日) 18時17分
どうにもひとりで考えているとうつうつしちゃって仕方がない。
考えたからって、すでにできちゃってるものが消えうせるわけもないんだけど・・・
だいたい、こんなにテッカイものがお腹の中にあったことに
今まで気がつかなかった自分の鈍さにあきれなさいって感じなんだけど。
でもね・・・太ったんだ〜くらいにしか考えていなかったんだもん。
だから、3週間前に「このカタサは異常だ」と気づいてからだって
すぐにお医者に行けなくて、ぐたぐだしてたわけだし〜
それに、こいつが何であるか、わたしはわかっていたんだよね・・・
ホントにそうなんだって知りたくなかったっていうこともあるんだけど。

先週の火曜日にお医者に行って、すぐに言われちゃった。
「子宮筋腫だよ。1000グラムほどはあるかな」
「それって、小さくなるんですか?」と聞いたらば
「小さくなんてなんないよ。取らなくちゃね。今まで気がつかなかった?
貧血とかがなかったから気がつかなかったみたいだね。
 来週ガン検診をしましょう。その時にどうするか決めておいて」とあっさりと言われたけど
どうするって・・・どうするの?どうすりゃいいの、わたし〜
なんだか病院からの帰り道も頭の中がグルグルしてたと思う。

情報がないというのは考えるにも考えられないってことだから
ネットで検索しまくりました。
ま〜あるわ、あるわ・・・子宮筋腫の情報が・・・
そして、いろんな解決法があることもわかったけれど、さて・・・自分はどうしたい。
自分のお腹の中にあるものの大きさだけを考えても、割腹しかないような・・・
割腹しないですむ方法もあったけど、どうも現状の自分には向かないような・・・
でも、割腹したくないしな〜でも、スッキリ取りたいしな〜
何が問題で、何をどうしたいのか・・・自分でもキチンと決めてからでないと
ダンナには話せない。だって、ヘンに動揺しながら話したら心配するもんね。
「どうするか決めておいて」と言われてから、ダンナに話すまでに2日もかかってしまった。
この性格にも困ったもんだわ。さっさと話したら自分がラクなのにね。

割腹することは自分で決めたことだけど、決めたんだけど・・・
ちょっとしたことで不安定になっている自分がいて、それがイヤ。
あ〜もう決めたから、さっさと取っちゃいましょう。考えてもいっしょだもん。
考えたら暗くなっちゃうし〜
2005年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hanna_o
読者になる
Yapme!一覧
読者になる