印文の破損

October 10 [Wed], 2012, 15:09
印文の破損

古印の不完全な破損は人の1種の広々としていて古風で質朴な感じに、これは古い印が年代はかなり古くて、ぶちはさびのむしばむ自然な現象をむきます。篆刻の中で適当にこのような破れることを模倣して印章の単調さを救済することができて、いくつか古意を増加します。しかしこの法がいじくり回して不自然にしてむやみに打つことを知らないで、甚だしきに至っては越古が完全に誤ったとと思っています。

印鑑一般的に言えば、白文印中の大きな塊が残すのは赤くて多すぎて、あるいは印文が密に過ぎたことがあるのが均等で、筋道の上である字をぴったりと寄らなければならなくて、皆を与えて打ちてよくて、それによって渾然一体となります。しかし横柄に漕いで立てて駄目にしなければならないことに注意して、更に破損するのが適当でないで文字(例えば“田”が“甲”、“日”に変わって“夫”に変わる)を変えることを防止します。

不完全な辺、辺を打つとも語っています。ここは別に立って言いますと、本当そのため法は配置と極めて大きい効果があります。普通は不完全な辺の法を知らないで、角で新しくつきあってすこし重厚なことの印文を打つことをと過ぎるだけが必要でそれによって調和して良くて、きちんと整ったのは鋳印と丸い陽文をまねて破損するべきでありません。

実印価格辺の柵と印文の線の過度につりあいがとれていて平行する場所で、あるいは破れる長い直線のため、あるいは印文全体のむっとする栓ので状況で、および線があまりになめらかできれいでにぶいため、すべて不完全な辺法がそれによって心地良いで風を通すことができて、印文の線を活発で変化に富ませます。不完全な辺は刀の竿で打つことができて、同じく刀の尾の研磨など。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:中島 蘭実
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1988年12月16日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ロモラオ
» 印肉の手振りをつけます (2012年10月09日)
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hanko/index1_0.rdf